チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ: スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/08/17(火) 06:01:01.22

    8/17(火) 4:48配信 スポーツ報知
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aca14216bf97e47eed07e8cca2ddb4451742d24e

     テニスの4大大会、全米オープン(OP、30日開幕・米ニューヨーク)の前哨戦、ウェスタン・アンド・サザンOP(米シンシナティ)に出場する女子テニス世界ランキング2位大坂なおみ(日清食品)が16日、大会前の公式オンライン記者会見に出席した。質疑の途中で泣き出して約4分間中断。再開後は落ち着いた様子で再び質問に答えた。大坂が記者会見に登場するのは5月9日のイタリア国際開幕前会見以来だった。

     会見場にはヘッドバンドに日本語で「大坂なおみ」と描かれたヘッドホンをして登場。会見序盤は、東京五輪の感想、五輪期間中に心の健康を訴え棄権し、復帰した体操女子のシモーン・バイルス(米国)に対しての思い、記者会見についての考えからなどを語っていた。

     泣くきっかけになったのは、地元シンシナティの記者が記者会見の方式やメディアとの関係性を問うた質問。数秒黙って「ごめんなさい、考え中」と上を向くなどした。司会者が「次の質問に移りますか?」と聞いたが「興味深い話題なので答えたい。もう1度質問を言ってほしい」と自ら求めた。改めて「会見が好きではないとのことだが、よりよい方法があるなら探りたいと思う」などと問われると「私はみんなのために話すことはできない。自分のためにしか話せない。でも若い頃からメディアにたくさん興味を持たれて、それは自分のバックグラウンドも一因だと思う。第1に私はテニス選手であって、だからこそ多くの人に興味を持ってもらえているのだと思う」などと答えた。

     答え終わった後から泣くのを我慢するような様子をみせた。旧知の記者から全米OPに向けての準備、ハイチへの思いなどの質問を聞いているうちに、涙がこらえきれなくなり、記者が「ごめんなさい」と言うと「いえ、あなたはとてもいい人だから」と言いながら、涙があふれた。司会者が「少し休憩をとりましょう」と促し、オンライン画面を一時切断。約4分の中断後、「先ほどの質問をもう1度。その後は日本語の質問に移ります」と再開させた。大坂は英語の質問に1つ、日本語の質問に3つ答え、約20分間の会見を終えた。


    【大坂なおみ、約3か月ぶりの記者会見で泣き出し中断 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 ゴン太のん太猫 ★ :2021/08/17(火) 06:08:24.00

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202108160000823_m.html
     日本ハム栗山英樹監督(60)が16日、暴力問題の渦中にある中田翔内野手(32)へ、他球団への移籍や放出も選択肢の1つとの持論を明かした。

     神戸市内で騒動後、初めて取材に応じ「正直、このチームでは難しいかなっていうのは思っていて」と放出の可能性を示唆。
    中田への親心を抱きながら、今後もプロ野球選手としての復帰の道を模索していく。

     栗山監督は、迷いなく言い切った。暴力問題で揺れる中田に対し「ファイターズで『さあ(復帰に向けて)行きますよ』っていう軽い事ではない。それぐらい重く受け止めている。
    ただ、なんとなく自分で感じているのは正直、このチームでは難しいかなっていうのは思っていて」と、他球団への放出も辞さない考えを示した。

     背景には、揺るがない親心がある。中田は今月4日、同僚への暴力行為で無期限の出場停止処分を受けた。

    栗山監督は電話越しに「しっかりと長い間、電話で話し込んだ」と明かし「次のステップを踏むためには、ちゃんとみんなに謝って、言われることも受け止めて、我慢して、前に進むしかないんだとしっかり伝えた」。
    才能ある中田の野球人生を途絶えさせてはいけないという思いから「放出」の可能性を挙げた。

     事態の重さは、切々と感じている。「オレとしては一生懸命(中田を)前に進めてきて、向き合ってきたつもりなんだけど、この結果は『つもり』でしかなくて。結果が出なければ、やったことにはならないので、オレも本当に責任を感じている」と眉間にしわを寄せた。

