チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ:モデル > 木下優樹菜

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のタレント、ファッションモデル。期間限定ユニットPaboおよびアラジンの元メンバー。本名は藤本優樹菜木下は旧姓。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。夫はFUJIWARAの藤本敏史。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。
    26キロバイト (3,299 語) - 2019年12月4日 (水) 13:23



    (出典 img.sirabee.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/06(金) 18:33:53.74 ID:21sbE9p59.net

    姉が勤務していたタピオカ店の店主に、侮辱を含む恫喝メッセージを送っていたことが理由で、謹慎処分となっている木下優樹菜。騒動以降、木下はインスタグラムを更新していないが、12月4日に誕生日を迎えたことでファンから祝福のコメントが寄せられている。

    木下の最新投稿は、10月9日の謝罪文。インスタはこれ以降に更新がないが、一般人からのコメントは続々と寄せられていた。

    そして4日、木下が誕生日を迎えると、インスタには、

    《ゆっきーな、誕生日おめでとう 来年は少し落ち着くといいね ずっと応援してます》
    《ゆっきーな誕生日おめでとう ヘキサゴンのときからずっと好き 待ってるからね》
    《優樹菜ちゃん!happy birthday ! 優樹菜ちゃんがまた元気で活動をするのを待ってます!》
    《ユキナさん、誕生日おめでとう たくさんのユキナファンはサイレントマジョリティーなのです》

    など、妄信的なコメントが上がることに。

    「ゆきなかわいそ」「やること幼稚」
    ファンはこのように木下を応援しているようだが、同時に、被害者に対しては追い打ちをかけているようで…。

    「木下が恫喝したタピオカ店のインスタは、10月1日を最後に更新を停止しています。しかし、そのコメント欄は、木下のインスタと同様に動き続けており、中には、『木下優樹菜さんのされたことは犯罪ですが、それならばあなたの〇〇さん(木下の姉)にしたことは陰湿そのもののように思えます』、『ねね、弁護士つけるほど? そんなことまでして大人げない…今度はたたかれるのはあなたですよ。個人的なDMをSNSに投稿するのは、正しいことでしょうか? やること幼稚』、『ゆきなかわいそ、大人なんだから、謝罪くらい受ければいいのに』など、店長を責めるコメントまであるのです」(芸能記者)

    せっかく木下が自粛している中、ファンが暴走してしまうとは…。同じ人種ということなのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/2105750/
    2019.12.06 10:32 まいじつ

    前スレ                   2019/12/06(金) 14:27
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575610022/


    【木下優樹菜の謹慎中にファンがタピオカ店への“口撃”を続行!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のタレント、ファッションモデル。期間限定ユニットPaboおよびアラジンの元メンバー。本名は藤本優樹菜木下は旧姓。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。夫はFUJIWARAの藤本敏史。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。
    27キロバイト (3,515 語) - 2019年11月26日 (火) 08:03



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    大変ですね。

    1 ひかり ★ :2019/12/02(月) 05:14:19.34 ID:v4jPs8OQ9.net

     11月18日、木下優樹菜(31)の所属事務所は、当面の間、彼女の芸能活動を自粛させることを発表。なぜ、そのような事態になったかというと……。

    《弁護士もたてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》

    《週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー》

     実姉が勤務していたタピオカ店のオーナー女性とのトラブルに、妹としてこのような“恫喝(どうかつ)”めいたメッセージを送っていたことが、
    10月上旬に明らかになったからだった。

    「タピオカ店のオーナー側が木下さんの送ったメッセージを暴露したことが発端でした。木下さんは自身のSNSで謝罪しましたが炎上はおさまらず、
    結果的に11月2日に出演予定だった、神戸学院大学学園祭でのトークショーは中止に。また、12月12日にジャニーズ事務所の『ふぉ~ゆ~』が主演を務める
    舞台に出演する予定でしたが降板し、森公美子さんが代役となりました」(スポーツ紙記者)

    “ママタレント”としての地位を築きつつあったが

     ヤンキーはあくまで“キャラ”で、結婚後は、しっかりした妻であり母親として、“ママタレント”としての地位を築きつつあった木下。そんな彼女は、
    状況が状況だけに、なかなか外に出ることができないようで……。

    「挙動不審というか、かなり警戒した様子に見えました。帽子にマスクという完全防備な格好で来ていましたね」(居合わせた客)

     目深に黒いキャップをかぶり、つけたマスクは、キャップのつばと隙間なくくっつくほど。“顔を見られたくない”という意識が垣間見えるその
    男性だったが、残念ながらキャップとマスクでは、顔の大きさまでは隠せていなかった。木下の活動自粛が発表される3日前の深夜、都内のスーパーに
    現れたのは、木下の夫であるFUJIWARAの“フジモン”こと藤本敏史(48)だ。

