チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ: 女優

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    合う合わないがありますからね。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/13(日) 09:40:39.36

    今夏のドラマで大ヒットを記録した多部未華子(31)主演の「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)。初回が14%台で、第2、3話と12%台に下落したが、第6話あたりから大幅に盛り返し、最終的に平均視聴率が15%を超えた。これは脚本が視聴者に受けた典型的なパターンだし、多部の女優としての評価も上がった。最終回の視聴率は、19.6%(数字はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。同じTBS系の火曜22時枠で放送された新垣結衣(32)主演の「逃げるは恥だが役に立つ」の20.8%に及ばなかったが、平均視聴率では僅差だが「わたナギ」が上回った。つまり結果は“引き分け”といったところだろう。

     なぜこんな勝ち負けみたいな比較をするかといえば、2人が“共演NG女優”だからだ。多部は女優デビューから18年、新垣は16年が経過するが、これまで映画やテレビで共演したことは一度もない。しかし、2人の関係が険悪かといえば、“同志”や“親友”と呼んでいいくらい非常に良好だ。高校の同級生で、現在もプライベートでは仲が良く、多部は新垣のことを「ゆいぼう」と呼んでいる。

    ■高校3年間ずっと一緒だった

     新垣は高校3年間で学校を欠席する日以外、いつもランチを多部と一緒に食べていたと明かしている。高校時代、すでに仕事が忙しかった新垣に、多部がノートを貸してあげたり、勉強で分からないところがあれば一生懸命、新垣にレクチャーしていたという。女優を目指して沖縄から上京したばかりの新垣にとって、“東京で初めてできた友達”が多部だったというわけだ。

     当時、新垣は事務所の寮暮らしで、時々、東京西部にあった多部の自宅にも遊びに行っていたそうだ。時間があると2人は学校近くの目黒川沿いを歩きながら、将来の夢を語り合っていたという。まさにアオハルを絵に描いたような美しいシーンだっただろう。

     2人が高校を卒業してから2年目、多部が2009年にNHKの朝ドラ「つばさ」の主演を射止めた時、新垣はまるで自分のことのように喜んでいたと同級生は語る。

     ところが、当事者同士がこんなに仲良しなのに、キャスティングの段階になると、“共演NG”のリストに入れられてしまうというから、芸能界とは実に不思議な世界だ。

    「それはあくまで所属事務所の都合です。女優をプロモーションしていくに際して、同い年でキャラクターが重複するとなれば、何としても共演を避けようとするのが芸能界。仮に共演にこぎ着けたとしても、今度はクレジットの順番を巡ってひと悶着が起きることは火を見るよりも明らかですからね」(芸能関係者)

     こんな事情もあるだけに、新垣が「逃げ恥」で開拓したTBS火曜ドラマ枠のメインキャストに抜擢された時、多部の心は「うれしい」と「どうしよう」のはざまで激しく揺れ動いたに違いない。

    「コロナ禍の影響で、『わたナギ』のレギュラーオンエア前に『逃げ恥』の特別バージョンが流されたのですが、この『逃げ恥』のエンディングで多部がキレッキレの“恋ダンス”を披露して大騒ぎになりました。実はこのアイデア、多部側が提案したもので、関係者の間では親友の新垣へのエールだった……と解釈されています」(テレビ関係者)

    「逃げ恥」をリスペクトしつつ、「『わたナギ』も負けないわ!」という多部のメッセージだったのかもしれない。

     所属事務所の熱心なプロモーションもあって、新垣の方がしばらく若干リードする形となったが、多部も朝ドラ主演以降、演技派として確固たるポジションを築いている。こうなるとますます2人の共演作を見てみたい気もするが、芸能界の旧態依然とした慣習が改善されたらそれが許される時も来るかもしれない。

     2人が絡んだら、一体どんなドラマ、映画になるのだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b52f3895c7f16eba15747054f3b3722aa5c5296a

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【多部未華子と新垣結衣は共演NG?真相は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    本当に自殺だったのか…。

    1 ひかり ★ :2020/09/14(月) 23:14:02.97

     俳優の芦名星(せい)さん(36)が14日朝、東京都新宿区の自宅マンションで死亡しているのが見つかった。捜査関係者によると、現場の状況から自殺を図ったとみられる。現場に遺書などはなく、警視庁戸塚署が詳しい死因を調べている。

