チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    2021年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    エナジードンク調査、「まったく飲まない」が56.7%で過去最高に | ニコニコニュース


     在宅勤務や外出自粛で身体を動かす機会が減ったためだろうか――。マイボイスコムがこのほど発表した「エナジードリンク」に関する5回目のインターネット調査によると、「どのくらいの頻度で飲むか」という質問に対し、「まったく飲まない」が56.7%となり、過去5回の調査でもっとも多い結果となった。

    画像付きの記事はこちら




    ●一番人気は「オロナミンC」

     同調査は、5月1~5日の期間に行われ、1万42人から回答を得ている。エナジードリンクエナジー系飲料を飲む人は4割強で、男性の比率が高く、10~40代の男性では6割前後に達した。飲む人の中での飲用頻度は「月に1回未満」(24.6%)がもっとも多く、週に1回以上飲む人は約7%となっている。

     直近1年以内に飲んだエナジードリンクとしては(複数回答)、「オロナミンC」(51.4%)、「デカビタC」(32.1%)、「リアルゴールド」「アサヒ ドデカミン」(各20%台)が上位を占めた。「アサヒ ドデカミン」「モンスターエナジー」「レッドブルエナジードリンク」は、男性10~30代で比率が高い。

     どのようなときにエナジードリンクエナジー系飲料を飲むかを尋ねた質問(複数回答)では、「疲れているとき」が33.1%、「休憩中・休み時間」が21.6%、「気分転換したいとき」「のどが渇いたとき」がそれぞれ2割弱となっている。疲れているとき」は女性、「仕事・勉強・家事をしながら」は10~40代の男性、「眠気を覚ましたいとき」は10・20代で多い。

     エナジードリンクを選ぶ際に重視することは(複数回答)、「味」が55.5%、「価格」が35.4%、「飲みやすさ」「効能・効果」「飲み慣れている」がそれぞれ20%台となっており、「コカ・コーラ エナジー」「眠眠打破/強強打破/激強打破」「メガシャキ/ギガシャキ」をおもに飲んでいる人では、「効能・効果」が味や価格を上回って最多となった。

     エナジードリンクがない場合に代わりに飲むものを尋ねたところ(複数回答)、「炭酸飲料」が44.2%、「栄養ドリンク」「コーヒーコーヒー飲料」「スポーツドリンク」がそれぞれ20%台となっており、「炭酸飲料」は女性若年層、「スポーツドリンク」は男性高年代層で多い。

     今後、エナジードリンクエナジー系飲料を飲みたいと思うかを尋ねた質問では、「飲みたいと思う」(「飲みたい」「まあ飲みたい」の合計)が3割弱となり、男性では10・20代で4割強、30・40代で4割弱を占めている。一方で、「飲みたくないと思う」(「飲みたくない」「あまり飲みたくない」の合計)も5割弱に達し、過去5回の調査でもっとも多い結果となった。

     エナジードリンクエナジー系飲料を「飲みたいと思う」人からは、「ポーツジムから帰った後、ゴルフ練習の後、家で冷えているものを飲む」「前の晩に寝付けなくて睡眠不足の状態で仕事をしなければならなくなった日に、仕事をしながら飲む」といったコメントが寄せられている。

     エナジードリンクエナジー系飲料を「飲みたくないと思う」人からは、「一時的に高揚感を得るだけでホントに疲れが吹っ飛ぶわけでもないから」「問題のある化学薬品などが入っていそう、コーヒーなどと違って強すぎて危険という感じがするので、飲まない」といったコメントが寄せられた。
    エナジードリンク・エナジー系飲料を飲まない人は56.7%に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【エナジードンク調査が意外な結果に!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    受付なのにトイレ掃除をさせられて1か月で退職した女性 「新人が掃除するのが当たり前、と説教されました」 | ニコニコニュース


    職場の無神経な嫌味にうんざり

    職場の無神経な嫌味にうんざり

    コロナウイルスがもたらした経済的打撃は大きい。企業の経営悪化に伴い、理不尽な派遣切りを受ける人もいるなか、「働けるだけありがたい」という声も多い。一方で、入社後にすぐに辞めてしまったという声も多く寄せられた。

