チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ:お笑いタレント・モノマネ芸人・芸人 > 加藤浩次

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年4月26日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者、ニュースキャスター、お笑いコンビ・極楽とんぼのツッコミ担当である。 北海道小樽市出身。 吉本興業(東京吉本)とエージェント契約という形で在籍。所属は個人事務所、有限会社加藤タクシー。
    49キロバイト (7,132 語) - 2019年11月13日 (水) 08:39



    (出典 i.daily.jp)



    1 ひかり ★ :2019/11/19(火) 13:04:30 ID:dbo8ZkyF9.net

    「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が19日、日本テレビ系「スッキリ」で、前日に活動自粛を発表したタレント・木下優樹菜(31)の復帰を呼びかけた。

     木下は実姉が勤務し、トラブルになっているタピオカ店の経営者に対し、恫喝まがいのダイレクトメッセージ(DM)を送っていたことが判明し、ネットで炎上。10月9日には自身のインスタグラムに謝罪文を掲載したが、騒動は収まらなかった。
    18日に所属するプラチナムプロダクションが公式サイトで木下の活動自粛を発表。木下は「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。自らの言動を深く反省し、
    当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました。改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います。誠に申し訳ございませんでした」との謝罪コメントを掲載した。

     加藤は「木下優樹菜さんとは若いころから仕事を何度もさせてもらってますけど、本人は全く裏表のない、本当に素直な子だなという印象がずっとあります。藤本くんと結婚した後も、同じような印象しかないです」とコメント。今回の騒動に
    「オーナーさんと木下は話をしていない。お姉さんが間に入っている。お姉さんから話を聞いて、身内がそういう思いをしているのなら、納得いかないという怒りの部分とか(あったのではないか)。『事務所総出で』という言葉を使ってしまったのは
    問題があるんだけど、まあ感情的になった部分が強かったのなという印象がある」と話した。

     共演経験があり、プライベートでも食事する仲だという「ハリセンボン」の近藤春菜(36)は「家族に対する思いは人一倍あるので、お姉さんが直接かかわっていることで、感情をそのままぶつけてしまったと思うんです。
    でも、大人として問題があったときに、冷静になって話し合わなければいけないですし、冷静になってメールを送るにしても、こういう形で文章を送ると、いろいろ思われてしまう」と恫喝まがいの行動を残念がる。
    そして「自粛の間は相手の方に真摯に向き合って、和解できるように謝罪していくしかないのかなって思います」と続けた。

     木下と姉、オーナー側のもつれから木下の“恫喝DM”がネットに公開され炎上、活動自粛に追い込まれた。加藤は「今回の事案が訴訟になるのか分かりませんけど、しっかり解決して真摯な態度で木下が向き合って、オーナーの方と
    和解できたんだったら、活動自粛というのを戻して、新たに仕事を頑張ってほしいと思いますね」と復帰を願った。

    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00000004-tospoweb-ent

    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574131993/


    【加藤浩次が木下優樹菜を賞賛?活動自粛発表への気になるコメント。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年4月26日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者、ニュースキャスター、お笑いコンビ・極楽とんぼのツッコミ担当である。 北海道小樽市出身。 吉本興業(東京吉本)とエージェント契約という形で在籍。所属は個人事務所、有限会社加藤タクシー。
    49キロバイト (7,132 語) - 2019年11月5日 (火) 23:00



    (出典 quizjapan.com)



    1 ひかり ★ :2019/11/06(水) 13:04:20 ID:chJYGOTg9.net

     極楽とんぼの加藤浩次が6日、日本テレビ系「スッキリ」で、東京五輪のマラソン、競歩コースが札幌に決まったことに「札幌は悪くない」「運営側、組織委員、東京都、全部協力しないとダメ、札幌に」と 
    全力で札幌を擁護した。加藤は北海道出身。

     番組では、5日に日本陸連が行った会見を特集。マラソングランドチャンピオンシップに尽力した瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーも無念の思いを訴えていた。

     これに加藤は「瀬古さんも東京でやりたかったと言いたかったのかなと思った」と瀬古リーダーの思いをくんだが「僕なんか北海道出身だから。だからってわけじゃないんだけど…」と切り出すと、
    札幌への想いが溢れ出た。

     「札幌は急に言われてるわけ。札幌が無理やり奪ったわけでも何でもないわけ。IOCに札幌は急に言われてるわけ。急に言われて何とかしようとしてるのが札幌。頑張ろうとしてる。ここでやれと言われたら
    頑張りますとやろうとしてる。ここに対してああだ、こうだ言ってもしょうがない。札幌が悪いわけでも何でもないんだから」と一気にまくしたてた。

     これにハリセンボンの近藤春菜は「札幌も9カ月前に言われてビックリしてる。そこにサポートを東京もしないといけないですね」と言うと、加藤は目を見開き「その通り!その通り!」と我が意を得たりの 
    表情。

     そして「急に言われて困ってる札幌がいるとするなら、東京オリンピック運営側、日本陸連、組織委員会、東京都、全部協力しないとダメ、札幌に」と訴え
    「なんでお金払わないとか…。札幌悪くないんだもんって、僕思うんだけど」と言って、熱くなったことに気付いたのか「あまりに北海道びいきですかね」と照れ笑いを浮かべていた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00000037-dal-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573004971/