    「何とか、何とか、何とかもう1回、再生するチャンスをもらった中で野球をやらせてやりたいっていう思いはオレの中にあるから」と信じている。

     栗山監督 世の中の人はそんなの甘いだろって、野球やめさせろよって、もちろんそういう意見が出てくるのも分かる。それも分かる。オレも分かっている。
    ただ人は、やっぱり失敗したりとか間違いも起こしたりする時に、まず謝って許されるのであれば、またもう1回やり直すチャンスっていうのは、どこの社会でも考えてあげるべきだと思っていて、というだけの話なので。

     今季のトレード期限は8月31日までで、それまでに成立しなければ、トレードの可能性はシーズンオフとなる。

    監督就任から10年、ともに歩んできた主砲の野球人生を案じながら、矢面に立って導き出した選択肢の1つ。今後もプロ野球選手としての復帰の道を、一緒に模索していく。


    【日本ハム栗山監督、中田翔放出の可能性示唆「正直このチームでの復帰は難しい」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 首都圏の虎 ★ :2021/08/15(日) 10:18:40.40

    ◆米大リーグ エンゼルス―アストロズ(14日・アナハイム=エンゼル・スタジアム)

     エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地でのアストロズ戦に「1番・DH」で出場。11日のブルージェイズ戦以来、3試合ぶりとなる39号アーチを放ち、1982年にレジー・ジャクソンがマークした左打者のシーズン最多本塁打の球団記録に並んだ。

     ジャクソンはヤンキース時代の1977、78年の2年連続世界一に貢献。特に77年のワールドシリーズで放った3打席連続本塁打は「ミスター・オクトーバー」という異名とともに伝説として語り継がれているメジャー通算563本塁打の外野手で、1993年に殿堂入りを果たした。

     大谷は、6月は13本塁打、7月は9本塁打を放ち、2カ月連続でア・リーグの月間MVPを獲得するなど好調だったが、8月に入ってペースダウンし、一時は月間打率が1割を切るまでに落ち込んだ。だが、本塁打のタイトルを争うブルージェイズのゲレロの前で38号を放った11日から4試合連続安打と持ち直してきた。

     伝説のスラッガーに並び、ついに節目の40号に王手をかけた。プレーオフ進出に向けて負けられない戦いが続く中、投打でチームを引っ張っていく。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3f6da3ceb458b235bed0cca33b3001fdddd4d557


    【【MLB】大谷翔平が3試合ぶりの39号 左打者ではレジー・ジャクソンに並ぶ球団最多記録 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 jinjin ★ :2021/08/03(火) 07:33:48.83

    【侍ジャパン】建山コーチが2試合連続失点の青柳に奮起促す「次に必ず生かしてくれる」


    東京五輪で悲願の金メダルを目指す野球日本代表・侍ジャパンは2日、決勝トーナメント・準々決勝の米国戦(横浜)に延長タイブレークの末、7―6でサヨナラ勝ち。ベスト4進出を決めた。
    試合後には建山義紀投手コーチが取材に応じ、青柳晃洋投手(阪神)について言及した。


    青柳はオープニングラウンドA組初戦のドミニカ共和国戦(7月28日、福島)で両チーム無得点の7回表に登板し0回2/3を2失点。
    この日も3―3と同点の5回にマウンドへ上がったが、無死一、二塁のピンチを招き4番・カサスに3ランを献上。
    2試合連続で打ち込まれた。


    建山コーチは「青柳をイニングの頭から出したかった。試合に勝つためにそういう登板(起用)をしている」と継投の意図を説明した上で「やっぱり慣れない中継ぎを彼にさせてしまっている負担はある。今日は失点をしたが、次に必ず生かしてくれると思う」と期待を寄せた。


    また、今後の登板の可能性を問われると「2試合投げて次につながる何かを感じてくれたと思う。次もあのような場面で頑張ってもらいたい。本当に彼に負担をかけて申し訳ないが、あそこ(大事な場面)でやってもらうために呼んでいるので、次に期待したい」と奮起を促した。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/15da34b6d24f4085fb3969aaf1329b98f7e591b5


