チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    親が虐待と思うならそうなのかもしれませんね。

    1 ひかり ★ :2020/09/15(火) 07:37:09.15

    《さて突然のことで誠に恐縮ではございますが、弊社所属の華原朋美の専属契約解除のご報告をさせて頂きます》

     9月14日深夜、尾木プロダクションがこのような声明を出し、同事務所を退社していたことがわかった華原朋美。小室哲哉とともに音楽業界のスターダムを駆け上った彼女の現在は、ほの暗さと謎に満ちている。

    「昨年夏に念願の第一子を授かったばかりですが、お相手の男性が“外資系企業に勤務する一般男性”ということしか報道されないなど、謎が多いです。現在も特にこれといった仕事があるわけでもなく、事務所が運営する有料ブログも子育てのことを中心に綴ってきましたが、それも7月ごろからストップしています」(スポーツ紙記者)

     2007年、度重なる体調不良で仕事の継続が不可能だと判断されると、尾木プロから契約を解除された華原。2012年に同事務所に再所属というかたちで芸能活動を再開していたのだが、ここ最近は出産などもあり、活動にも陰りがみえてきていた。そんな彼女の名前を久しぶりに大きく取り扱ったのが、9月11日に発売された『FRIDAY』(9月25日号)が報じたスクープだった。

    「《華原朋美が愛息虐待騒動で高嶋ちさ子と大モメ》といった内容の記事で、互いに“親友”と認め合うふたりだっただけに驚きましたね。お子さんが生まれたばかりの華原さんが、信用する高嶋さんが“かつて自分の子どもたちも預けた”というベビーシッターA子さんを雇ったところ、1歳になる直前のお子さんに対し、“哺乳瓶をくわえている最中に逆さ吊り”をしていたことがわかり、これは虐待だということでトラブルになったそうです」

     記事によると、A子さんの日頃の言動を不審に思った華原が部屋の防犯カメラの映像を確認したことから今回の一件が発覚し、A子さんは即刻解雇。しかし、そのことを高嶋にLINEで相談したところ、

    《これのどこが虐待なの? うちもこれ大好きでいっつもやってもらってた(中略)もしもこれを虐待と取るのだとしたら、おかしいよ》

     と返されたのが不和のきっかけになったという。この一連の報道について眉をひそめるのが、ことの真相を知る大手レコード会社幹部。

    「実はこの記事、華原さんの“持ち込み”から始まったものだそう。あくまで華原さんの友人による告発というテイをとり、彼女が直撃取材を受けるといった構成になっていますが、入念な打ち合わせが行われていたようです。誌面には防犯カメラの映像を切り取った画像や、高嶋さんとのやりとりが書かれたLINEのスクリーンショットも掲載されていますが、それらも本人が掲載を“公認”したものです」 

     記事中ではベビーシッターの行為について、複数の専門家にコメント取材を行い、「明らかに虐待」といった発言も引き出しているが、実はこの一件、すでに“解決済み”のことだったらしく、

    「愛息がこのような仕打ちをうけてパニックになった華原さんですが、結局、警察も介入する事態になったんです。そして、さまざまな検証が行われた結果、“虐待ではない”という判断がくだされました。つまり、すでに記事が出る前に終わっていたハズの話なんですよ」(同前)

    以下略 週刊女性

    https://news.yahoo.co.jp/articles/af5e56d369fc7639248e0004f31292483f2130fc?page=1
    https://news.yahoo.co.jp/articles/af5e56d369fc7639248e0004f31292483f2130fc?page=2


    【華原朋美と高嶋ちさ子の“愛息虐待騒動”の全真相とは。絶縁も。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    何があったのでしょう。

    1 Absolutely ★ :2020/09/15(火) 12:47:14.55

    芦名星さん、自殺か 自宅で首をつっている状態…親族が発見 36歳衝撃の幕引き
     
     女優の芦名星さんが14日午前、東京都新宿区の自宅マンションで死亡しているのを親族が発見したことが、同日分かった。36歳。関係者によると首をつっている状態だったという。遺書は見つかっていない。警視庁は自殺とみて調べている。芦名さんは、10月開始のテレビ朝日系ドラマ「相棒 season19」などに出演。雑誌グラビアにも登場するなど、精力的に活動していただけに、突然の訃報に衝撃が走った。  

     また芸能界に悲報がもたらされた。多くのドラマや映画などで存在感のある演技を見せていた芦名さんが、急逝した。

     所属事務所のホリプロによると、14日午前、東京都新宿区の自宅マンションの室内で亡くなっているのを親族が発見した。死因については「現在、調査中です」としたが、捜査関係者によると、首をつった状態で、自殺を図ったとみられる。警視庁が詳しく調べている。現場付近では当時、男性の泣き叫ぶような声が聞こえた後に、救急車や警察車両が到着。周辺は騒然となったという。近隣住民の女性は「洗濯物を干していると、ベランダ越しにあいさつをするような人」と気さくな人柄に言及。「女優さんとは知らなかった」と驚いた様子だった。