     芦名さんは福島県郡山市出身。ファッションモデルとしてデビュー後、俳優となりテレビドラマ、映画を中心に活躍してきた。

     主な出演作にNHK大河ドラマ「八重の桜」や「相棒」「テセウスの船」などがある。今年1月公開の映画「AI崩壊」にも出演した。

    産経新聞

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e0225ffab28a4ba3a821e644a1a332e9f9f43185


    【女優芦名星さんの自殺現場に遺書なし。事件の可能性は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    親が虐待と思うならそうなのかもしれませんね。

    1 ひかり ★ :2020/09/15(火) 07:37:09.15

    《さて突然のことで誠に恐縮ではございますが、弊社所属の華原朋美の専属契約解除のご報告をさせて頂きます》

     9月14日深夜、尾木プロダクションがこのような声明を出し、同事務所を退社していたことがわかった華原朋美。小室哲哉とともに音楽業界のスターダムを駆け上った彼女の現在は、ほの暗さと謎に満ちている。

    「昨年夏に念願の第一子を授かったばかりですが、お相手の男性が“外資系企業に勤務する一般男性”ということしか報道されないなど、謎が多いです。現在も特にこれといった仕事があるわけでもなく、事務所が運営する有料ブログも子育てのことを中心に綴ってきましたが、それも7月ごろからストップしています」(スポーツ紙記者)

     2007年、度重なる体調不良で仕事の継続が不可能だと判断されると、尾木プロから契約を解除された華原。2012年に同事務所に再所属というかたちで芸能活動を再開していたのだが、ここ最近は出産などもあり、活動にも陰りがみえてきていた。そんな彼女の名前を久しぶりに大きく取り扱ったのが、9月11日に発売された『FRIDAY』(9月25日号)が報じたスクープだった。

    「《華原朋美が愛息虐待騒動で高嶋ちさ子と大モメ》といった内容の記事で、互いに“親友”と認め合うふたりだっただけに驚きましたね。お子さんが生まれたばかりの華原さんが、信用する高嶋さんが“かつて自分の子どもたちも預けた”というベビーシッターA子さんを雇ったところ、1歳になる直前のお子さんに対し、“哺乳瓶をくわえている最中に逆さ吊り”をしていたことがわかり、これは虐待だということでトラブルになったそうです」

     記事によると、A子さんの日頃の言動を不審に思った華原が部屋の防犯カメラの映像を確認したことから今回の一件が発覚し、A子さんは即刻解雇。しかし、そのことを高嶋にLINEで相談したところ、

    《これのどこが虐待なの? うちもこれ大好きでいっつもやってもらってた(中略)もしもこれを虐待と取るのだとしたら、おかしいよ》

     と返されたのが不和のきっかけになったという。この一連の報道について眉をひそめるのが、ことの真相を知る大手レコード会社幹部。

    「実はこの記事、華原さんの“持ち込み”から始まったものだそう。あくまで華原さんの友人による告発というテイをとり、彼女が直撃取材を受けるといった構成になっていますが、入念な打ち合わせが行われていたようです。誌面には防犯カメラの映像を切り取った画像や、高嶋さんとのやりとりが書かれたLINEのスクリーンショットも掲載されていますが、それらも本人が掲載を“公認”したものです」 

     記事中ではベビーシッターの行為について、複数の専門家にコメント取材を行い、「明らかに虐待」といった発言も引き出しているが、実はこの一件、すでに“解決済み”のことだったらしく、

    「愛息がこのような仕打ちをうけてパニックになった華原さんですが、結局、警察も介入する事態になったんです。そして、さまざまな検証が行われた結果、“虐待ではない”という判断がくだされました。つまり、すでに記事が出る前に終わっていたハズの話なんですよ」(同前)

    以下略 週刊女性

    https://news.yahoo.co.jp/articles/af5e56d369fc7639248e0004f31292483f2130fc?page=1
    https://news.yahoo.co.jp/articles/af5e56d369fc7639248e0004f31292483f2130fc?page=2


    【華原朋美と高嶋ちさ子の“愛息虐待騒動”の全真相とは。絶縁も。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    何があったのでしょう。

