チーター速報トレンド情報

芸能情報をどこよりも速く!丁寧にお伝えします!

    2019年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    浜辺 美波(はまべ みなみ、2000年8月29日 - )は、日本の女優(元子役)。 石川県出身。東宝芸能所属。堀越高等学校卒業。 2011年、第7回『東宝シンデレラオーディション』に応募、ニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。東宝芸能のシンデレラルーム所属となる。同年公開の映画『アリと恋文』主演で女優デビュー。
    73キロバイト (9,378 語) - 2019年11月8日 (金) 14:28



    (出典 kuro-booklife.com)



    1 ブリティッシュショート ★ :2019/11/14(Thu) 09:26:36 ID:5/XGEjKZ9.net

     今春クールのドラマ「賭ケグルイ season2」で主演を務める女優・浜辺美波。season2ということで前作はドラマファンのあいだで高評価。浜辺美波もさらなる女優としての成長を作中で示しており、某エンタメサイトの2019年春ドラマ期待度ランキングでは4位にランクインしている。深夜枠にもかかわらず依然として注目を集めるのは、浜辺の力によるところも大きいだろう。

     女優として順風満帆なキャリアを形成している浜辺だが、“趣味嗜好”に関するあるインタビューでの発言が話題に。最近ハマっているものとして、韓国発の人気ダンスボーカルユニット・SEVENTEENを挙げ、その行動は熱狂的ファンの域に達しているというのだ。

     インタビューでは「最近友達の影響でSEVENTEENの曲を聴いている。ダンスがとてもすてき」と一過性のハマり具合を示唆。しかし、ネット上では浜辺の「並々ならぬSEVENTEEN愛」に関する憶測が飛び交っている。そのひとつが、ファンクラブ会員としてライブ・イベントへの参加。
    2018年6月にはハイタッチイベントでの目撃情報もあり、少なくとも「よく聴いている」レベルではないことはわかる。

     さらにSEVENTEENの追っかけ活動用に専用のSNSアカウントを登録しているとの噂も。
    過去にはSNSでの裏アカウントでの投稿内容がもととなり、炎上するアイドルもいた。これが事実だとすると、事務所としてはプライベートでの発言にも肝を冷やしていることだろう。

     何を好きになるかは自由ではあるものの、ココ最近はさまざまな騒動で韓国アイドルに対してネガティブなイメージをもつ日本人は根強く多い。現在10本以上のCM契約を結ぶ“好感度爆上がり女優”だけに、芸能活動の妨げにつながらなければいいが……。

    https://entamega.com/16671/amp


    【浜辺美波がSEVENTEEN熱狂ファン発言で事務所ヒヤヒヤ…タブー視されつつある韓国話題で芸能活動に影響でないか…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    板野 友美(いたの ともみ、1991年7月3日 - )は、日本の歌手、タレント、ファッションモデル、女優。ホリプロ所属。大阪府生まれ神奈川県出身。身長154cm、体重36.8kg。女性アイドルグループAKB48の元メンバー。 2005年 8月までBOXMENのガールズダンスチームGIRLSBOXに
    62キロバイト (6,887 語) - 2019年10月20日 (日) 03:10



    (出典 i.ytimg.com)







    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/13(水) 15:56:50 ID:HM+1qTSp9.net

    板野友美の新曲『LOCA』にパクリ疑惑が浮上している。

    問題となっている『LOCA』は、10月16日に発売された同名のミニアルバムに収録されている楽曲。ラテン調の曲となっており、板野は作詞を担当しているが、12日頃になり、ネット上で「(アメリカのシンガー)ショーン・メンデスが、カミラ・カベロとコラボした楽曲『Senorita』に酷似している」と話題に。聞き比べると、楽曲の雰囲気やリズムが似ているほか、イントロやサビについても「ほぼ同じ」「そのまんま」という指摘が相次いだ。

    この疑惑にネットからは、「パクった率99パーセントくらい」「これはひどい…」「和訳カバーでもしたのかと思った」「カバーじゃないの?」といった声が寄せられている。

    「また、板野が薄暗い部屋の中で腕を頭の上に上げるポーズを取っているミニアルバムのジャケット写真についても、カミラが同様のアーティスト写真を出していたことが明らかになり、『コンセプトからパクってる』といった声も。さらに、インタビューで板野がラテンの曲が好きと答えていたことや、『Senorita』を聴いていると答えていたことが取り上げられ、『確信犯では?』という声も上がっています」(芸能ライター)

    ファンからも「ともちんもカミラも両方好きだったから悲しい」「ともちんがパクるわけないって思ってたけど、これは誤解されても仕方ないかも」という声が上がっているが――。

    「板野はいまだ疑惑には言及していませんが、ツイッターには『盗作はだめですよ!』『カバーアルバム出されたんですか?』など心無い声が多く寄せられる事態になっています。作曲は板野ではないものの、原曲を知っているにも関わらず、疑惑が上がるような曲を出した板野本人にも、バッシングが寄せられてしまったようです」(同)