    「特別なものが売っているわけではない普通のスーパーですから、藤本さんもレタスなど日々の食料品を買っている感じでした。買い物を終えると
    足早に店を後にしていましたよ」(同・居合わせた客)

     藤本の自宅近くにあるというこのスーパーだが、普段利用しているのは彼ではない。いつもは、インスタグラムに料理写真を載せることも多く、
    レシピをまとめた『ユキナ飯。』なる本を出版している木下が買い物に来ている。

    「何度か店で見かけたことがありますね。騒動がまだ大きくなる前の10月にも買い物に来ていましたよ。さすがにここまで騒ぎが大きくなってしまうと、
    堂々とは来れないんじゃないですかね」(同・居合わせた客)

     木下の自粛期間は明らかにされていない。その間の買い出しは、夫である藤本が担当することになるのだろうか──。

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00016615-jprime-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【木下優樹菜は外出できず。買い出しはフジモン。完全防備で済ませる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ネットニュースで大きく取り上げられているのにも関わらず、テレビで報道されないのはそれこそ事務所の圧力があるのでしょうか…?

    NO.7981263
    木下優樹菜を業界総出で擁護中…2大ワイドショーがヒド過ぎる!?
    木下優樹菜を業界総出で擁護中…2大ワイドショーがヒド過ぎる!?
    ?タピオカドリンク店脅迫事件?で大炎上し、11月18日には事務所を通じて芸能活動の無期限自粛を発表したタレント・木下優樹菜。

    自粛発表後、最初の日曜となる24日には、2大ワイドショー番組である『サンデー・ジャポン』(TBS系)、『ワイドナショー』(フジテレビ系)がともにこの話題を扱ったが、一部出演者の?木下擁護?が目立つと視聴者のヒンシュクを買っている。

    既に自粛発表から1週間弱がたっているものの、両番組にとってはこの日が発表後、初のオンエア。

    特に、『ワイドナショー』メインコメンテーターの松本人志は木下の夫・藤本敏史の事務所の先輩であるため、その発言には注目が集まっていた。

    松本は、「ネット上では1カ月くらい前から話題だったけど、テレビでは扱わない…」「『待て』状態。

    しつけされてる犬みたいでコメントしたくない」と、木下サイドの対応に苦言を呈し、ゲストの女優・泉ピン子も「チンピラですよこんなの」と、舌鋒鋭く批判。

    しかし、話が法的な解釈に及ぶと、松本は「相手を怖がらせたら恫喝になるって言われたってねぇ…」「どんなことで怖がるか分からんしねぇ」とコメントし、ゲストのタレント・乙武洋匡も..



    【日時】2019年11月26日 10:30
    【ソース】まいじつ
    【関連掲示板】


    【木下優樹菜を擁護?!大問題なのにも関わらずテレビで報道されない理由は大人の都合か。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のタレント、ファッションモデル。期間限定ユニットPaboおよびアラジンの元メンバー。本名は藤本優樹菜木下は旧姓。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。夫はFUJIWARAの藤本敏史。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。
    27キロバイト (3,515 語) - 2019年11月26日 (火) 08:03



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 Egg ★ :2019/11/30(土) 01:32:43 ID:ay/Cw0s59.net

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    タレントの木下優樹菜さん(31)が、姉のアルバイト先の店長とトラブルになったということは何となく知っていた。木下さんが店長に送ったダイレクトメッセージに恫喝めいた内容があり、それがSNS上で拡散した。そのため木下さんのインスタが炎上、木下さんは謝罪し、活動自粛するに至った。

    そんな程度の理解で、それ以上の興味は感じていなかった。

    11月20日の朝、何気なく見ていたワイドショーで、木下さんが送ったダイレクトメッセージの全文が紹介された。目で見て、音で聞いて、すごく驚いた。自分に送られたメッセージでもないのに、少し傷つきさえした。年上の人をバカにする視線が露骨に出ていたからだ。

    彼女の文章は、トラブル相手を威嚇するためのものだ。だからあえて、バカにした調子で書いている。そのことはわかっているが、年上の人全体へのからかう目線があると感じた。物事を深く考えるタイプの人でないことは明らかで、だからこそ「世間の空気」をそのまま映しているのだろうと思った。ああやっぱり、世間の「年齢観」ってそういうことなのね、と思ったのだ。

    「年上=能力が低い」そんな世間の見方を書いている

    私の気持ちを説明するため、彼女が送ったメッセージの当該部分だけを引用してみる。

    <いい年こいた*にいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー(略)、今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ>