    1 Absolutely ★ :2020/09/15(火) 12:47:14.55

    芦名星さん、自殺か 自宅で首をつっている状態…親族が発見 36歳衝撃の幕引き
     
     女優の芦名星さんが14日午前、東京都新宿区の自宅マンションで死亡しているのを親族が発見したことが、同日分かった。36歳。関係者によると首をつっている状態だったという。遺書は見つかっていない。警視庁は自殺とみて調べている。芦名さんは、10月開始のテレビ朝日系ドラマ「相棒 season19」などに出演。雑誌グラビアにも登場するなど、精力的に活動していただけに、突然の訃報に衝撃が走った。  

     また芸能界に悲報がもたらされた。多くのドラマや映画などで存在感のある演技を見せていた芦名さんが、急逝した。

     所属事務所のホリプロによると、14日午前、東京都新宿区の自宅マンションの室内で亡くなっているのを親族が発見した。死因については「現在、調査中です」としたが、捜査関係者によると、首をつった状態で、自殺を図ったとみられる。警視庁が詳しく調べている。現場付近では当時、男性の泣き叫ぶような声が聞こえた後に、救急車や警察車両が到着。周辺は騒然となったという。近隣住民の女性は「洗濯物を干していると、ベランダ越しにあいさつをするような人」と気さくな人柄に言及。「女優さんとは知らなかった」と驚いた様子だった。

     芦名さんは、10月スタートのテレビ朝日系「相棒 season19」に出演。放送開始を待つ状況だった。関係者によると、今後も映画やドラマの出演が決まっていた。また、この日発売された「週刊プレイボーイ」では、グラビアで入浴シーンを披露。仕事は順調そのものだった。

     ホリプロは同日夜、公式サイトで「訃報」として芦名さんの急逝を報告。把握している事実関係を記すとともに「こうしたご報告を差し上げることは大変辛く、悲しく、残念でなりません。大切な仲間の突然の訃報に接し、所属タレント・社員共に、今はまだ現実を受けとめることすら出来ない状態です」と、ショックの大きさをつづった。

     福島県郡山市出身の芦名さんは、02年にモデルとしてデビュー。06年以降は女優に専念し、ドラマ、映画を中心に活躍してきた。主な出演作は、NHK大河ドラマ「八重の桜」や「相棒」、「テセウスの船」など。今年1月公開の映画「AI崩壊」にも出演した。
     演技力を高く評価され、しっかりとキャリアを積み上げていた中での死。あまりにも突然に、実力派女優が生涯の幕を下ろした。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b913cef23d006ce87727765f8cffb9878a9680ed
    前スレ
    【芸能】芦名星さん死去、首をつった状態で自殺を図ったとみられる 現場付近では男性の泣き叫ぶような声が聞こえた [豆次郎★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600118187/


    【芦名星さんが自殺で死去。首をつった状態で発見。現場付近では男性の叫ぶ声。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    自殺ほど悲しいものはないのではないでしょうか。

    1 ファムシクロビル(東京都) [PA] :2020/09/15(火) 19:53:13.43


    女優オ・インヘさんが愛する人のそばを離れてしまった。

    故オ・インヘさんは14日午前、自宅で自殺を図り、知人の通報を受けて出動した救急車に乗って近くの病院の緊急治療室に運ばれた。応急処置の過程で脈拍と呼吸が戻ってきて希望も見えた。

    このようなニュースが伝えられると、ファンはオ・インヘさんのSNSに応援のコメントを送った。わずか2日前までは、明るい日常をファンと共有していた彼女だけに、多くは高速な回復とさらに力強い日常復帰を祈った。

    しかし、オ・インヘさんは閉じた目を覚まさなかった。病院葬儀市場側は15日、「故オ・インヘ氏の遺体安置所が本病院に用意された」と説明した。出棺は16日午前0時。

    故オ・インヘさんは、2011年釜山国際映画祭のレッドカーペットイベントで露出度が高い破格のドレスで一躍スターダムに上がった。以後、「マスタークラスの散歩」、「Wish Taxi」、「君に泳げ!」、「馬医」などに出演した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200915-00270572-wow-asent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【女優オ・インヘが自殺するも一時意識戻る。】の続きを読む

    このページのトップヘ