    板野がこの疑惑に言及することはあるのだろうか。注目が集まる。

    http://dailynewsonline.jp/article/2075476/
    2019.11.13 12:10 リアルライブ


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    【板野友美の新曲「LOCA」 がパクリ!?ジャケ写も激似すぎて批判殺到!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    木下 隆行(きのした たかゆき、1972年1月16日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優であり、お笑いコンビ・TKOのボケ担当である。身長183cm、体重113kg(デビュー当時は70kg)。 菓子問屋の社長であった父と大分県中津市出身の母(定子)との間に生まれる。父の会社は倒産したため幼少期は苦しい生活を送る。
    12キロバイト (1,373 語) - 2019年10月25日 (金) 00:13



    (出典 cdn.images-dot.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/14(木) 19:11:10.96 ID:vEniiPCO9.net

    複数のメディアで後輩芸人へのパワハラ疑惑を報じられた、TKOの木下隆行(47)。

    事の発端は昨年6月。事務所の先輩である、お笑いコンビ・よゐこの濱口優(47)とタレントの南明奈(30)の結婚パーティで、木下が参加芸人から会費を徴収。会費は濱口が支払ったにもかかわらず、木下は会費を返金しなかったという。

    それを後輩芸人のオジンズボーン・篠宮暁(36)に年末のライブでイジられたところ木下が激怒。楽屋でふたを開けていないペットボトルを投げつけ、篠宮の左目に直撃してケガをさせたと報じられた。

    濱口はこの一件もあり、木下とは“共演NG”という報道も一部ではあった。

    しかし、11月4日のイベントに登壇した濱口の口から「僕も記事を見てびっくりしてるんです。全然そんなことない」「(共演NGは)ネタとして言うてたんですけど、それが誤解でああいうかたちになってしまった」と、共演NGは冗談で言ったということが明らかになった。

    「連日の取材に加え、ネットでも多数の批判の声が上がり、木下は相当ヘコみ、深く反省しているといいます」(お笑いプロ関係者)

    木下の騒動も落ち着いてきたのかと思いきや、11月12日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が、新たな木下のパワハラ行為を報じている。

    記事によると、木下が立ち上げた洋服ブランドの展示会に来た後輩芸人が、何も買わずに帰ろうとすると「何も買わへんの? ウソやろ?」と木下に迫られ、服を押し売りされるという。

    記者の直撃取材に対し、木下は「俺がパワハラで“何も買わへんの?”なんて言ってないし、無理やり買わせたなんてことはない」と、パワハラ押し売りを否定している。

    「木下のブランドは3年ほど前にスタート。立ち上げ当初は本人から、“展示会やるから時間あったら来てな。オレも会場に顔出すので”といった丁寧なメールが届いていました。ところが、ここ最近は展示会のリリース情報だけを送りつけてくるそうですよ。それでも後輩芸人からしたら、“行けよ”と言われているように感じると。親しき中にも礼儀ありといいますが……まあ、彼は万事がそういう感じなんですよね。

    『週刊女性』の取材に自ら“買わないの?”といったことはないと話していましたが、無言の圧力はあるそう。販売会に行った後輩芸人は“さすがに何か買わないと帰れない”という空気をビンビンに感じるので、安い物でもいいから何かしら買う、と言ってましたね」(お笑い関係者)

    別のお笑い関係者はこう話す。

    「知人が木下のブランドのズボンを買ったそうなんです。当然新品なんですが、穿いてズボンのポケットに手を入れたら穴が開いていたって。まあ、それはたまたまだと思いますが(笑)」

    自身のブランドにまで波及してしまった、木下のパワハラ疑惑。今後も関係者からの告発が続くだろうか――?

    http://dailynewsonline.jp/article/2076726/
    2019.11.14 11:00 日刊大衆


    【TKO木下が後輩芸人に無言の圧力で買い物させる。自分のブランド品の押し売りで買わないと帰れない…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    新垣 結衣(あらがき ゆい、1988年6月11日 - )は、日本の女優、歌手、ファッションモデル。主な愛称はガッキー。沖縄県出身。レプロエンタテインメント所属。 2001年、女子小中学生向けファッション誌『ニコラ』(新潮社)の読者であった姉に「私は(年齢的に)もうできないから」と推されてモデル(ニ
    52キロバイト (5,845 語) - 2019年11月12日 (火) 08:32



    (出典 i.pinimg.com)



