コンビニ問題、「オーナーが可哀そう」に専門家が反論「商売をする覚悟が足りない」 | ニコニコニュース



(出典 d14vkpijithoml.cloudfront.net)



 いま、「24時間365日営業」が当たり前だったコンビニ業界の在り方が問われている。

 事の発端は今年2月、大阪南上小阪店の松本実敏オーナーが人手不足などを理由に「24時間営業が不可能だ」とする訴えを起こし、午前1時から6時までの営業を独自に取りやめた。その結果、セブン-イレブンから違約金1700万円を請求され、契約解除を求められ社会問題に発展した。今月11日にはセブン-イレブンオーナーらの労働組合が元日の営業を「独自に休止する」と宣言し、松本氏はその会見の席で「実力行使しないとあの人たち(本部)は話し合いには応じない。誰がやらなくても僕一人でもやります」と決意を語っている。

 これを受けセブン-イレブンジャパンは、3月から直営10店舗で時短営業実験を開始。半年間実験を行った8店舗が、今月から午後11時午前7時まで閉店とする時短営業を今月から本格的に開始している。現在日本には約5万店舗のコンビニがあるとされ、その数は郵便局の倍だといわれている。人口減少、従業員の人手不足により外国人労働者が増えているが、一部店舗では客による外国人労働者への差別的発言や態度など、オーナーの悩みは尽きない。そんな中、ファミリーマートの澤田貴司社長は「加盟店様のニーズに沿った店舗運営ができるよう柔軟に対応していこうと考えている」と発言。その上で本部社員800人のリストラを発表し話題となった。
 

オーナーが可哀そうだ」

 そんな世論が高まる中、一連の問題についてコンビニ事情に詳しい流通アナリストの渡辺広明氏(52)は「社会が人口減になっており国内だけの事業だけでは市場がマイナスになる。コンビニは平成の時代にすごく伸びる過程で、お客様のニーズはほとんど叶えてきた。ただし、令和に入ってから人手不足や食品ロスなど社会的意義にも向き合っていく必要性が生まれている。現在5万8000店舗あると言われており、街中に立っているコンビニは過剰の域に達している」と話すと、“あえて”本部目線でコンビニ問題について解説を行った。

 まず渡辺さんは「(オーナーは)商売をする覚悟が足りない」と指摘すると大王製紙前会長の井川意高氏は、経営者的観点から「無理やりハンコを押させたワケではなく、納得してハンコを押している。約束を守らないオーナーが悪い。嫌であれば、契約を辞めればいいだけの話だ」と賛同。

 すると渡辺氏は「コンビニオーナーは労働者ではない、個人事業主だ。フランチャイズなので立場は弱くなる側面もあるが、そもそも商売が好きな人でなければ務まらない。その根本的な部分に対して、商売人的でない人を採用する本部が悪ければ、労働者的なオーナーにも問題がある。齟齬が生まれる原因だ」とその理由を補足。

 さらに渡辺氏は「売る気があれば売れる」と主張。自身の経験からお勧めを声に出して接客する「やまびこ接客」なる具体例も挙げ「おでんが1日20個程度しか売れない店舗がある中、1日で1000個を売り上げた。『寒くなってきたので、おでん70円セールですよ』と声に出した。そんなので変わらないと思われるかもしれないが、意外に変わる。今までは本部から一方的に言われて仕方なくだったかもしれないが、これからはやりたい店だけがやればいい。やらない店が辞めてやりたい店だけがやったら、やりたい店は2000個売れ、やらない店も廃棄が出なくなる」と持論を展開した。

「価格はオーナーが決められるのか?」という質問に対しては「あくまでも推奨価格なので、厳密に言えば、過当競争になってしまうので減価さえ下回らなければ、各オーナーで価格を決めることはできる」と裏話も明かした。(AbemaTVAbemaニュースショー
コンビニ問題、「オーナーが可哀そう」に専門家が反論「商売をする覚悟が足りない」


(出典 news.nicovideo.jp)

ポン吉くん

ポン吉くん

競馬で他人の予想に乗っかって馬券外して、文句言ってるオッサンと大差無いというか…まして人生の重要な決断を少しでも他人に委ねると後悔するなんて分かり切っているだろうに

ヨヨ

ヨヨ

廃棄処分前を半額で売ることすら許されなかったのに、価格を決められるんですかあ!?