    千葉県の40代女性(年収150万円)は、「トイレやビルの掃除を強要されたのが苦痛だった」と語る。(文:中島雄太)

    【早すぎ!? 仕事を即行で辞めたエピソード】最新記事はこちらから

    「お局様に呼び出され、説教を食らってしまった」

    英会話教室の受付担当として採用された女性は、業務とは関係のないトイレやビルの掃除を任せられる日々が続いた。女性はそのことを疑問に思い、「私だけが掃除するのはおかしい」と上司に掛け合ったという。

    その結果、当番表が作成されたが、実際には誰も掃除をすることはなく、張り出されただけに終わってしまった。

    「不公平だと訴えると、50代のお局様から呼び出され、『私たちの時は、皆新人が掃除をしたんだよね。新人が掃除するのが当たり前。私たちだってやってきたんだから』と言われました」

    その後、女性は「古い年功序列体質に耐える必要はない」と感じたため、4ヶ月で退職することとなった。

    女性はほかにも、1か月で退職した職場の理不尽なエピソードも打ち明けている。派遣の事務職として入社した女性。上司から仕事を教わっている際、メモを取ろうすると、「上司は『メモを取るな』と言い、早口でいっぺんに説明してきました」と過去を振り返る。

    「私がミスをすると『話聞いてなかったんですか?』と言い、質問すると『さっき言いましたよね?何度言えば気が済むんですか。普通は一回聞いたら覚えますよ』などと理不尽な事ばかり言われました」

    その後は仕事を与えてもらえず、無視をされるようになってしまった。「日本語わかりますか?」と聞かれた女性は、完全に人格を否定されたと感じ、派遣会社に相談。しかし、何も対応はされなかった。

    「入社1ヶ月で嫌味ばかりだった」

    千葉県の30代女性(調理/年収150万円)は、元職場での嫌味が原因で体調を崩し、退職を決めた。

    入社1か月の頃、初めての調理工程にも関わらず、「焼けてんの?揚げてんの?魚の味が染み込んでいない。形がしょぼい。早くして」などと言われ続ける日々。

    「とにかく言い方が心をえぐるので、ついに辞めました。おかげで精神的に穏やかになりました」

    女性はすでに次の職場が決まり、「ほっとしている」と語っている。

    富山県の40代女性(事務職/年収100万円)は、「労働環境がひたすら酷かった」と過去を振り返る。

    女性を含めて3人しかいない職場だったが、そのうち2人が親子。「2人とも全然言うことがちがうから、教わった通りにやってもどちらかに必ず否定される」と嘆く。

    「挙げ句の果てに『その年齢じゃ他では雇ってもらえない』とか『いい歳なんだから』とかモラハラばかりだった」

    極めつけは、新興宗教のようなものを勧められたことだ。女性は2ヶ月で退職し、現在は満足した生活を送っている。

    ※キャリコネニュースでは引き続き仕事を即行で辞めた人のほかあなたの職場のサイコパスオンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

    受付なのにトイレ掃除をさせられて1か月で退職した女性 「新人が掃除するのが当たり前、と説教されました」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【受付なのにトイレ掃除をさせられて1か月で退職した女性。理由がありえない!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    台湾人の「日本大好きです」に舞い上がってはいけない理由 | ニコニコニュース


    (平井 敏晴:韓国・漢陽女子大学助教授

    JBpressですべての写真や図表を見る

     台湾は韓国と似たところがある。どちらも戦後、民主主義陣営の最前線とされた。そして、その後、大陸の中国が経済発展を遂げると、米中関係の緊張の高まりに翻弄されるようになる。

     一方、対日感情で言えば、台湾は韓国と正反対である。

     台湾の食堂で食事をしていると、たまにこんな経験をすることがある。相席になった台湾人が話しかけてきて、私が日本人だとわかったとたん「日本、大好きなんだよ」と大きな声で訴えてくるのだ。そう言われて、もちろん悪い気はしないのだが、その唐突な宣言に、私は面食らってキョトンとしてしまう。

