チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    2019年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、歌手、芸術家。株式会社non代表取締役。本名および旧芸名は能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん
    97キロバイト (12,368 語) - 2019年11月12日 (火) 14:16



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 湛然 ★ :2019/11/28(Thu) 22:53:06 ID:UFANNsmR9.net

    2019-11-28 21:32
    のん、ツイッターは感情高ぶると“10連投” SNSマナーも意識「ネガティブな時は起ち上げない」
    https://www.oricon.co.jp/news/2149724/full/

    withnews5周年記念イベントに出席したのん (C)ORICON NewS inc.

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)



     女優で創作あーちすと・のんが28日、都内で開かれたWEBメディア・withnews5周年記念イベント『#ウニュトーク ココロを動*情報発信 ~withnewsの5年間で見えてきたもの~』に出席。インスタグラムやツイッターなど、SNSを始めるようになったきっかけや、発信する際に心掛けていることついて自身の考えを述べた。

     withnewsの奥山晶二郎編集長とのクロストークで、“のん”になってからSNSを始めたきっかけについて「自分から発信していく方になりたくて、すごく主体的に活動したいと思っていた。『こういうふうに活動してますよ』って言う場を作って、のんを知ってもらいたくて始めた」と経緯を説明した。

     ツイッターは音楽制作中など感情が高まった時に利用するそうで、「深夜とかに通知が来る方には申し訳ないんですけど、深夜とかにバーッとつぶやくことが多い。1回思いがあふれると一言にまとめられない。ずっとつぶやいてなかったのに、一気に10個くらい投稿します」と苦笑しながら告白した。

     またSNSで発信する時は「ポジティブで楽しいと思えることを発信するよう心掛けてる。沸き立ってる感情が伝わるにはどういう文章になるか組み立てていって、素直な気持ちで表現するよう気をつけてます」とした一方、「ネガティブな時は(SNSを)起ち上げない」とSNSを扱う際の“マイルール”を紹介した。

     withnewsは新聞になじみのない、若者世代、向けのニュースサイト。「取材リクエスト」を通じた読者との双方向的なやり取りや、ネットで話題になっているテーマの深堀り取材など、WEB全盛の時代における、新しい報道の形を模索している。

    (おわり)