    <もーさ、やめなぁ? 覚悟を決めて認めなちゃい おばたん>

    「*」「おばたん」より、子どもを相手にしたような物言いが気になった。年上=能力が低い。それが世間の見方で、彼女はそれをそのまま書いている。そう思った。

    木下さんは、インスタのフォロワーが約500万人もいる「ママタレ」界の実力者だという。だから増長して、上から目線で書いたのだとは思う。

    相手は姉のママ友だそうだから、せいぜいアラフォーだろう。年齢が近いから少しでも若いことを強調し、優位に立とうとする。あの文章は、「マウンティング」だと解説してくれた人もいた。だけど、増長していたからこそ、マウンティングしようとしたからこそ、本音をむき出しにすることへのブレーキが効かなかったのだと思う。

    彼女が見せてくれた本音が、心に痛かった。

    つづく

    11/29(金) 22:32 ビジネスインサイダー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00000008-binsiderl-soci


    萩原利久のプロフィール!出身高校や家族構成や兄弟・性格は?   イケメン若手俳優として現在は、ドラマや映画で活躍中の萩原利久さんですが、一体どのような人物なのでしょうか? 埼玉県出身と公表している萩原利久さんですが、気になる出身高校などは? また家族構成などの詳しいプロフィールを見ていきましょう。 ●萩原利久のプロフィール 萩原利久さんは埼玉県出身の生年月日は、1999年2月28日の魚座で干支は卯(うさぎ)の血液型はA型のようです。 好きな食べ物はトマトで特技は寝ることとヒップホップだそうです。 身長は176㎝で趣味はバスケットボールだそうです。 デビューは2008年にNEWSエンターテインメント・スクールに通いながら当時9歳で子役として活躍していたようです。 子役活動をされていた方は事務所所属や移籍のタイミングで改名される方が多いといわれていますが、萩原利久さんは芸名ではなく本名でずっと活動されているようです。 萩原利久さんが芸能界に興味を持ち始めたきっかけは「芸能人と友達になりたかった」と理由ともう一つは、当時爆発的な人気があった小島よしおさんに会いたかったからだそうです。  萩原利久さんの転機となった2012年に放送された日曜劇場枠のドラマ「運命の人」  (TBS系)での菅田将暉さんとの共演が、きっかけではないか?といわれているようで  す。 このドラマは萩原利久さんにとって今まで出演されてきた作品とは違っており、大人だらけの緊張感が漂う現場だったそうです。 デビューから間もない頃で、お芝居の経験も少なかった萩原利久さんは、現場の空気感に圧倒されてしまったそうです。 そんな中で、共演者の菅田将暉さんは、現場でいつも話しかけてくれたり、気にかけてくれたことで、萩原利久さんは気持ちが和らいだそうです。 気遣いだけでなく、菅田将暉さんのお芝居を見て、菅田将暉さんと同じ世界に挑戦してみたいという気持ちが芽生え「やるなら同じところで。」と思ったそうです。 その後、当時所属していたNEWSエンターテインメントから、菅田将暉さんも所属しているトップコートに萩原利久さんも2013年に移籍されています。 最近では、イケメン若手俳優として知られ映画やドラマだけでなく、バラエティー番組に出演するなどマルチな活動が話題になっています。 ●萩原利久の性格 2008年に芸能界での活動を始め現在も俳優業をされていることから判断すると努力家で真面目なイメージですが、本人曰く「三日坊主」だそうです。 三日坊主といえば、熱しやすく冷めやすい性格ですが、萩原利久さんは子役の頃からずっと演技、俳優業を続けていることから他のこととは違い決心のようなものを感じます。 萩原利久さんは過去に「僕は割と三日坊主なところがあって。やってみたいことがなかった中で唯一、一歩踏み出してからこのまま続けてみたいと思えたのが役者の仕事なんです。今はその真っ最中なので、やりきるところまではやってみたい。あと、何かに全力になる人を見るのが好きで、自分もそうありたいなと思います。」と自身の性格について、そう語っていたようです。 映画で共演した菅田将暉さんは、萩原利久さんについて、「利久は、しっかりしていましたね。僕は20歳前くらいだったけど、中学校1年生の男の子から、「菅田さんの事務所って良いですか」って言われて。自分が思う事を利久に話しましたね。そしたら、数年後にトップコートにやってきて、その行動力たるや、すごいなと思って。僕は、別に自分の事務所を自分で選んだわけじゃないから。利久から聞かれた時も、この子はどこに行ってもちゃんと自分で考えてやっていくんだろうなと。今も事あるおとに僕の現場を見に来やがる」とコメントしていました。 菅田将暉さんのコメントを見ると、萩原利久さんは中学生の頃から俳優としての自分の将来をしっかり見据えて、計画的に人生設計されている姿が感じ取れます。 どの事務所に所属すると自分に合っているのか?俳優としての未来が明るいか?など、中学生なりに真剣に考えて行動されていたようです。 萩原利久さんは最初は芸能人に会って周りに自慢したいだけだったそうですが、子役の時にいた事務所からトップコートに移ったタイミングで、俳優という仕事を真剣に意識し始めたそうです。 菅田将暉さん以外にも他の先輩の現場や舞台などもよく観に行って演技の勉強を日々、頑張っているようです。 普段の小さな努力と積み重ねで俳優としてかなり貪欲に頑張っていることから、萩原利久さんは、努力家のようです。 ●萩原利久の出身高校はどこ? 子役として9歳から芸能界で仕事を始めた萩原利久さんですが、いったいどこの学校に通っていたのでしょうか? ある学校の在校生の紹介などのPR動画に中学一年生の頃の萩原利久さんが出ているとネット上で話題になりました。 どうやら萩原利久さんは、東京都文京区にある私立郁文館学園に通っていたようです。 私立郁文館学園は中高一貫校なので、内部進学であれば高校も私立郁文館学園に通われていたと思われます。 萩原利久さんは現在も大学生の年齢ですので、高校卒業後は大学への進学はせずに俳優業に専念されているようです。 ●萩原利久の家族構成や兄弟は? 気になる萩原利久さんの家族構成や兄弟についてですが、調べてみたところ残念ながら萩原利久さんの家族は一般人ということもあり、情報がないようです。 弟の存在は公表されているようですが、名前や年齢、職業などは両親ともに情報はないようです。 諸説あるようですが、アンケートなどのデータから日本の兄弟の歳の差の平均は、2歳~4歳差ぐらいが7割をしめているといわれています。 あくまで一般家庭の平均値ですので実際は、もっと離れている可能性もありますが、年頃の弟であれば萩原利久さんの弟ですし同じくイケメンではないか?芸能界デビューもあるのではないか?などの期待の声も少なくないようです。 ●萩原利久のまとめ 現在、萩原利久さんは、俳優として数多くのドラマや映画で活躍中でテレビで見かけることも多くなってきたこともあり着実に人気が出てきています。 2019年は、「3年A組 ‐今から皆さんは、人質です‐」(日本テレビ系)での菅田将暉さんとの共演が話題になりました。映画では「十二人の死にたい子どもたち」、「あの日のオルガン」などにも出演されています。 今後もドラマや映画やCMなどでも益々活躍が期待される萩原利久さんから目が離せん。 【木下優樹菜の発言内容が問題の理由とは。自粛活動にまで至った経緯。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のタレント、ファッションモデル。期間限定ユニットPaboおよびアラジンの元メンバー。本名は藤本優樹菜木下は旧姓。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。夫はFUJIWARAの藤本敏史。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。
    27キロバイト (3,515 語) - 2019年11月26日 (火) 08:03