     芦名さんは、10月スタートのテレビ朝日系「相棒 season19」に出演。放送開始を待つ状況だった。関係者によると、今後も映画やドラマの出演が決まっていた。また、この日発売された「週刊プレイボーイ」では、グラビアで入浴シーンを披露。仕事は順調そのものだった。

     ホリプロは同日夜、公式サイトで「訃報」として芦名さんの急逝を報告。把握している事実関係を記すとともに「こうしたご報告を差し上げることは大変辛く、悲しく、残念でなりません。大切な仲間の突然の訃報に接し、所属タレント・社員共に、今はまだ現実を受けとめることすら出来ない状態です」と、ショックの大きさをつづった。

     福島県郡山市出身の芦名さんは、02年にモデルとしてデビュー。06年以降は女優に専念し、ドラマ、映画を中心に活躍してきた。主な出演作は、NHK大河ドラマ「八重の桜」や「相棒」、「テセウスの船」など。今年1月公開の映画「AI崩壊」にも出演した。
     演技力を高く評価され、しっかりとキャリアを積み上げていた中での死。あまりにも突然に、実力派女優が生涯の幕を下ろした。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b913cef23d006ce87727765f8cffb9878a9680ed
    前スレ
    【芸能】芦名星さん死去、首をつった状態で自殺を図ったとみられる 現場付近では男性の泣き叫ぶような声が聞こえた [豆次郎★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600118187/


    【芦名星さんが自殺で死去。首をつった状態で発見。現場付近では男性の叫ぶ声。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    美しいですね。

    1 しゃぶれよ ★ :2020/09/13(日) 07:04:00.59

    氷川きよし、性別と年齢を超えた美しすぎる「お姫様」に変身! *ら考えた「男らしい」路線から解放で限界突破


    (出典 entamega.com)


     歌手の氷川きよしが、限界突破の麗しい「お姫様」姿を公開。年齢や性別を超越した美しさに、多くのファンから感嘆の声が漏れている。

     現在、氷川は約2年ぶりとなる明治座での座長公演の真っ最中。公演の第一部では、2018年の公演で好評を博したオリジナル喜劇の続編となる芝居『限界突破の七変化 恋之介旅日記』が上演されている。

     同芝居は、氷川演じる恋之介が京の都で役者としてより進化するために「新しい自分」を見つけようとしていた矢先、命を狙われている綾姫を助けようとしたことで騒動に巻き込まれるというストーリー。「新しい自分」を解放させて話題沸騰となっている氷川自身と重なるような設定となっている。

     氷川は11日付の自身のInstagramに「明治座でわたくし綾姫に化けとるんどすえ。お声も綾姫声に変えとるんどすえ。うふっ楽し。by 恋之介」と記しながら、綾姫に化けている美しい振袖姿の写真を投稿した。

     先日、氷川は43歳の誕生日を迎えたばかり。その実年齢が信じられないほど「お姫様」姿は美しく、歌舞伎の女形のように色っぽい流し目とポーズを決めている。これにネット上のファンからは「きーちゃん美しすぎる!」「ウットリしちゃう」「kiiちゃんの綾姫様本当に美しくて見惚れちゃう」などと称賛の声が殺到している。

    「デビュー当初は『箱根八里の半次郎』などに代表される男らしいイメージでしたが、昨年の『週刊新潮』(新潮社)のインタビューで『男らしさを強いられて自*たくなったこともあった』と告白。幼少のころから体が弱く、女っぽいとイジメられていたことも関係しているようで、自分を押し*て男らしさをアピールしなければいけない状況に悩んでいたようです。しかし、2017年ごろから『自分らしさ』を解放し、従来の演歌のイメージを打ち壊すジェンダーレスな活動を展開。性別にとらわれない美意識の高さや生き方が共感を呼び、ファン層が拡大しています」(芸能ライター)

     「男らしい」路線だったころは、若手の台頭などもあって人気が年々下がっている印象もあった。しかし、現在は「自分らしさ」を全開にして我が道を行くことで競合相手がいなくなり、芸能界においても唯一無二の存在となって輝きを取り戻している。

     アニメ主題歌としても話題になった『限界突破×サバイバー』のヒットによって演歌歌手の枠も超え、何物にもとらわれないポジションに到達した氷川。

     Instagramには「美しく見えるように魅せるって幸せなことだとわたしは思う。自分の見せたい見せ方が出来て人に喜ばれた時に心の充実があるのかも。それが自分らしさなのではないのだろうか…」とも記されているが、まさに氷川が表現したい自分とファンの見たいものが一致している今は最高潮の「充実の時」といえそうだ。

    https://entamega.com/48289


    【氷川きよしがお姫様に大変身!】の続きを読む

    このページのトップヘ