チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ: 俳優

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    及川 光博(おいかわ みつひろ、1969年10月24日 - )は、日本のミュージシャン、シンガーソングライター、俳優。業務提携先はホリプロ。2015年まではマザーエンタープライズに所属。所属レコードレーベルはColourful Records。 東京都大田区出身。成城大学法学部卒業。愛称は「ミッチー」。
    47キロバイト (6,083 語) - 2019年12月2日 (月) 12:01



    (出典 image.jimcdn.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/08(日) 10:20:22.80 ID:CkwtPpQC9.net

    俳優・木村拓哉主演の日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)の第8話が8日に放送される。1日の前回放送分は、平均視聴率が11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、初回から連続で2桁をキープしている。

    同ドラマは、木村演じるフランス料理の天才シェフが、ミシュランの三つ星を狙う物語。前回の放送では、木村の同僚シェフを演じる俳優・及川光博の熱演シーンが注目を集めた。放送後には、多くの視聴者から「感動で涙が止まらない」などと賞賛する声が寄せられ、及川の演技力の高さを見せつける形となった。

    及川というと、舞台演劇俳優とバンド活動を経て、1996年に『モラリティー』で歌手デビュー。98年放送のドラマ『WITH LOVE』(フジテレビ系)に出演し、以降は俳優としての活動を中心とした。

    私生活では、大の宝塚ファンと公言。そのかいあってか、2011年7月に元宝塚の月組トップスターで女優・檀れいと結婚した。及川は、檀に「僕の帰る場所になって」とプロポーズしたといい、当時は大きな話題となった。

    憧れのタカラジェンヌとの結婚にさぞかし満足したはずの及川だったが、新婚ホヤホヤの同年9月に不倫疑惑を『女性自身』(光文社)にスッパ抜かれたのだ。

    記事によると及川はある日、30代の美女と和食店に入ったという。約1時間半後に2人が店を後にすると、外は雨が降り始めていたのだが、女性はすかさずビニール傘を開き、その傘の中に及川は収まったという。

    しかも、及川自身の手には傘があるにもかかわらず、2人は恋人同士のように相合い傘で歩き出し、串揚げ店へとハシゴしたようだ。2人の密会は6時間にも及び、及川の左手薬指に光るはずの結婚指輪はなかったという。

    「結婚当初から“偽装結婚”とささやかれていた元夫婦ですが、檀は心配する友人たちに『女性は(檀の)知り合いだから大丈夫よ』と漏らしていたようです。当時夫婦は、新居を探しているとの理由で別居中だったといいます。ところが、この報道で夫婦のキューピッドとなった俳優・水谷豊が大激怒したそうです。愛妻家の水谷からすれば、新婚早々にプライベートで他の女性と酒を飲むこと自体、言語道断でしょう。

    しかも、女性は水谷と及川が共演していたドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の元スタッフといわれています。そのせいからか、撮影現場の空気は悪くなり、2012年3月に及川が降板したのは“不倫”が原因だったのではともっぱらの噂でした」(ドラマ関係者)

    その後も夫婦の“仮面ぶり”には注目が集まったが、それまでの不仲説を一蹴するかのように、2015年5月放送の『新チューボーですよ!』(TBS系)に檀が登場。檀はレギュラー出演者から及川との私生活について聞かれると、赤面しながらていねいに回答するなど、サービス旺盛な対応を見せた。さらには「及川家風そうめん」も紹介し、夫婦仲の良さをアピールしたのだ。

    しかし2018年11月、7年間続いた結婚生活に夫婦はピリオドを打った。檀は離婚の際、義母に当たる及川の母に直筆の手紙を送り、離婚を詫びたようだ。同誌の直撃取材に応じた及川の母は、「すごくいいお嬢さんでしたから…」と語り、「ただただ残念で仕方ありません」と予期せぬ結末に涙を流して答えたという。

    ところが、離婚した元夫婦は今なお良好な関係を築いていることが一部報道で報じている。及川が離婚届を提出した後に、元夫婦は“打ち上げ”と称して食事をし、さらには及川のライブのリハーサルに檀が差し入れをしているそう。檀は多忙な及川に対して今まで通りに体調に気を配っているという。さらに、檀が毎朝欠かさない“飲む点滴”ともいわれる自家製の甘酒のレシピを及川は受け継ぎ、今も愛飲しているようだ。