    「反日」という言葉が現地メディアで踊る韓国に住む私からすると、こうした台湾の親日ぶりに接すると、どうしても驚きと小恥ずかしさに襲われてしまう。

     そもそも韓国では、本当は日本好きな韓国人が「会社でもそうですが、日本が好きだなんて、なかなか言えませんよ」と打ち明けるほどだ。なにしろ日常的に日本批判の報道が多いので、私は韓国で暮らす間にどうやらマゾヒストになってしまったらしい。

     そんな私が台湾を歩いていると、複雑な東アジア情勢の渦中にある台湾人の、複雑な心情が見えてくる。今回はその話をしたい。

    リップサービスも含まれる「日本好き」アピール

    「日本が好きだから旅行で何度も訪れた」という台湾人はたくさんいるが、「日本が好きだけど、訪れたことはない」という人も、もちろんたくさんいる。

     そういう人にどうして日本が好きなのかを尋ねると、いろいろな理由を挙げてくれる。そのなかで多くの台湾人が挙げるのが、「日本は台湾のことをいつも気にかけてくれている」というものだ。確かに台湾で自然災害が発生すると日本は援助しているし、ワクチンも迅速に提供した。

     ただそこには、国交がなくとも日本にはいつも台湾を気に留めておいてもらいたいという願望も読み取れる。

     そうした願望のせいなのか、「台湾の人は日本人に気を遣い過ぎでは?」と思うことがある。

     飲み屋や食堂で偶然出会った台湾人と話していると、次第に韓国の悪口が飛び出してくるのだ。なかには「韓国は信用できない」と言い放つ人も少なくない。韓国人は約束を守らないとか、国際競技で自国に有利にするには手段を選ばないとか、まるで日本のネット上での韓国批判を見ているかのようだ。

     40代以上になると、1992年の国交断絶を引き合いに出す人もいる。台湾人によると、中国と国交を樹立した当時の韓国・盧泰愚(ノ・テウ)政権は、台湾に対して一方的に国交を断絶。しかも公式的な予告からわずか1週間ほどで国交を断絶され、台湾にとっては、まさに「国辱」だという。戦前の中華民国政府は大陸で大韓民国臨時政府を、また1950年に勃発した朝鮮戦争でも韓国を支援していたのだから、そうした断交の記憶に顔をこわばらせるのもわかる気はする。

     とはいえ、そんな話を目の前でされると私の心中は複雑だ。私も反論できるわけではない。だが、その話をここで出してこなくてもと、正直なところ思う。おそらく顔も少々引きつっているのだろう。「ほー、そんなに韓国のことが嫌いなんですか」という言葉を絞り出すのがやっとである。

     ところがあるタイミングで、私がソウル在住で、韓国の大学で教えていることを打ち明けると、多くの台湾人は手のひらを返したかのようになる。「えっ? 実は私は韓国のことも好きなんですよ」と言い出すのだ。それどころか、K-POPや韓国ドラマの話を延々とし始める。

     誰しも、ある国に対して、好きなところもあるし嫌いなところもある。自分の国に対しても同じだ。だから、台湾人の話の中で、韓国への興味と批判が入り混じっているのは当然のことだろう。だが、彼らは日本人を前にすると、韓国への興味を隠して批判を展開してしまう。理由を聞いてみると、「日本人は韓国が嫌いじゃないですか。韓国の悪口言う日本人がいっぱいいますよ」と答えるのだ。

     実際に、台湾人を前に韓国批判をしてしまう日本人は少なくない。歴史問題を抱えて軋轢が絶えない韓国と、台湾を比べると、どうしてもそうなってしまうのだ。批判とまでいかなくても、「韓国には困ったものだ」という程度の言葉も含まれるのだろう。

     ともかく、私が経験した台湾人による日本好きアピールには、(もちろん大抵の場合は本気で言っているが)日本人へのリップサービスも多分に含まれるのだ。

    中国との関係はやはり重要

     ちなみに台湾と韓国の関係は、断交から10年ほどはかなり冷え込んでいたようだが、現在のところ基本的には良好である。貿易額も互いの国が上位を占め、対日貿易額に次ぐ規模だ。コロナ以前であれば、両国間の人々の往来は観光も含めて盛んであったし、コロナが終息すれば、すぐにある程度の回復が見込まれる。

     そうしたなか、2020年データでは台湾と韓国の輸出先トップはともに中国である。しかも、輸出額は2位の2倍前後となっている。つまり、台湾と韓国は“自由主義陣営”とは言いながら、中国との関係はやはり重要なのだ。

