チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/24(火) 12:18:32.78

    8/24(火) 10:49
    日刊スポーツ

    ざわちん“反ワクチン派”から接種へ きっかけの親戚コロナ体験談を紹介
    ざわちん(2019年2月撮影)
    ものまねメークで人気のタレントざわちん(29)が、自身が“反ワクチン派”から転じて新型コロナウイルスワクチン接種を受けるきっかけになったという、コロナ感染した親戚の体験談を紹介した。

    ざわちんは23日、インスタグラムのストーリーズを更新。接種を受けるべきか悩むフォロワーからの質問を受け、「2回目打ち終わりました」と報告した。

    以前は「反ワクチン派でしたけど」というざわちんだが、英国在住の親戚が、ワクチン接種前および1回目接種後の2度、コロナに感染したといい、「ワクチン打つ前と打った後 辛さが全然違うって言ってて、ワクチン打つ前は、本気で*かもと思ったレベルで辛かったらしく、イギリスにいる親戚にもうつのママにも全員に最後の電話したレベルくらい。でもワクチン一回だけでも本当に全然良いって効果を感じたようだよ」と、その体験談を紹介。「今は若い子でも重症化してる人が多くなってきたのでみなさん、本当に気をつけて下さい」と呼びかけた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e1e0b88f6c3535f6ca9dd5fa8ac2d6acc4dfa87d


    【ざわちん“反ワクチン派”から接種へ きっかけの親戚コロナ体験談を紹介 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 Anonymous ★ :2021/08/23(月) 11:45:54.24

    2021.08.21 10:30
    https://myjitsu.jp/archives/299485

    今年6月、週刊誌『FRIDAY』に熱愛を報道された俳優の本田翼。ゲーマーアピールでオタク向け営業に余念がなかった彼女だが、ここに来て路線変更疑惑が浮上している。

    本田は8月17日、キッズ層から絶大な支持を獲得している国民的ユーチューバー・HIKAKINの動画に登場。HIKAKINが動画を撮影しているヒカキンハウスに現れ、一緒にビートボックスをしたり、サインを書いたりとHIKAKINの〝お願い〟を次々と聞き入れていた。

    コラボ動画は50分近くの尺があるにも関わらず、公開から2日ほどで再生回数250万回を記録。動画のコメント欄には、

    《HIKAKINさんが男子の欲望を実現させてくれた! ただただありがとうございます!》
    《今までの動画の中で、HIKAKINダントツでテンション高いじゃん! そりゃあ興奮しちゃうよね!》
    《HIKAKINさんのおかげで何人の男性が幸せになったことか… 改めて本田翼さんの魅力に気づきました!》

    といった声が寄せられており、本田とのコラボを喜ぶ男性が急増しているようだ。

    オタサーの姫からキッズのアイドルに転身か?

    しかし、かつて本田を支えていたオタクファンからは、冷ややかな声も。熱愛発覚から2カ月ほどで、支持層の方向転換をしたのかと言われており、

    《ばっさー、オタク捨ててキッズ狙いに切り替えたんか?》
    《怒涛の手のひら返し好きだわぁ》
    《本田翼、計算高くて草。ゲーム好きの流れといいやっぱ頭いいね》
    《オタクからキッズ営業に切り替えていくスタイル。オタサーの姫はもう無理だししゃーないか》

    といった声もあがっている。
    「コラボ相手の動画に登場する際、ゲストがそのチャンネルのスタイルに合わせることは暗黙の了解とされています。そのため本田は、HIKAKINのメインユーザーであるキッズ向けに明るい表情、かつ大袈裟なリアクションで出演していたとも捉えられます。本田は動画内でもコメントしていたように、実写コラボは初めてだそう。今までになかった挑戦として本田の行動を捉えるならば、ターゲット変更と言われても仕方ないかもしれませんね」(芸能ライター)

    本田は今回のコラボをきっかけに、自身のユーチューブチャンネル『ほんだのばいく』を10カ月ぶりに更新。HIKAKINとのコラボ動画を自身のチャンネルにもアップしていた。

    コメント欄には《お久しぶりです! 最後の動画からすっかり季節が変わり、懐かしい気持ちを持ちながらYouTubeに帰ってきました! よろしくお願いします!!》とつづられているが、今後どのように活動していくのか注目したい。


    【本田翼“オタサーの姫”から卒業!? オタク切り捨てでキッズ向けに路線変更か「怒涛の手のひら返し」との声 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 jinjin ★ :2021/08/20(金) 22:47:35.46

    DaiGoの “差別的発言” にホームレスが反論「*と言われる筋合いはない」


    「人間の命と猫の命は人間の命の方が重いなんて僕全く思ってない。自分にとって必要もない命は軽い。だから別にホームレスの命はどうでもいい」

    「僕は生活保護の人たちにお金を払うために税金を納めているわけではない。生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら、猫を救ってほしいと僕は思う」

