チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ: 芸能

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/03/17(火) 19:55:42.62

    『アッパレやってまーす!』山本彩が、大手コンビニチェーン「セブン-イレブン」のことを「セブイレ」と略していると明かした。

    エンタメ 2020/03/17 16:00
    二宮 新一




    歌手の山本彩が16日放送の『アッパレやってまーす!』(MBS)に出演。コンビニの「セブン-イレブン」の略し方を明かし、ネットで反響を呼んでいる。






    ■「モスバ」に反響

    山本といえば、14日に投稿された「モスバーガーのことをモスバって言ったら笑われたんですけど言いません?」というツイートが話題になっていた。「モスバ」という略し方に、ネット上では「言わないよ!」「初めて聞いた」とツッコミが殺到。

    その結果、モスバーガーの公式アカウントから「新しい呼び名ありがとうございます」と公式認定されるまでになった。





    ■山本は「セブイレ派」

    この日、番組では「モスバ」と略して反響を呼んだ件に言及。その他に変わった略し方をしていないか探すことになったのだが、そこで山本が「セブン-イレブン」を「セブイレ」と略していることが判明する。

    主演者たちから「セブンやろ!」「セブイレって長いじゃないですか!」とツッコミが相次ぐが、山本は「関西は『セブイレ』です。これはモスバーガー(のモスバ)よりも支持されると思います」と熱弁していた。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://sirabee.com/2020/03/17/20162279104/


    【山本彩、セブンイレブンの略し方に物議 「初めて聞いた」「関西特有?」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/02/12(金) 19:39:10.29

    2021年2月12日 19時24分スポーツ報知 # 芸能

     アイドルグループ「Juice=Juice」の高木紗友希(23)がグループとしての活動を終了することが12日、公式サイトで発表された。

     高木は11日の「文春オンライン」でシンガー・ソングライターの優里(26)との交際が報じられており、同サイトでは「その上でハロー!プロジェクトのメンバーとして、自覚を欠いていると総合的に判断」と説明した。自身の今後は未定だが、イベントやライブなどグループの活動には出演しない。

     高木は2013年2月の結成時からの人気メンバー。歌唱力とパフォーマンスに定評があり、現在はサブリーダーを務めていた。
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://hochi.news/articles/20210212-OHT1T50209.html


    【「Juice=Juice」高木紗友希が活動終了 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/23(水) 06:52:45.60 ID:CAP_USER9.net

    12/23(水) 0:49配信
    東スポWeb

    ロンブーの淳(©#Twitterトレンド大賞-実行委員会)

    「#Twitterトレンド大賞」が22日夜、生配信され、今年ツイッターで話題になったトレンドワード1位は、やはり「コロナ(新型コロナ)」だった。今とんでもないブームになっている「鬼滅の刃」は5位。ただ「#鬼滅劇場版」というハッシュタグは、アニメ部門賞を受賞した。

     式の冒頭、ゲスト参加したギャル系タレントゆきぽよ(24)は、ランクイン予想を聞かれ「間違いなく鬼滅は入るんじゃないかな~って思いますね~。世の中、鬼滅、鬼滅って、鬼滅で日本の経済回ってるんじゃないかって…」と「鬼滅」を連呼した。

     一方で「鬼滅だけでは(経済は)絶対回らないですけど、大きく回してくれたことは間違いない」と指摘したのは、この日MCを務めたロンブー田村淳(47)だ。

     式後の囲み取材で淳は「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を映画館で嗚咽しながら見たことを明かした。

    「あの感動っていうか悔しさというか、いろんな思いをスクリーンから受け取ったなぁと思って。声優さんのすごさを映画館でこうまざまざと見せつけられたなっていう、『鬼滅の刃』っていう作品もすごいけど、声優さんのパワーみたいなことを感じ取れたんで、ホント『鬼滅の刃』には感謝してます。ってこれからまたね、『鬼滅の刃』の続編があると思うんで、それも来年(以降)楽しみたいなと思っています」

     また今年の芸能ニュースで一番印象的だったのは、アンジャッシュ渡部建の〝多目的トイレ不倫騒動〟だという。淳にとっては「すごく衝撃的」で、そもそも不倫報道自体に「どこまで(追及)しなきゃいけないのかな」という点で興味があるんだそう。

    「近藤真彦さんの不倫報道と、渡部君の不倫報道。ま、内容が違うとはいえ、報道の仕方にすごく差があるような、あと制裁を受けるっていうことの差もすごく感じたんで、まぁ、僕も情報番組やってるんで〝どういうふうに伝えていけばいいんだろうな〟っていうのを、すごく考えさせられる1年でしたね」

     毎年このトレンド大賞でMCを務めている淳は「芸人をずいぶん前に辞めてる」と公言し、社会派の顔がすっかり板についてきた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/56e80ce39de3bf1a152dd9e51a0407591eceff1e


    【ロンブー淳が渡部建とマッチ不倫騒動に一石「報道、制裁の差をすごく感じた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 muffin ★ :2020/12/25(金) 15:27:36.01 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cyzowoman.com/2020/12/post_318664_1.html