    萩原利久のプロフィール!出身高校や家族構成や兄弟・性格は?   イケメン若手俳優として現在は、ドラマや映画で活躍中の萩原利久さんですが、一体どのような人物なのでしょうか? 埼玉県出身と公表している萩原利久さんですが、気になる出身高校などは? また家族構成などの詳しいプロフィールを見ていきましょう。 ●萩原利久のプロフィール 萩原利久さんは埼玉県出身の生年月日は、1999年2月28日の魚座で干支は卯(うさぎ)の血液型はA型のようです。 好きな食べ物はトマトで特技は寝ることとヒップホップだそうです。 身長は176㎝で趣味はバスケットボールだそうです。 デビューは2008年にNEWSエンターテインメント・スクールに通いながら当時9歳で子役として活躍していたようです。 子役活動をされていた方は事務所所属や移籍のタイミングで改名される方が多いといわれていますが、萩原利久さんは芸名ではなく本名でずっと活動されているようです。 萩原利久さんが芸能界に興味を持ち始めたきっかけは「芸能人と友達になりたかった」と理由ともう一つは、当時爆発的な人気があった小島よしおさんに会いたかったからだそうです。  萩原利久さんの転機となった2012年に放送された日曜劇場枠のドラマ「運命の人」  (TBS系)での菅田将暉さんとの共演が、きっかけではないか?といわれているようで  す。 このドラマは萩原利久さんにとって今まで出演されてきた作品とは違っており、大人だらけの緊張感が漂う現場だったそうです。 デビューから間もない頃で、お芝居の経験も少なかった萩原利久さんは、現場の空気感に圧倒されてしまったそうです。 そんな中で、共演者の菅田将暉さんは、現場でいつも話しかけてくれたり、気にかけてくれたことで、萩原利久さんは気持ちが和らいだそうです。 気遣いだけでなく、菅田将暉さんのお芝居を見て、菅田将暉さんと同じ世界に挑戦してみたいという気持ちが芽生え「やるなら同じところで。」と思ったそうです。 その後、当時所属していたNEWSエンターテインメントから、菅田将暉さんも所属しているトップコートに萩原利久さんも2013年に移籍されています。 最近では、イケメン若手俳優として知られ映画やドラマだけでなく、バラエティー番組に出演するなどマルチな活動が話題になっています。 ●萩原利久の性格 2008年に芸能界での活動を始め現在も俳優業をされていることから判断すると努力家で真面目なイメージですが、本人曰く「三日坊主」だそうです。 三日坊主といえば、熱しやすく冷めやすい性格ですが、萩原利久さんは子役の頃からずっと演技、俳優業を続けていることから他のこととは違い決心のようなものを感じます。 萩原利久さんは過去に「僕は割と三日坊主なところがあって。やってみたいことがなかった中で唯一、一歩踏み出してからこのまま続けてみたいと思えたのが役者の仕事なんです。今はその真っ最中なので、やりきるところまではやってみたい。あと、何かに全力になる人を見るのが好きで、自分もそうありたいなと思います。」と自身の性格について、そう語っていたようです。 映画で共演した菅田将暉さんは、萩原利久さんについて、「利久は、しっかりしていましたね。僕は20歳前くらいだったけど、中学校1年生の男の子から、「菅田さんの事務所って良いですか」って言われて。自分が思う事を利久に話しましたね。そしたら、数年後にトップコートにやってきて、その行動力たるや、すごいなと思って。僕は、別に自分の事務所を自分で選んだわけじゃないから。利久から聞かれた時も、この子はどこに行ってもちゃんと自分で考えてやっていくんだろうなと。今も事あるおとに僕の現場を見に来やがる」とコメントしていました。 菅田将暉さんのコメントを見ると、萩原利久さんは中学生の頃から俳優としての自分の将来をしっかり見据えて、計画的に人生設計されている姿が感じ取れます。 どの事務所に所属すると自分に合っているのか?俳優としての未来が明るいか?など、中学生なりに真剣に考えて行動されていたようです。 萩原利久さんは最初は芸能人に会って周りに自慢したいだけだったそうですが、子役の時にいた事務所からトップコートに移ったタイミングで、俳優という仕事を真剣に意識し始めたそうです。 菅田将暉さん以外にも他の先輩の現場や舞台などもよく観に行って演技の勉強を日々、頑張っているようです。 普段の小さな努力と積み重ねで俳優としてかなり貪欲に頑張っていることから、萩原利久さんは、努力家のようです。 ●萩原利久の出身高校はどこ? 子役として9歳から芸能界で仕事を始めた萩原利久さんですが、いったいどこの学校に通っていたのでしょうか? ある学校の在校生の紹介などのPR動画に中学一年生の頃の萩原利久さんが出ているとネット上で話題になりました。 どうやら萩原利久さんは、東京都文京区にある私立郁文館学園に通っていたようです。 私立郁文館学園は中高一貫校なので、内部進学であれば高校も私立郁文館学園に通われていたと思われます。 萩原利久さんは現在も大学生の年齢ですので、高校卒業後は大学への進学はせずに俳優業に専念されているようです。 ●萩原利久の家族構成や兄弟は? 気になる萩原利久さんの家族構成や兄弟についてですが、調べてみたところ残念ながら萩原利久さんの家族は一般人ということもあり、情報がないようです。 弟の存在は公表されているようですが、名前や年齢、職業などは両親ともに情報はないようです。 諸説あるようですが、アンケートなどのデータから日本の兄弟の歳の差の平均は、2歳~4歳差ぐらいが7割をしめているといわれています。 あくまで一般家庭の平均値ですので実際は、もっと離れている可能性もありますが、年頃の弟であれば萩原利久さんの弟ですし同じくイケメンではないか?芸能界デビューもあるのではないか?などの期待の声も少なくないようです。 ●萩原利久のまとめ 現在、萩原利久さんは、俳優として数多くのドラマや映画で活躍中でテレビで見かけることも多くなってきたこともあり着実に人気が出てきています。 2019年は、「3年A組 ‐今から皆さんは、人質です‐」(日本テレビ系)での菅田将暉さんとの共演が話題になりました。映画では「十二人の死にたい子どもたち」、「あの日のオルガン」などにも出演されています。 今後もドラマや映画やCMなどでも益々活躍が期待される萩原利久さんから目が離せん。 【のん、意識が高すぎる!TwitterのSNSマナーの配慮に反響】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    菅田 将暉(すだ まさき、1993年2月21日 - )は、日本の俳優、歌手。大阪府箕面市出身。トップコート所属。 2007年、アミューズが行った「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが、落選する。 2008年、第21回ジュノン・スーパーボー
    93キロバイト (11,610 語) - 2019年11月27日 (水) 14:37



    (出典 www.crank-in.net)