全自動ニコ生視聴機

全自動ニコ生視聴機

個人事業主なのに裁量権がなくて高いロイヤリティにノルマ、首くくるレベルの罰金があるから問題になってるのに

+++-

+++-

過剰な販売ノルマと高額なロイヤリティで虫の息にして、恫喝まがいの指導とペナルティで加盟店が縛られている現状で、オーナーを事業主とは呼べないと思う。 乗せられたオーナーにも非はあるが、いくら何でもやり方が悪辣すぎる。 ファミマは少し方向性を変えてきたみたいだが、お互いにWIN-WINの関係でないとこの業界の将来は暗い。

十三

十三

覚悟だけで無休労働できたら苦労しねぇよ(´A`) もっとも、収益を上げるために頭捻りもせずに諦めるようなら、確かに商売には向いてないだろうが。

まりもん

まりもん

コンビニのペットボトルのコーラの原価はスーパーの同一商品の店頭価格よりも高いそうです。

ゲスト

ゲスト

このオーナー、本部のことを言えないほどやりたい放題なんだよね。N国と一緒。問題提起は悪いことじゃないけどその問題提起する人間があれだとちょっとね…。

こな

こな

ほならね定期 言うだけならタダで誰にでも出来ますぜ…地域事情も鑑みたある程度の自由裁量も認められない個人事業主なんざいねーよ

純音

純音

やまびこなんちゃらは実際効果はあるけれども、それって弁当や菓子パン買いに来た人がそれをおでんに変えてるだけだから店の利益になってないんだけどね。利率は知らんが

目玉の親父

目玉の親父

無理やりではなく納得してというけど、専門知識がないからと、詐欺同然の契約を押し込んで契約破棄しようにも、高額の違約金で辞めさせないのがブラック企業セブンなのだけど。売る気があれば売れるというなら、渡辺とかいうカス。お前がやってみせろ。

茶沢山

茶沢山

「商売する覚悟が足りない」←あんたは何の覚悟があって、その言葉を吐いている?その「覚悟」とやらを以て働き、やはり経営が上手く行かなかった経営者にお詫び金払う覚悟でもあると言うのか?

リドル

リドル

とりあえず番組内で言われてる内容が「値段を下げ、声を出して客引きをして売れば良い→廃棄前の弁当などの値下げですでに本部と揉めてる経緯がいくつも存在する」「嫌であれば、契約を辞めればいいだけの話だ→違約金やらなにやらでガチガチに囲い込んで逃げれないようにしてる」など、すでに問題として挙がってる話で論破出来るのはさすがに草。コメンテーターの頭が悪過ぎる。

masa

masa

辞められないように高額の違約金を吹っ掛けているくせに、よくこんなことが言えるな

茶沢山

茶沢山

地方に行くとな。あるんだよ。夜八時過ぎたら人っ子一人歩かない町。夜中開けてても売上より人件費・光熱費がはるかに高くつく地域。その地域性に合わせた経営をしていた個人商店を、店舗拡大営業が詐欺同然に言いくるめ、コンビニに変えてしまう。結果、地域性に合わず、閉店に追い込まれる。そして買い物難民が増えて行く。「田舎は滅びろ」とでも言うのか。

ghost

ghost

無断発注と違って、契約書があって正当な手続きで結ばれた契約なら後からゴネるのはどうかとは思うな。そういう意味で覚悟というか思慮が足らなかったというのはオーナー側の落ち度だと思う

ama

ama

沼に嵌めておいてそれは通用せんやろ

Dowku

Dowku

>茶沢山 何を見当違いな発言してるんだ?他人の名前で、他人の作ったラインを使って商売してる人間が身勝手なこと言ってるんだから『覚悟が足りない』以外の何でもないだろ。地方?夜人がいない?そんな自分の事情ばっかり主張するから『甘え』なんだろ。だったら最初から個人商店で営業しろよ。他人の褌で商売しようとすんな。

名無しさん

名無しさん

辞める時の違約金だけやめてやれよって思う。

要(かなめ)

要(かなめ)

ランチャイズのメリットがないやん

Dowku

Dowku

馬鹿が馬鹿を擁護するから異常なことが起こっているだけ。以前騒ぎになった時から、オーナー側の言い分に一分たりとも理は無い。小学生が駄々を捏ねているのと同レベル。程度が低すぎて話しにならんよ。よっぽど甘やかされて育ったか、何でも他人の所為にしながら自分を誤魔化して生きていたかのどっちかだ。