    【【五輪】侍ジャパン 2試合連続失点の青柳晃洋に建山コーチが奮起促す 「次に必ず生かしてくれる」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    先が見えませんね。

    1 征夷大将軍 ★ :2020/07/28(火) 20:57:51.77

    来年3月の開始を予定しているサッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選で、日本代表の試合の地上波テレビ中継が暗礁に乗り上げている。これまで放映権を持っていた、テレビ朝日は契約満了で撤退。アジアサッカー連盟(AFC)が来年から8年間の放映権契約を、香港が本社の代理店と2000億円超という途方もない金額で結んだため、日本のテレビ各局は二の足を踏まざるを得ない状況だ。日本協会も4年に1度のドル箱を失う危機に、焦りの色を濃くしている。(編集委員・久保武司)

    新型コロナウイルスに続いて、日本サッカー協会にダブルパンチの非常事態だ。4年に1度、日本列島を大いに沸かせてきたW杯切符を懸けた最終決戦が、最悪の場合、地上波で放送できない可能性が浮上している。

    コロナ禍で中断中の2次予選F組で、首位につける日本の突破は確実な情勢。ただ、最終予選は来年の話だからといって、のんびり構えている関係者などいない。半年前の段階で地上波の放送予定が未定というのは、明らかに異常な状況だ。

    これまでテレビ朝日が視聴率アップの柱として、「絶対に負けられない戦い」を大々的に放送してきたが、契約満了に伴い撤退。AFCの契約更新の時期には毎回、テレ朝と他局の激しい放映権争いが繰り広げられてきたというのに、せっかく空いた席にどこも名乗りを上げないのだ。

    この無風状態を引き起こした原因は、AFCが提示した新たな放映権契約にある。今回は「中東圏を除く全世界でAFC主催試合を放映できる」ことが売り文句。推定総額20億ドル(約2100億円)という超大型の8年契約で、スイスと中国の合弁企業「DDMCフォルティス」と合意した。日本のテレビ局が放送するには、同社との交渉が必要になる。

    民放関係者は「サッカーW杯の最終予選となれば、20%以上の視聴率も期待できる。これまでとほぼ同じ放映権料なら、手を挙げるところはあると思う。しかし、とても太刀打ちできる金額ではない」と苦虫をつぶす。

    テレ朝がAFCと結んできた放映権契約は、最高でも4年総額で170億円台。あまりのケタ違いで、契約更新を見送らざるを得なかった。この余波で、2002年から18年間続いてきた同局の長寿サッカー番組「やべっちF.C.~日本サッカー応援宣言~」も、「8月いっぱいで打ち切りが決定的」(テレ朝関係者)。AFCの映像を「PR素材」として放映できなくなったのが、致命傷となった。

    日本協会も懸念を強めている。今や国民的行事のW杯最終予選が、テレビ地上波で流れないとなると、告知やPRが弱まる問題にとどまらない。協会に入る億単位の放映権料も大幅減額となる。代表戦は人気も手伝い、親善試合でも1試合1億円が最低価格。最終予選はさらに高値だったが、ビジネスモデルが根底から崩壊しかねない。

    日本の代理店は窮余の策で、AFCが主張する8年契約の半分となる4年契約の妥協案を打診も、AFC側は「8年契約は譲れない」と強気一辺倒。日本協会は最終予選を含む代表戦の配信契約の検討にも入ったが、民放関係者は「配信になったら地上波で代表戦は一切、放送できなくなる。代表人気は確実に低下すると思います」と警鐘を鳴らす。地上波から消えたコンテンツは、国民的な人気を維持できない。日本サッカー界の未来が危機に瀕している。

    ヤフーニュース 配信元は夕刊フジ 2020.7.28
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fd3446c33a15dce0b656845ae00f35ae3d2273be


    【サッカーの日本代表が次々にコロナに続き大ピンチ! 「22年W杯最終予選」地上波で見られない!? AFCの法外な放映権料にテレ朝が撤退】の続きを読む

    このページのトップヘ