    1 muffin ★ :2019/11/30(土) 13:18:18 ID:ZWOsmsju9.net

    https://myjitsu.jp/archives/100890
    2019.11.30

    若者から圧倒的な人気を誇り、ついには歌手として『NHK紅白歌合戦』への出場も決めた菅田将暉。しかし近ごろ、後輩に足を引っ張られる形で好感度が下がっているという。

    「問題は、強烈なキャラクターで各バラエティー番組をにぎわせている歌手・俳優・モデルのYOSHIです。16歳の彼をもともと大絶賛していたのが、菅田。今年9月公開の映画『タロウのバカ』で共演したYOSHIを褒めていたのですが…」(芸能記者)

    こうした経緯から、YOSHIは?菅田将暉が認めた男?として番組に出演していくことに。しかし、テレビでは明石家さんまにタメ口で話したり、収録裏でのチャラついた行動も暴露され、ネットではプチ炎上。当の本人はそんな炎上を気にしていないようだが、その火は菅田にまで飛び火し、

    《YOSHIを持ち上げてる菅田将暉も嫌》
    《YOSHIって人 礼儀がなってなくて不快だわ笑笑 菅田将暉あんな人好きなの? 人間性疑う》
    《YOSHIって奴なんもかっこよくないしカラオケのソファに土足で乗るようなただの常識ないやつだよ。菅田将暉の好感度も下がるし映画も見る気なくなった》
    《脳みそ小学三年生。 あんなのが取り上げられるなんて世も末。菅田将暉のセンスを疑う》
    《菅田将暉への熱い風評被害》
    《YOSHIごときのせいで、菅田将暉まで嫌いになりかけてるわ。YOSHI君、君はもう菅田将暉の話題は出さないでください。お前と違って礼儀も能力も雲泥の差やからな》

    などといった声が上がっている。

    「YOSHIは菅田のことを?将暉?と呼び捨て、菅田はそんな生意気な部分も含めてかわいがっているようです。また、YOSHIがネットでたたかれていることについても、『狙い通りだな。行け行け』と後押し。しかしまさか、その批判が自分に及ぶとは、想像もしていなかったでしょう」(同・記者)

    ファッションなど?センスの良さ?が持ち味でもあった菅田。人選びのセンスについては、評価が割れているようだ。


    【菅田将暉の好感度と人気が急落!理由は後輩『YOSHI』。人間性疑われる事態に。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    熊田 曜子(くまだ ようこ、1982年5月13日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。 関市立関商工高等学校商業科に在学中の高校3年生当時、週刊少年マガジンの水着コンテスト、ミスマガジンに応募。最終選考まで残ったものの、母親の猛烈な反対により辞退させられた。その後看護学校へ進学するが、芸能
    25キロバイト (3,582 語) - 2019年11月7日 (木) 01:10



    (出典 geitopi.com)


    これはびっくりしますね。
    お財布が別々ということは、熊田曜子さんもそれなりの稼ぎがあるんでしょうから支障はないんでしょうね。
    うらやましい…。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/29(金) 14:44:45 ID:TF1OP49A9.net

    タレントの熊田曜子(37)が29日放送のフジテレビ「ノンストップ」(月~金曜前9・50)に出演。
    自身が知らない間に夫が仕事を辞め、転職していたことを明かした。

    この日、番組では「夫婦の報・連・相バトル 徹底討論」と題して、夫婦間による「報告」「連絡」「相談」のホウレンソウ問題についてトークを展開。

    熊田は「仕事を知らない間に辞めるっていうのを経験した」と告白した。
    結婚した当初はサラリーマンだったいう熊田の夫。
    「こういう仕事をやりたいという話は(昔から)聞いていたけど、いつの間にか(仕事を)辞めていて、新しい仕事を始めていた」と振り返った。

    その後の詳細についても「(前の仕事を)いつ辞めたとか(新しい仕事が)いつから始まっているとか全く知らない」とキッパリ。
    続けて、共演者から金銭事情について聞かれると「家計的には別々の財布。
    私が働いた分は私が使える」と説明し、夫の年収についても「全く知らないです」と話していた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17452992/
    2019年11月29日 12時7分 スポニチアネックス


    【熊田曜子の夫の隠し事と財布事情。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のタレント、ファッションモデル。期間限定ユニットPaboおよびアラジンの元メンバー。本名は藤本優樹菜木下は旧姓。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。夫はFUJIWARAの藤本敏史。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。
    27キロバイト (3,515 語) - 2019年11月26日 (火) 08:03



    (出典 img.jisin.jp)