    12月24日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、2021年10月期に女優・新垣結衣主演の連続ドラマが放送予定だと報じた。同誌のニュースサイト「文春オンライン」では、23日時点で速報を配信していたが、この記事に対し、新垣が所属するレプロエンタテインメントの本間憲社長が、Twitterで苦言を呈している。

    レプロの本間社長は自身のTwitterで、「Yahoo!ニュース」に掲載された「文春オンライン」の記事を引用しつつ、「がはは、また文春は完全誤報だったらどーすんだ?」とツイート。

    「さらに、『いい加減ウチ関連で金稼ぐのヤメレ』『物語作品への出演は、関係者全ての繊細な作業の積み重ねで決まっていく。こういう情報をリークする事で全てが壊れ、作品自体が無くなる事もある。そんな迷惑知ったこっちゃ無いとか思わないでほしい』と、苦言を連発しています。それもそのはず、レプロと『文春』は、これまでに女優・のんの報道をめぐって、裁判にも発展していますから」(スポーツ紙記者)

    「文春」は15年に、当時レプロからの独立が取り沙汰されていたのんを直撃し、本人から“下着も買えないほど厳しい経済状態”にあったことや、“仕事を入れてもらえない”といった証言を得て記事を掲載。すると、レプロと本間社長は同誌に対して損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴。裁判は二審まで進み、今年10月、東京高等裁判所は「文春」に計440万円の支払いを命じ、文春側の上告は受理されず判決が確定した。同誌はその直後に、レプロがのんに行ったとする“仕打ち”に疑問を呈しつつ、裁判の経緯を整理した記事を出している。

    「『文春』とレプロはまさしく犬猿の仲。本間社長がTwitterで噛みつくのも無理はありません。そもそも新垣の来秋ドラマ主演に関しては、『文春』はすでに決定しているかのような書きぶりですが、あくまでまだ『TBSが出演を熱望している』というだけで、内定には至っていないのだそう。本間社長の言う通り、今回の記事は、新垣の出演自体に水を差してしまったといえます。ファンは当然、ドラマ出演に期待を膨らませているでしょうが、レプロ側からすれば、天敵である『文春』の記事を『誤報にしたい』という思惑も存在することでしょうし、果たしてどうなるやら……」(テレビ局関係者)


    【レプロの本間社長、「新垣結衣 来秋『逃げ恥』枠で主演」報道の文春に苦言「いい加減ウチ関連で金稼ぐのヤメレ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/25(金) 07:58:02.61 ID:CAP_USER9.net

    12/25(金) 7:05
    NEWSポストセブン

    美輪明宏が「もう霊感がなくなった」発言 背景にある放送倫理
    “見えなくなった”理由は…
     美輪明宏(85才)の肩書きを一言で表すことは難しい。俳優、歌手、スピリチュアルの担い手……その多才さを三島由紀夫は“聖なる怪物”と称した。そんな美輪から1つ“称号”が消えたという。
     バラエティー番組『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)で「昔は霊感があっていろいろなものが見えたり聞こえたりした。だけど、最近はバタっと何も見えなくなった」と美輪が告白したのだ。

     過去にはスピリチュアルブームの火付け役となったトーク番組『オーラの泉』(テレビ朝日系)に出演し、悩める人たちの相談に乗っていた美輪。ただ、これは10年以上も前の話。2005年4月に始まった『オーラの泉』は2009年9月に放送を終了し、以降スピリチュアル番組は徐々に減っていった。

    「番組は高視聴率でしたが、負の影響力も大きかった。巷には“オーラが見える”などと語る自称霊能師が増え、“霊感商法による被害の危険性を高める”という苦情も来ました。中学生が霊界の話を信じて自*る事態にもなり、ついには番組中に“前世や守護霊は科学で証明されたものではなく、人生をよりよく生きるヒントです”などのテロップを出すようになったのです。次第にスピリチュアル番組は淘汰されていきました」(テレビ局関係者)

     高まる放送倫理がスピリチュアル番組を終わらせた。そして美輪のような存在も、霊感を語れなくなったのである。現在、美輪は、朝日新聞の定期連載『悩みのるつぼ』や、この9月に放送されたNHKの『愛のモヤモヤ相談室』(Eテレ)など、あくまで自身の豊富な人生経験を生かした“お悩み相談のご意見番”という立場を見出している。

    「美輪さんは4~5年ほど前から“見えなくなった”と話していますが、話す内容はスピリチュアル番組のときからオーラや守護霊を抜いただけで、上からバッサリと断じる美輪節は健在。それが読者や視聴者には爽快なんです。結局、われわれは霊の力ではなくて、美輪さんのような人に教えを乞いたいという思いがあるのでしょうね」(別のテレビ局関係者)

     霊よりも生きている美輪の方がパワーがありそうだ。

    ※女性セブン2021年1月7・14日号


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/becb3a690ae094c5c3ff7f614c392870e3c001c6


    【美輪明宏が「もう霊感がなくなった」発言 背景にある放送倫理】の続きを読む

    このページのトップヘ