    (出典 img.jisin.jp)



    1 マロン派 ★ :2019/11/29(金) 21:09:26.80 ID:+ksG9lmy9.net

    木下優樹菜 “恫喝DM騒動”で夫・フジモンへの飛び火が深刻
    東スポWeb 11/29(金) 17:13配信

    “共演”も多かった夫婦だけにフジモン(右)への影響もハンパではない。左は木下

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    タレントの木下優樹菜(31)が、実姉が働いていたタピオカ店に恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送った、いわゆる“恫喝DM騒動”により、夫のお笑いタレント・藤本敏史(48)が厳しい立場に追いやられている。騒動発覚から活動休止発表まで約1か月間のタイムラグがあったのだが、多くのメディアでこの問題が一切報じられなかったその間は、本当につらい立場だった。

    象徴的だったのは、今月初めの「27時間テレビ」(フジテレビ系)に出演した時だ。藤本の姿を見た爆笑問題の太田光が何かを言いたそうにしていたところ、明石家さんまがすぐさま「言うたらあかんねん」と制止。太田は「どうして分かるんですか」と引き下がった。

    芸人なのにネタにもできない――なんとも微妙な空気に、藤本は「すみませんでした」と謝るしかなかった。

    木下が活動休止を発表したことで、ようやくこの話題を取り上げることが“解禁”となった。

    ダウンタウンの松本人志は24日放送の「ワイドナショー」(フジ系)で「フジモンは(メディアで)取り扱われるようになって、どこかホッとしてるところもあると思うんですよ。今まで触れるに触れられなかった」と後輩をおもんぱかった。

    松本の言う通り、藤本はホッとした部分もあったのだろう。30日放送の関西ローカル番組「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)で、「すみません。ホンマにご迷惑をおかけして…」と神妙な面持ちの藤本は、木下について「反省の日々」などと明かしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00000034-tospoweb-ent


    【木下優樹菜の騒動がフジモンにも影響し仕事に支障。周りも気を使うことに…】の続きを読む

    このページのトップヘ