    これはメンタリストDaiGoが、自身のYouTubeチャンネルにて発言をした内容だ。


    社会的弱者への差別的な発言に批判が殺到。
    生活困窮者やホームレスの支援を行う団体が声明を発表するなど、社会的問題にまで発展している。


    河川敷にいたホームレスを直撃

    “必要ない”と言ったDaiGoに何を思うのか。ホームレスに話を聞くため、『週刊女性』記者は多摩川の河川敷に足を運んだ。

    橋脚の下に建てられた小屋で談笑していたホームレス3人に声をかけた。
    「週刊誌の記者さん? どこの雑誌だい?」

    最初は怪訝な表情を浮かべたが、名刺を出して話を聞きたいと伝えると、
    「いいよ! 何が知りたいんだよ!!」と気さくに取材に応じてくれた。

    「今日は雨で天気も悪いし、みんなで飲んでいるんだよ。兄ちゃんも飲むか?」

    ひとりの男性(便宜的にAさんとする)が第三のビールを手に取ると、記者に差し出した。時間は午前11時過ぎ。
    カップ酒を手にもって、昼から宴会をしていたようだ。タバコも吸って、意外に裕福な気もするが…。


    「アルミ缶拾いが稼げるかって? まぁ1日頑張って3000円ぐらいかな。今はアルミの買い取り価格も高くて、1kg180円ぐらい。それでも時給換算したら、いくらもないよ。なんとか生活できるなってぐらいでね」(Aさん)

    身なりは整えられて、そこまで臭う人もいない。
    トタンとブルーシートで建てられた小屋には、洗濯物干しがかけられていた。ちゃんと洗濯もしているようだ。


    では、なぜ彼らはホームレスになったのか?
    「まぁ、いろいろね……。過去のことはあんまり話したくないんだよ……」(Aさん)

    そう話すと俯いて酒をあおった。年齢を聞くと、
    「みんな成人式3回ぐらいやったぐらい! そこから察して!! あ、でもそこにいる“村長”は3回半ぐらいだな(笑)」

    Aさんが指を刺した先には、ひげをたわわに蓄え、帽子をかぶる長身の男性(Bさん)が。
    記者を見て、穏やかに笑った。

    「もう70歳は超えて……。この生活も20年ぐらいになるんじゃないか。出身は高知なんだよ。もう何十年も前だけど、名古屋の会社に勤めていたよ、まだ俺がまじめなころ(笑)」(Bさん)
    と懐かしむように語ったところで、Aさんが口を挟む。

    「俺は沖縄なんだよ! 結婚してた母ちゃんが名古屋だから俺もわかるぞ!! まぁ、昔の話だけどな……」(Aさん)
    それだけ話すと再び口をつぐんだ。


    今度は黙って会話を聞いていたスキンヘッドの男性(Cさん)が口を開いた。
    「でもよぉ、週刊誌さんは最近、何を追っかけてんだ。安倍元首相のことは取材しないのか。検察の黒川とか、俺はもともと麻雀仲間だよ。よく一緒に卓を囲んだ」

    黒川とは元検事長の黒川弘務氏のことだろう。
    本当かどうかはわからないが、ほかにも黒川氏が連れてきた部下たちとも麻雀をしたという。
    一体何をしていた人なのか――。


    ホームレスたちの“本音”

    「俺はこの生活をして3年ぐらいだ。以前は建設会社を経営してたんだよ。わりと裕福な生活をしてたんだけどな、ただまぁ会社を潰すことになって……。あのとき*どけばよかったなってよく思うよ。保険金も出たし、家族に迷惑をかけずにすんだ……。でもね、*なかったんだよ。*勇気がなかった」(Cさん)

    淡々と語っているが、当時のことを思い出し、悔やんでいるように見えた。家族とは、会ってないのか。

    「娘がふたりいるんだけど、今は28歳と32歳。たまに会ってるよ。一緒にカラオケに行ったりね。“お父さん一緒に住もう”って言ってくれるけどな……」(Cさん)
    それでも、家族とは一緒に住めないという。

    「負担になるだろう。俺を抱える責任を、娘たちに押し付けられない。ホームレスをやってるような俺にも、心配してくれる人はいるけれど、やっぱり迷惑はかけられないから。娘には、自分の人生を大切にしろって言ってるよ。悪い男につかまったときと、困ったときは連絡しろって。こんな状態だから、あんまり力にはなれないけれど(笑)」(Cさん)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ca888862437ea14379ed1460a96fcbf233a80eb8?page=1


    >>2以降に続く


    【メンタリストDaiGoの “差別的発言” に河川敷にいたホームレスが反論 「死ねと言われる筋合いはない」 】の続きを読む

    このページのトップヘ