チーター速報トレンド情報

芸能情報をどこよりも速く!丁寧にお伝えします!

    カテゴリ:俳優 > 三浦春馬

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    三浦 春馬(みうら はるま、1990年4月5日 - )は、日本の俳優、歌手。茨城県土浦市出身。アミューズ所属。 4歳の頃から児童劇団のアクターズスタジオつくば校に所属し、1997年、NHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビュー。 アクターズスタジオ時代には、松永一哉、鈴木和也とともにBrash
    28キロバイト (3,461 語) - 2019年9月13日 (金) 16:58



    (出典 d2wi3xvhr3qrd7.cloudfront.net)



    1 muffin ★ :2019/09/12(木) 00:32:10.35 ID:XA3+o08D9.net

    https://e-talentbank.co.jp/news/109907/
    2019.9.11

    9月11日放送のTBSラジオ『伊集院光とらじおと』に三浦春馬が出演した。

    パーソナリティの伊集院光は、番組に出演するゲストに“言わないようにしていること”があるとして、「『可愛いですね』って言われたり、『男前ですね』って言われるの、1番困るよ」「人が言うことであって、自分で『はい』とは言わないし」と語った上で、三浦に「男前、困らない?」と投げかけた。

    そして「本人の中では、それに決めつけられるの俳優としては嫌じゃないですか。そういう時期はないの?」と質問すると、三浦は“男前”や“イケメン”と称されることに対して「どこかもどかしいというか…今だから言えますけど、もっと他の表現ないのかな?って」「すごくグツグツした思いがあったのは覚えてます、もちろん」と明かした。

    続けて「すごくいい褒め言葉だし、今となっては本当に『ありがとうございます』って素直に言えるんですよ」「だけど、そこからトゲトゲした自分が見え隠れしている、っていう記憶があって」と複雑な心境を明*と、伊集院は「成長過程のレッテルきついよね」とコメント。

    さらに、伊集院が「不思議なもんで、いろんな役やって自信ついてくると大丈夫でしょ?」と尋ねると、三浦は「そうですね」「特殊なというか、パワフルなキャラクターを演じさせてもらうことも増えてきたので、それが自分のきっと自信にも繋がってるんじゃないかなあっていうふうに思えているから」「今では何を言われても、それはそれとして」と語った。


    (出典 e-talentbank.co.jp)


    【三浦春馬が”イケメン””カッコいい”に困惑。褒め言葉に『もどかしい』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    4年に1度のペース「五輪みたいな共演」三浦春馬と多部未華子が笑顔 - livedoor
    映画「アイネクライネナハトムジーク」の完成披露舞台挨拶が21日にあった。出演する三浦春馬と多部未華子は、4年に1度のペースで共演しているそう。今回が3度目で、 ...
    (出典:livedoor)


    多部 未華子(たべ みかこ、1989年1月25日 - )は、日本の女優。東京都出身。ヒラタインターナショナル所属。愛称は「多部ちゃん」。 小学5年生の頃、ミュージカルの『アニー』を観劇し、同作への出演を目指して中学2年生までオーディションを受けていた。 2002年、スカウトされてヒラタオフィスに所
    40キロバイト (4,866 語) - 2019年8月12日 (月) 13:16



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/08/22(木) 05:36:54.16 ID:9OqGBq/a9.net

     俳優の三浦春馬が21日、都内で行われた映画『アイネクライネナハトムジーク』完成披露上映会に出席し、多部未華子との3度目となるカップル役への思いを語った。上映会には、三浦、多部のほか、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造、今泉力哉監督も登壇した。

     本作は、ベストセラー作家・伊坂幸太郎の人気小説を、恋愛群像劇の旗手である今泉監督が映画化。三浦演じる佐藤と、多部ふんする紗季を軸に、彼らを取り巻く人々の出会いや人間模様が10年に渡って展開する。

     2010年公開の映画『君に届け』、2014年に放送されたドラマ「僕のいた時間」で恋人役として共演した三浦と多部。三浦は、多部が「オリンピックのような関係だよね」と話していたことを明*と「僕が20歳だったときの映画も舞台あいさつをしたことを思い出しましたが、そのときよりは、ゆとりをもってこの場に立てているような気がするので、少しは成長できているのかなと思います」と語る。

     そんな三浦に、多部も「今回の役柄は10年付き合ったカップルという設定だったのですが、これまでの関係性の安心感があったので、共演してきた時間が無駄じゃなかったと思える瞬間がありました。それが嬉しかった」と笑顔を見せると、三浦も「20歳と24歳の自分を知ってくれている女優さんに、今回、いい芝居を届けられるのだろうかという緊張感がありました。でもこの緊張感はすごく良いもので、貴重な経験でした」としみじみ。

     「出会い」がテーマの本作。印象に残っている出会いについてキャストたちに質問が及ぶと、原田は「僕はネプチューンですね」と即答。続けて「(名倉)潤ちゃんも、(堀内)健も長い付き合いですが、出会ったときから関係性がまったく変わらない。すごくいい縁だと思う」としみじみ語ると、貫地谷は「いまのチーフマネージャーにスカウトされてこの世界に入ったのですが、その人に会っていなければ、いまも夢を見つけられずに仕事をしていたかもわからない」と出会いに感謝していた。(磯部正和)

    映画『アイネクライネナハトムジーク』は9月20日より全国公開

    2019年8月21日 21時45分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0110648

    (出典 img.cinematoday.jp)


    【三浦春馬と多部未華子が付き合うことに!3度目の付き合いの感想は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title

    三浦春馬が歌手デビューするもその歌声がヤバい!?世間の反応が意外な内容だった!


    三浦 春馬(みうら はるま、1990年4月5日 - )は、日本の俳優、歌手。茨城県土浦市出身。アミューズ所属。 4歳の頃から児童劇団のアクターズスタジオつくば校に所属し、1997年、NHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビュー。 アクターズスタジオ時代には、松永一哉、鈴木和也とともにBrash
    28キロバイト (3,427 語) - 2019年7月25日 (木) 09:11



    FNSうたの夏祭りで歌手デビューをした三浦春馬さん。
    ブロードウェイミュージカルでは何回かテレビで歌声を披露して今していましたが、今回はオリジナル曲でその歌声を披露しました。

    三浦春馬さんの歌声を聞いた人は「やばい」というツイートをする人が非常に多く、どのような意味で「やばい」と言っているのか、そして、三浦春馬さんの歌声について調べてみました。

    【三浦春馬が歌手デビューするもその歌声がヤバい!?世間の反応が意外な内容だった!】の続きを読む

    このページのトップヘ