    多忙を極める元夫婦だが、今後は“同士”として斬新な関係を築き上げていくようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2107711/
    2019.12.07 21:00 リアルライブ


    (出典 Youtube)

    フィアンセ に なりたい"(Fiance Ni Naritai) "及川光博 "(Oikawa Mitsuhiro) PV


    【及川光博、『相棒』元スタッフとの不倫疑惑が原因で降板? 檀れいと義母の関係は【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    武田 真治(たけだ しんじ、1972年12月18日 - )は、日本の俳優、タレント、サックスプレーヤー、声優、ナレーターである。愛称は「シンディ」「筋肉サックス」。北海道札幌市北区篠路出身。ホリプロ所属。身長165cm、血液型AB型。北海道札幌北陵高等学校から都立高校に転校して卒業。
    35キロバイト (4,371 語) - 2019年12月3日 (火) 05:57



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 フォーエバー ★ :2019/12/08(日) 16:37:04.61 ID:VYPK10hF9.net

    タレントで俳優の武田真治(46)が7日放送のTBS「人生最高レストラン」(土曜後11・30)に出演。食べる物に困ったほどだったという10代の極貧生活を明かした。

     16歳の時「ジュノンスーパーボーイコンテスト」でグランプリを獲得。芸能界入りし、地元北海道から上京したが、デビューしてから2年間ほどはお金がなく「まったく食べられない時期があった」という。

     「夜間の学校に通っていたのでアルバイトもできなかった」。定時制の学校では夕食が提供されたため「平日は1日1食は保証された」が、休日はそうはいかず。「ゴールデンウィークが来ちゃって。連休が来るときつい。冷蔵庫の中に何もなくて」と振り返った。

     あまりの空腹のため「1回、ティッシュにマヨネーズを付けて食べてみたんです」。棒状にし、野菜スティックならず「ティッシュスティック」として挑戦したという。「こういう時代を忘れたくないなと」と武田。「頑張れるし、感謝もできるのかなと思うので」と語り、共演者をうならせた。

    12/8(日) 12:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00000196-spnannex-ent

    (出典 i.imgur.com)


    【武田真治「ティッシュにマヨネーズ付けて…」極貧時代の苦労を忘れない理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    田中 俊介(たなか しゅんすけ、1990年1月28日 - )は、日本の俳優・タレント。男性グループBOYS AND MENの元メンバーである。 愛知県出身。モデルとして芸能の仕事をはじめ、セントラルジャパンに所属。2010年にBOYS AND MENに加入して、その後フォーチュンエンターテイメントへ移籍。BOYS
    27キロバイト (3,349 語) - 2019年12月1日 (日) 00:23



    (出典 newslounge.net)



    1 牛丼 ★ :2019/11/30(土) 23:02:38 ID:0kf2svrj9.net

    東海エリアを拠点に活動するエンターテインメント集団、“ボイメン”ことBOYS AND MENの田中俊介(29)が、きょう11月30日をもってグループを脱退するとともに、所属事務所フォーチュンエンターテイメントを退所することが公式サイトで発表された。田中は3月からグループ活動を休止していた。

     公式サイトによると、昨年12月に「適応障害」と診断されたが、「完全に活動を休止せず出来る仕事は続けながら治療にあたりたい」と本人が希望したとし、医師の指導のもと、3月14日に「体調不良」としてグループ活動休止を発表しソロ活動を続けてきた。

     しかし、回復の兆しが見えず「これ以上メンバーや事務所、そしてファンの皆様、関係者の皆様に余計な心配や迷惑をかけたくないと、本人から申し出があり、何度も話し合い、熟慮した結果、脱退と退所という苦渋の決断に至りました」と説明。「ファンの皆様、関係者の皆様には大変急なご報告となりましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

     田中も自身のブログを更新。「日に日にグループ活動が思うようにできなくなっていく自分がいました。そして、昨年12月に病院で適応障害と診断されました。自分でもよく分からない、経験したことのない症状に戸惑い悩みました」と苦悩していたことを打ち明け「そのタイミングで本当のことをちゃんとお伝えしたかったのですが、色々熟慮した結果、体調不良のためという発表しか出来ずに、余計な心配や憶測、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした」とファンにお詫び。