     ちなみに日本の場合、輸出先のトップは中国だが、2位のアメリカとは輸出額でそんなに大きな差はない。

     米中の板挟みであり続ける台湾と韓国。この2つの地域では対日感情の違いにより、日本へ向けられる言葉がずいぶん異なる。だが、台湾人の親日アピール日本人は浮かれてはいけない。半ば本心でもあるが、日本への気遣いも含まれている。

     日本はそうした台湾の複雑な心情を斟酌(しんしゃく)しながら、今後の東アジアとの関係を舵取りして行かねばならない。

    [もっと知りたい!続けてお読みください →]  日本統治時代を忌み嫌う韓国と台湾の街「花蓮」の大きな違い

    [関連記事]

    いきなり日本に歩み寄り、韓国の態度はなぜコロコロと変わるのか

    なぜ私は韓国で「不人気」アストラゼネカワクチンを打ったのか

    台湾の首都、台北の街並み(2021年6月2日、写真:ロイター/アフロ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【台湾人の「日本大好きです」に舞い上がってはいけない理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「お父さん、オレの奨学金を使い込んでくれてありがとう。」 息子からの“父の日”駅広告が衝撃的な内容で話題 | ニコニコニュース


     父の日に合わせて掲出された駅貼り広告が大きな話題を呼んでいます。キャッチコピーは「お父さん、オレの奨学金を使い込んでくれてありがとう」。

    【画像で読む:まさかの内容(全文)】

     話題の広告が掲出されているのは、IGRいわて銀河鉄道二戸駅盛岡駅。白地に黒文字だけで構成されたシンプルな広告は「お父さん、オレの奨学金を使い込んでくれてありがとう」「パチンコも競馬もやってないのに、どうやって借金をこしらえたの?」という息子の問いかけから始まります。

     給食費を支払えず中学からバイトをしていた息子は、奨学金を父親が使い込んでいることを知った際、「ふしぎなことに怒りよりも先に驚きが来たよ」と振り返ります。

     そんな父親にはお金がないのに新しいものを衝動買いしてしまう癖があり、ときには“ブームに乗っかって”パソコンを購入してしまうことも。しかし父親は全くパソコンを使わなかったので、息子が代わりに使い始め、その後お金を稼げるまでになりました。

     時は流れて、息子は父親がお金で苦労したからこそ「どうやったらお金を稼げるのか?」「どうやったらお金で損をしないのか?」をよく考えるように。奨学金の返済を工夫した際には、6万円近いポイント還元を受ける経験をします。

     このお得な経験と父親への想いから「3年半前にあなたみたいな人を救いたくて、スマホアプリを開発したよ」と息子。クレジットカードを使った際やキャッシュレス決済をした際の還元率が一目でわかるポイント最大還元アプリを作ったことを報告しつつ、「お父さん、この文字は読めてるか?この世に未練のあるあなたなら、幽霊になって読んでるよな。」と続けます。

     「お父さんパソコンを買ってくれてありがとう。お金について考えるチャンスをくれてありがとう。お父さんみたいにお金で困る人の力になれるようにがんばるよ。そのうち天国で飲もうな。そのときの支払い方法は、このアプリを使って決めさせてくれよ」と、締めくくりました。

     この広告を掲出したのは、支払い方法の工夫で簡単に節約ができるアプリ、「AI-Credit」を展開するAIクレジット取締役・足澤憲(たるさわけん)さん。

     「父の日にあわせて手紙を故郷の駅に出したけど、お父さん読んでくれるかな?」とツイートしたところ、3万4000件以上の“いいね”が寄せられいるほか、「恨み節かと思って読んでみたらグッときてしまった」「胸糞かとおもったら素敵な展開やな」「最後の一文の〆がエモすぎる」と大反響を呼んでいます。

     また広告の出し方についても「いっきに読んでしまった。テクニックより何より、『自分』のある文章には誰も勝てない。拍手」「駅という、あまり立ち止まって広告を見る機会のない場所にこの広告。シンプルインパクトの強い見出しで一気に読みたくなる」「長文なのに読んでしまった 冒頭の引力と内容凄い」と絶賛されています。