    1 マロン派 ★ :2019/11/29(金) 21:09:26.80 ID:+ksG9lmy9.net

    木下優樹菜 “恫喝DM騒動”で夫・フジモンへの飛び火が深刻
    東スポWeb 11/29(金) 17:13配信

    “共演”も多かった夫婦だけにフジモン(右)への影響もハンパではない。左は木下

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    タレントの木下優樹菜(31)が、実姉が働いていたタピオカ店に恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送った、いわゆる“恫喝DM騒動”により、夫のお笑いタレント・藤本敏史(48)が厳しい立場に追いやられている。騒動発覚から活動休止発表まで約1か月間のタイムラグがあったのだが、多くのメディアでこの問題が一切報じられなかったその間は、本当につらい立場だった。

    象徴的だったのは、今月初めの「27時間テレビ」(フジテレビ系)に出演した時だ。藤本の姿を見た爆笑問題の太田光が何かを言いたそうにしていたところ、明石家さんまがすぐさま「言うたらあかんねん」と制止。太田は「どうして分かるんですか」と引き下がった。

    芸人なのにネタにもできない――なんとも微妙な空気に、藤本は「すみませんでした」と謝るしかなかった。

    木下が活動休止を発表したことで、ようやくこの話題を取り上げることが“解禁”となった。

    ダウンタウンの松本人志は24日放送の「ワイドナショー」(フジ系)で「フジモンは(メディアで)取り扱われるようになって、どこかホッとしてるところもあると思うんですよ。今まで触れるに触れられなかった」と後輩をおもんぱかった。

    松本の言う通り、藤本はホッとした部分もあったのだろう。30日放送の関西ローカル番組「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)で、「すみません。ホンマにご迷惑をおかけして…」と神妙な面持ちの藤本は、木下について「反省の日々」などと明かしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00000034-tospoweb-ent


    【木下優樹菜の騒動がフジモンにも影響し仕事に支障。周りも気を使うことに…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    バチェラー・ジャパン』(The Bachelor Japan)は、Amazonプライム・ビデオにて配信されている恋愛リアリティの婚活サバイバル番組。 2017年2月17日よりシーズン1の配信がスタートし、2018年5月25日よりシーズン2の配信がスタート。2019年9月13日よりシーズン3の配信がスタートした。
    15キロバイト (1,681 語) - 2019年11月26日 (火) 00:31



    (出典 img.ananweb.jp)


    結局のところはどうなのか…。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/29(金) 21:08:38 ID:EAqODmvB9.net

    11月28日発売の「週刊文春」が、婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」(Amazonプライムビデオ)のヤラセ疑惑を報じた。記事によると、番組で毎回脱落していく女性メンバーなどは最初から決まっていたという。

    「『バチェラー』は、セレブでイケメンの独身男性を複数の女性が奪い合い、最終的に1人が選ばれるという内容です。『文春』が出演者や関係者を取材したところ、脱落する女性の選別にバチェラーの意思は関係なく、すべては事前に台本で決まっていたのだとか。また、出演者同士のギスギスした会話や、バチェラーが女性を池に落とすという過激な展開なども、すべて筋書き通りだったというのです」(テレビ誌記者)

    そんな同番組は最終回にて、ホステス女性が選ばれたものの、放送後にすぐに破局。そして別の参加者であるぶどう農家の女性とバチェラーが交際を開始したため、ネットが大炎上した。しかしこの判断も、元々バチェラーは、ぶどう農家の女性を希望していたにもかかわらず、制作側からホステスを選ぶよう指示があったからだという。

    今回の報道後、ネットでは「知ってた」「ヤラセだと思ってなかった奴なんているの?」と、番組の仕組みを予め理解していたかのような感想が相次いだ。しかし放送時は、番組を真に受け、出演者に誹謗中傷を繰り返す視聴者で溢れかえっていたという。

    「配信期間時は、全てをリアルだと思い込んだ視聴者が、ネット掲示板での誹謗中傷だけに留まらず、わざわざバチェラーカップルのSNSを荒らす事態に発展。そのコメント数は数千件以上にも及び、中には人格を否定するような度が過ぎた書き込みもあったのです。ですが今回、関係者によってヤラセが暴露されたことで、番組に乗せられて誹謗中傷していた視聴者は赤っ恥をかいたということになるのかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

    今回の文春は、台本なしのリアリティーショーだと銘打っておきながら、視聴者を裏切る悪質な制作側の体制、そしてバラエティ番組を本気にして出演者を攻撃している視聴者に対し、一石を投じたかったのかもしれない。MCを務めた今田耕司、藤森慎吾、指原莉乃はいま、何を思っているだろうか?

    http://dailynewsonline.jp/article/2096928/
    2019.11.29 18:15 アサジョ


    【「バチェラー」やらせ疑惑?フィクションで台本通り?】の続きを読む

    このページのトップヘ