     続けて「回復に向けて努めてまいりましたが、気持ちとは裏腹に一向に回復の兆しが見えませんでした。月日が経つにつれ、こんな状態にも関わらずBOYS AND MENと名乗ることに対しての心苦しさ、このまま迷惑をかけ続けることへの申し訳なさがどんどんと増していき、誠に勝手ではございますが、最終的に脱退、退所という決断をさせていただきました」と説明した。

     初期メンバーの田中は「結成時から約10年間全てを捧げ愛情を注いできたBOYS AND MENからこのようなかたちで離れることになるとは私自身も想像もしていませんでした。復帰を信じ待ってくださっていた皆様、私の帰る場所を守ってくれていたメンバーのみんなを裏切ってしまい本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と胸中を吐露。

     今後については「改めて自分自身と向き合いながら、フリーランスで役者として活動していきます。皆様がいて自分が存在します。感謝の気持ちを忘れず、皆様に応援していただけるよう精進します」と記した。

     BOYS AND MENも「メンバー9名で更なる飛躍を目指し、ボイメンらしくガムシャラに夢に向かって走り続けます」としている。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17460018/


    【田中俊介、適応障害を公表しグループ脱退&事務所退所】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    菅田 将暉(すだ まさき、1993年2月21日 - )は、日本の俳優、歌手。大阪府箕面市出身。トップコート所属。 2007年、アミューズが行った「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが、落選する。 2008年、第21回ジュノン・スーパーボー
    93キロバイト (11,610 語) - 2019年12月2日 (月) 04:51



    (出典 hochi.news)



    1 muffin ★ :2019/11/30(土) 13:18:18 ID:ZWOsmsju9.net

    https://myjitsu.jp/archives/100890
    2019.11.30

    若者から圧倒的な人気を誇り、ついには歌手として『NHK紅白歌合戦』への出場も決めた菅田将暉。しかし近ごろ、後輩に足を引っ張られる形で好感度が下がっているという。

    「問題は、強烈なキャラクターで各バラエティー番組をにぎわせている歌手・俳優・モデルのYOSHIです。16歳の彼をもともと大絶賛していたのが、菅田。今年9月公開の映画『タロウのバカ』で共演したYOSHIを褒めていたのですが…」(芸能記者)

    こうした経緯から、YOSHIは?菅田将暉が認めた男?として番組に出演していくことに。しかし、テレビでは明石家さんまにタメ口で話したり、収録裏でのチャラついた行動も暴露され、ネットではプチ炎上。当の本人はそんな炎上を気にしていないようだが、その火は菅田にまで飛び火し、

    《YOSHIを持ち上げてる菅田将暉も嫌》
    《YOSHIって人 礼儀がなってなくて不快だわ笑笑 菅田将暉あんな人好きなの? 人間性疑う》
    《YOSHIって奴なんもかっこよくないしカラオケのソファに土足で乗るようなただの常識ないやつだよ。菅田将暉の好感度も下がるし映画も見る気なくなった》
    《脳みそ小学三年生。 あんなのが取り上げられるなんて世も末。菅田将暉のセンスを疑う》
    《菅田将暉への熱い風評被害》
    《YOSHIごときのせいで、菅田将暉まで嫌いになりかけてるわ。YOSHI君、君はもう菅田将暉の話題は出さないでください。お前と違って礼儀も能力も雲泥の差やからな》

    などといった声が上がっている。

    「YOSHIは菅田のことを?将暉?と呼び捨て、菅田はそんな生意気な部分も含めてかわいがっているようです。また、YOSHIがネットでたたかれていることについても、『狙い通りだな。行け行け』と後押し。しかしまさか、その批判が自分に及ぶとは、想像もしていなかったでしょう」(同・記者)

    ファッションなど?センスの良さ?が持ち味でもあった菅田。人選びのセンスについては、評価が割れているようだ。


    【菅田将暉の好感度がますます急低下。理由は?復活は難しい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    田中 (たなか けい、1984年7月10日 - )は、日本の俳優。トライストーン・エンタテイメント所属。東京都出身。 渋谷教育学園幕張中学校・高等学校卒業。中学3年生の時、母の勧めで雑誌『Audition』に掲載されていた「21世紀ムービースターオーディション」に応募、最終選考まで進みながらも入賞
    67キロバイト (8,842 語) - 2019年11月30日 (土) 00:07