    【五輪マラソンが札幌に決定し加藤浩次が苦言。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年4月26日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者、ニュースキャスター、お笑いコンビ・極楽とんぼのツッコミ担当である。 北海道小樽市出身。 吉本興業(東京吉本)とエージェント契約という形で在籍。所属は個人事務所、有限会社加藤タクシー。
    49キロバイト (7,132 語) - 2019年10月23日 (水) 12:55



    (出典 profile.yoshimoto.co.jp)



    1 牛丼 ★ :2019/11/04(月) 07:10:50.56 ID:6tLjKOqT9.net

    加藤浩次『スッキリ』降板話が再燃!エージェント契約も関係か?

    2019.11.04 07:07 公開

     2019年を代表する芸能ニュースといえば、芸能人の薬物逮捕やジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏の逝去とともに、お笑い芸人の闇営業問題が挙げられる。

     7月20日、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が謝罪会見を行い、さらに所属事務所が会見を行った。

     これを受け、極楽とんぼの加藤浩次(50)は自身がMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)の中で、「経営陣が変わらなければ事務所を辞める」と宣言。その後、加藤と会社側でたびたび会談が行われ、10月1日、加藤は所属事務所と「エージェント契約」を結んだことが明らかになった。

    「加藤さんは男気があり、曲がったことが大嫌い。事務所に対しても悪いことは悪いと批判を緩めることがありません。闇営業問題で“加藤の乱”を起こしたときには、事務所批判を繰り返したため、『スッキリ』が打ち切りになるのではないか、という報道も出ました。しかし、10月の改編期も乗り越え、さらに来春以降も番組は継続することは決まっているそうです。

     ただここにきて、加藤さんだけ来春で番組を降板するのではないかと、ささやかれ出したんです……」(お笑い関係者)

     来春、加藤だけが『スッキリ』から抜けることはありえるのだろうか? 日本テレビ関係者は話す。

    「まず、『スッキリ』自体が来春で打ち切りになることはないでしょう。というのも、番組ではすでに東京五輪取材チームなどを組んで、準備を進めている。だから、少なくとも五輪終了までは現体制で番組は継続していく見込みです。また、“加藤の乱”についても、現場としてはそれほど深刻にはとらえていないといいます。

     ただ、加藤さん本人は、想像以上の反響に驚いたようで、“ずいぶん大きなことになってしまった”と感じていたみたいです。それでも、自分の意見をしっかり言える加藤さんは、人望もあり、現場スタッフは、“加藤浩次の『スッキリ』”というように考えているといいます。だから、加藤さんが降板するときは『スッキリ』が終わるとき、というような気持ちで働いているといいます。また、ハリセンボンの近藤春菜(36)をMCに推薦し、現在の体制を作ったのも加藤さんです。

     “加藤の乱”で番組を私物化したことへの責任を取って、または一連の騒動や事務所との交渉による心労、新たに結んだエージェント契約で事務所との関係性が変わってきたことなどで、加藤さん側から降板を申し出る可能性もゼロではないでしょうが、そうなった場合でも『スッキリ』にかかわる人はみな、加藤さんを引き留めると思いますよ」

     10月29日の『スッキリ』では、京都市がお笑いコンビ・ミキの昴生(33)と亜生(31)に、ツイッターへのPR投稿1回につき50万円、計100万円を支払っていたことを取り上げた。

     加藤は「ミキがかわいそうだよ。ミキがやった感じになっているけど、事務所から依頼された仕事でしょ? マネジャーないしが『#PR』を忘れないでくださいって会社が言うべきじゃない? ミキに仕事をやらしてるんだから。それは落ち度があると思う」と、この日も舌鋒鈍ることなく、事務所側に問題があるとコメントした。

     曲がったことは許さない、男気あふれる加藤は今、どのような気持ちで『スッキリ』に対峙しているのだろうか?

    https://taishu.jp/articles/-/?page=1


    【加藤浩次が『スッキリ』降板し打ち切りか。男気ある言動で周りに与えた影響は大きい。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    加藤浩次が吉本社長と対談!反省の色が全く見えない答えに加藤浩次も唖然

    A6AFBEBF-31F4-4010-8433-2A8C7562804D




    吉本興業に所属するタレントが反社会的勢力との関わり、それぞれ処分を受けたメンバーの中の宮迫博之さんと田村亮さんが、会見時に吉本興業社長から言われたことを話したことがきっかけとなり、吉本興業会長・社長らに批判の声が殺到しています。

    吉本興業に所属する加藤浩次さんは、今後のことも含め、吉本興業社長と対談した。
    対談時間は約3時間。
    その間にどんな話があり、どのような答えが返ってきたのか。
    加藤浩次さんの今後の動きはどうなるのか。

    ますます注目が集まりそうです。

    【加藤浩次が吉本社長と対談!反省の色が全く見えない答えに加藤浩次も唖然】の続きを読む

    このページのトップヘ