     同広告は6月18日から24日までIGRいわて銀河鉄道二戸駅盛岡駅にて掲載中です。

    画像提供:足澤憲(たるさわけん)さん

    (Kikka)

    話題の駅貼り広告


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「お父さん、オレの奨学金を使い込んでくれてありがとう。」 息子からの“父の日”駅広告が衝撃的な内容で話題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ふるさとチョイス、2021年の寄付より確定申告の必要書類が1枚にまとまりさらに簡単に ふるさと納税の「寄付金控除に関する証明書」電子発行を来年1月より開始 | ニコニコニュース


    ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」( https://www.furusato-tax.jp )を企画・運営する株式会社トラストバンク(本社:東京渋谷区、代表取締役:川村憲一、以下「トラストバンク」)は、同サイトからの寄付申込を対象に「寄付金控除に関する証明書」の電子発行を来年1月より開始します。これにより2022年に行う確定申告から寄付金受領証明書の管理や、確定申告する際に必要なデータを入力の手間が軽減されます。「寄付金控除に関する証明書」の電子発行にあたり、トラストバンク国税庁長官より特定事業者(※1)として認定されました。


    これまでふるさと納税確定申告は、寄付をした自治体がそれぞれ発行する「寄付金受領証明書」の提出、もしくは寄付の履歴を記入しなければならず、自治体から寄付の回数分届く受領証明書を確定申告まで全て保管する必要がありました。

    2022年に行う確定申告から、各自治体から届く「寄付金受領証明書」に代えて、ふるさとチョイスが発行する1年間の寄付を一覧で記載した「寄付金控除に関する証明書」が1枚あれば、申告手続きができるようになります(※2)。ふるさとチョイスふるさと納税を一括すると、受領証明書の保管や確定申告時にこれらの受領証明書を1枚ずつ貼り付ける作業、何度もデータを入力する手間が省け、確定申告の手続きが簡素化されます。


    ※1)特定事業者とは、地方公共団体と特定寄付金の仲介に関する契約を締結し、特定寄付金が支出された事実を適正かつ確実に管理することができると認められるものとして国税庁長官から指定された事業者です。
     ▷詳細はこちらhttps://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei/koujyo/kifukin.htm

    ※2)ふるさとチョイスの会員のみダウンロード可能。寄付ごとに自治体が発行する「寄付金受領証明書」もこれまで通り送られてきます。「寄付金控除に関する証明書」を使って確定申告できない場合に必要となります

    ※3)「寄付金控除に関する証明書」はXMLファイルでのみ提供。ふるさとチョイスマイページよりダウンロード可能。

    ※4)「QRコード付き証明書等作成システム」は、国税庁が一般の方向けに提供しているシステムです。利用には、PCに国税庁が指定するソフトインストールする必要があります。詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。
     ▷詳細はこちら https://www.e-tax.nta.go.jp/cps/cps.htm
    • ■□ ふるさとチョイス「寄付金控除に関する証明書」電子発行 詳細 ■□
    ■ 発行開始時期:
     ふるさとチョイスマイページから2022年1月より発行
    ■ 対象:
      ふるさとチョイスの会員で、且つふるさとチョイスを通じて2021年1月1日から2021年12月31日の期間に寄付申込みをした方(無料・退会すると証明書をダウンロードできなくなります。)
    ■「寄付金控除に関する証明書」解説ページ:
     https://www.furusato-tax.jp/feature/a/2022_tax_return


    株式会社トラストバンクについて
    2012年4月設立。同年9月ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を開設。月間最大2億PV超(2020年12月)、契約自治体約1,580団体(2021年3月)、お礼の品登録数35万点超(2021年3月)を有する国内最大のふるさと納税総合サイトに成長。2013年9月「ガバメントクラウドファンディング(R)(GCF(R))」を開始。2014年9月「災害支援」の仕組みを立ち上げ、全国自治体に無償でサービスを提供

    配信元企業:株式会社トラストバンク

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ふるさとチョイス、2021年の寄付より確定申告の必要書類が1枚にまとまりさらに簡単に ふるさと納税の「寄付金控除に関する証明書」電子発行を来年1月より開始 】の続きを読む

    このページのトップヘ