    (出典 d17egyts7igch8.cloudfront.net)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/11/28(木) 07:06:16.99 ID:NMc22gi19.net

     田中圭主演映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』が、2020年6月に公開されることが決定した。

     本作は、1998年長野五輪、日本中が歓喜に沸いたスキージャンプ団体、悲願の金メダルを陰で支えた25人のテストジャンパーたちの知られざる物語を映画化するもの。主人公は、スキージャンパーの西方仁也。1994年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦で、日本代表を牽引するも、エース原田雅彦のジャンプ失敗で金メダルを逃し、長野五輪での雪辱を誓うも故障で代表落選し、テストジャンパーとなって日本代表選手たちを裏方として支えた。

     物語は、西方の金メダルへの強い想い、それを打ち砕く挫折、原田との友情、そして怒りと嫉妬、それでも仲間のために、日本のために、命の危険を顧みずテストジャンプに挑む人間ドラマを映し出す。また、長野五輪での手に汗握る団体戦の攻防、吹雪による競技中断、そんな中、競技が再開できるかを図るために行われた、西方率いる25人のテストジャンパーたちの決*テストジャンプを、史実に基づいて描く。

     主人公・西方仁也役を、『おっさんずラブ』シリーズ(テレビ朝日系)、『あなたの番です』(日本テレビ系)などの田中が演じる。監督は、『荒川アンダーザブリッジ』の飯塚健が務める。

    ■コメント
    ●主演:田中圭
    冬は寒いので苦手なのですが、この作品のおかげでワクワクしています。雪山も楽しみです。みなさんが知っている話の中に、みなさんが知らない人間ドラマが沢山ありました。
    力をもらえる脚本ですし、撮影が楽しみです。
    スタッフ・キャスト全員で一丸となって、映画のK点越えを目指していきたいと思います! 楽しみにしていてください! 応援宜しくお願いします!

    ●監督:飯塚健
    オリンピック22年振りの国内開催の年に、オリンピックに関する映画をつくれること、たいへん光栄に思います。大逆転の金メダルの裏側には、記録に残らない戦いがありました。1メートル先も見えない吹雪の中で、バトンを繋ぐように、たすきを繋ぐように、スタートを切ったテストジャンパーたちの物語です。過酷な場所での撮影となりますが、我々チームもそのソウルを見習い、無事に着地を決めたいと思います。また、現場ではお会いしたことがなかった田中圭さんとようやくご一緒できることも、本当に楽しみです。初のセッション、ご期待下さい。

    ●西方仁也
    1998年の長野オリンピックで日本が団体戦(チームジャンプ)で金メダルを取ることができた事が映画化されることで、金メダルを取れた選手とテストジャンパー達の気持ちが一つになって獲得できたという事実が、伝えられたらいいと思います。テストジャンパーは皆、オリンピックを目指していましたが、出ることができなかった選手の集まりです。初日から日を増すごとに日本人の活躍を応援する気持ちが強くなってきて、団体戦(チームジャンプ)当日の悪天候の時には皆が一つになって日本の為に何とかしたいと言う気持ちになっていました。私の役を演じて頂くのが田中圭さんと聞き大変驚きました。田中さんと言えば、ドラマ、映画、CMと大活躍されておりテレビで見ない日はありません。コメディでもシリアスでも、そして善人役、悪役でもすべての役をご自身のものにされる、素晴らしい演技のできる俳優の方だと思います。そんな田中さんの出演されている作品を見ていると私の若い時を思い出しました。スキージャンプをしていたおかげで今の自分があると思っております。田中さんにもこの作品を通してスポーツ選手達の辛さや嬉しさ、優しさ、悲しさなどを伝えていただきたいと思います。


    11/28(木) 5:00配信 リアルサウンド
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191128-00010001-realsound-ent

    (出典 realsound.jp)


    【田中圭が長野五輪スキージャンプ金メダル影の立役者に 『ヒノマルソウル』2020年6月公開へ】の続きを読む

    このページのトップヘ