    1 プーアル ★ :2019/11/14(木) 15:58:36.38 ID:tbEodrBS9.net

    2005年の『ドラゴン桜』(TBS系)以降、毎年のように連続ドラマに出演していた女優の新垣結衣。しかし、今年は出演作がなく、ネット上で心配の声が広がっている。

    06年には『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』、08年には『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)、12年には『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)、
    16年には『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)など、数々のヒット作に出演してきた新垣。昨年は、『逃げ恥』の脚本を手掛けた野木亜紀子氏と再びタッグを組み、
    連ドラ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で主演を務め、他にも劇場版『コード・ブルー』に出演するなど、仕事にまい進していた。

    「ここ数年、新垣は大人気女優にもかかわらず、出演する連続ドラマは年に1本と絞り、その〝プレミア感〟もあって評判は上々でした。
    しかし、大ヒット確実という前評判だった『獣になれない私たち』が、全話平均視聴率8.7%と大コケ。新垣の演技も酷評されてしまいました」(芸能記者)

    この大コケが原因かは分からないが、今年は役者としての仕事はナシ。

    https://myjitsu.jp/archives/99648


    【新垣結衣『獣になれない私たち』視聴率悪すぎて連ドラオファーなしの現状。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    吉澤 ひとみ(よしざわ ひとみ、1985年4月12日 - )は、日本の元歌手、元タレントで、女性アイドルグループ・モーニング娘。の元4期メンバー(第4代目リーダー)。愛称は、よっすぃー、よっちゃん。埼玉県出身。身長164cm。 アップフロントエージェンシー(現・アップフロントプロモーション)を経て
    32キロバイト (4,092 語) - 2019年10月16日 (水) 03:27



    (出典 www.dailyshincho.com)



    1 ひかり ★ :2019/11/14(木) 15:58:26.22 ID:e3jGExBp9.net

    11月上旬、東京都心にあるストレッチ専門店の前にタクシーが止まった。車の中から現れたのは、元モーニング娘。の吉澤ひとみ(34)。キャップにスポーティなレギンス姿の彼女は、伏し目がちに店舗の中へと入っていった。

    '18年9月6日に酒気帯び状態で車を運転し、横断歩道の人をはね、ひき逃げしたとして逮捕された吉澤。昨年11月30日に下された判決は、懲役2年・執行猶予5年。

    「求刑2年であれば、懲役1年6月・執行猶予3年ぐらいが“相場”といわれています。裁判官も『各犯行はいずれも同種の犯罪と比べて(程度が)悪質。通常よりも長めの執行猶予期間が相当』と説明したように、
    非常に厳しい量刑でした」(前出・スポーツ紙記者)

    その判決からもうすぐ1年になろうとする10月下旬、スポーツジム関係者から、本誌編集部にこんな情報がもたらされたのだ。

    「元モー娘。の吉澤ひとみさんが、あるストレッチ専門店で働いているようなのです。勤務時間は11時から夕方5時ぐらいのようです」

    吉澤は’15年にIT企業社長と結婚し、’16年7月に男児を出産している。取材を進めると、確かに吉澤は現在、ストレッチ専門店に毎日通ってきており、また、長男を預けるために自宅付近の保育園を利用していることも判明した。

    かつては白いワンボックスを愛車にしていた彼女だが、いまはもっぱらタクシーを利用しているようだ。彼女が住んでいる高級タワーマンションから店まで車で20分ほど。往復では5千円近くもかかってしまう。
    かなり高い交通費だが、それほど彼女にとって“やりがいのある仕事”ということなのだろうか。

    芸能界復帰について彼女自身はどう考えているのだろうか? またどんな気持ちで日々を送っているのか? 本誌は勤務を終えた彼女への取材を試みた。

    ――こちらのお店に勤務されていると伺いましたが?

    「知り合いがいて、こちらで働かせていただくようになりました。今年からですね。子供もいるので、少しでも働こうと考えまして……」

    実は店の客でも、彼女の姿を見た者はいなかった。

    ――具体的には、どんなお仕事なのでしょうか?

    「一般のお客さんにストレッチをしているわけではないのです。店のスタッフの方たちに、私がトレーナーとしてストレッチ術を教えています」

    なんと彼女は“ストレッチの先生”に転身していたという。モー娘。時代から運動能力が評価されていた彼女らしい仕事といえるかもしれない。

    ――芸能界復帰は考えていますか?

    「復帰の予定は、いまのところありません」

    ――判決後もお酒は飲まれているのでしょうか?

    「……お酒は、自宅や居酒屋で1杯とか、少したしなむ程度に飲んでいますが、以前のように毎日飲んだり、飲み歩いたりしているわけではないんです。気をつけているつもりですが、“まったく飲んでいません”と、
    言ってしまうのも違うように思いますので……」

    その言葉を最後に静かに立ち去った吉澤。執行猶予期間満了まで、あと4年。彼女の知られざる更生生活はまだまだ続く。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00010009-jisin-ent

    (出典 img.jisin.jp)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【吉澤ひとみがトレーナーに転身。車使わずタクシーで通勤。初めて語る心境とお酒の飲み方。】の続きを読む

    このページのトップヘ