チーター速報トレンド情報

芸能情報をどこよりも速く!丁寧にお伝えします!

    カテゴリ:モデル > 木下優樹菜

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のバラエティタレント、女性ファッションモデル、歌手、女優。歌手グループPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。本名、藤本 優樹菜(ふじもと ゆきな)。旧姓、木下。愛称はユッキーナ、ゆきなちゃんなど。
    30キロバイト (3,933 語) - 2019年10月12日 (土) 07:55



    (出典 free-style-info.com)


    タピオカ騒動で問題が大きくなっている木下優樹菜さんの過去のブチギレエピソードも多数上がってきていますね。

    木下優樹菜さん家族にも影響が出ているのは確実。
    今後、どうなっていくのでしょう…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/15(Tue) 18:48:53 ID:ErGqdCWT9.net

    10月11日の「東スポWeb」が、木下優樹菜と実姉が勤務していたタピオカドリンク店とのトラブルについて報じた。木下はタピオカ店関係者に対し、恫喝めいたダイレクトメッセージを送っていたという。

    「木下は6日、姉のYがタピオカ店から給料をもらえておらず、窃盗の犯人のような扱いをされたとインスタで告発。しかし、東スポがタピオカ店関係者を取材したところ、給料は振り込んでおり、窃盗に関しても店から物がなくなったことで、警察の指導で合鍵を持っているYに確認しただけと説明しました。にもかかわらず、木下から《出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》《覚悟決めて認めなちゃい。おばたん》といった一方的な恫喝メールが届き、営業妨害もされたため、法的処置を考えていると明かしました」(芸能記者)

    この問題はネット上を大きく騒がせており、「口が悪すぎる」「もう子供の好きな『モニタリング』(TBS系)とかにも絶対出ないでください」と非難が殺到している。

    そんな木下は過去、テレビ番組の収録中にもキレる場面が何度もあったという。

    「16年放送のバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、芸人がイヤホンでグラドルの言動を操るというドッキリ企画でのこと。その際、ドッキリだと知らない木下は、グラドルに対し『必*のはわかるんですけど、もうちょっと空気っていうものを読んだほうがいいかな』と、凄む場面が話題に。また、13年放送のバラエティ番組『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)では、クイズ回答者のはいだしょうこに対し、『書くの遅いっすけど』と感情を露わにし、泣かせてしまったこともあります。さらに、街で夫のFUJIWARA・藤本敏史に絡んできた一般人には『お前こそ誰だよ! 誰に向かって言ってんだよ!』『次やったらマジで許さねぇからな!』と、大声で激怒したエピソードなどもテレビで明かしており、彼女がキレるのは日常茶飯事だったのでしょう」(テレビ誌記者)

    木下は10月9日に、〈この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした〉と、インスタでタピオカ店側に謝罪した。が、これにも、自身の「恫喝メール」をタピオカ店の関係者がツイッターで公開し木下に批判が集まったため、あわてて謝罪したのではないかという声も少なくない。木下は元ヤンキーだったこともあり、一度頭に血が上ったら誰にも手がつけられない状況になるのかもしれない。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17233897/
    2019年10月15日 10時30分 アサ芸プラス


    【タピオカ騒動で家族まで被害が。すぐにキレる癖に共演者も周りも迷惑?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のバラエティタレント、女性ファッションモデル、歌手、女優。歌手グループPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。本名、藤本 優樹菜(ふじもと ゆきな)。旧姓、木下。愛称はユッキーナ、ゆきなちゃんなど。
    30キロバイト (3,933 語) - 2019年10月12日 (土) 07:55



    (出典 image.i-voce.jp)


    まだまだ収まりそうにないタピオカ店オーナーへな恫喝問題。
    木下優樹菜さんの感情的なDMが原因でファンは激怒、そして夫であるFUJIWARAの藤本さんにも大きな影響を与えています。

    もちろん、事務所も根回しに必死でしょう。
    木下優樹菜さんと夫の藤本さんはこれからどうなってしまうのでしょうかてん

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/16(Wed) 18:52:53 ID:CcrTpo/69.net

    『ウチら怒らせたらどうなるか教えてやろうか?』
    『事務所総出でやりますね』
    『いい歳こいた*』

    愛娘と一緒に”全身黒ずくめ”で書店を闊歩する木下優樹菜&フジモン夫妻はコチラ

    実姉が勤務していたタピオカドリンク店のオーナーに対し、暴言とも思われるDM(ダイレクトメール)を送りつけていたことが暴露された、
    タレントの木下優樹菜。インスタグラムで即座に謝罪したものの、現在もネット上では炎上が続いている。

    「木下はインスタでファッションや、コスメなどを紹介すると女性層からの反響が大きく、何気ない写真を投稿しても軽く数万件以上の“いいね!”が押され、200件以上のコメントが書き込まれています。
    同世代の女性たちに、絶大な影響力を持っているんです。
    ちなみに今回の騒動の謝罪したインスタの投稿には、9000件以上(10月15日時点)のコメントが書き込まれていますが、
    目を覆いたくなるような辛辣なコメントがずらりと並んでいますね」(スポーツ紙記者)

    ‘10年にお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史と結婚。
    現在は2人の女児を育てるママでもあり、主婦業との兼ね合いのためテレビ露出もそこまで多くない。

    だが、好きなママタレの調査では、木下は小倉優子、辻希美、藤本美貴らと並び『ママタレ四天王』に君臨。
    独身のころは、比べものにならないほどの“巨額マネー”を手にしている。

    「例えば日用品やファッション関係のPR会見に、木下クラスの“ママタレ”を呼ぶとなると1回300万円~400万円という高額なギャラが発生します。
    それでも、情報番組やネットニュースなどで取り上げてくれるとその商品はバカ売れするので、クライアントは喜んで彼女たちをキャスティングしたがるのです。
    テレビCMに比べると安いもんですし、木下さんも相当、稼いでいたと思いますよ」(PR会社関係者)

    芸能リポーターなどに囲まれ、楽しそうに話している木下の映像をテレビで見たことのある人は多いはずだ。
    あの笑顔のウラで、大金が動いているわけだ。

    「もっと手軽に大金を稼げるのがインスタやブログですよ。人気の“ママタレ”が、『この化粧品大好き!』とか、『このチューハイうまい!』と言って、
    顔の近くに商品を持ってきて自撮りし#(ハッシュタグ)つきで商品名も掲載する。
    1分もかからないほどの仕事ですが、木下クラスのインフルエンサーになると1フォロワーにつき4~6円支払われるでしょう。
    フォロワーは500万人以上いるので仮に5円だとすると1回で2500万円以上になる。
    こういった企業案件だけでなく、ブログではPV数に対する広告収入もあるのでとんでもない稼ぎですよ。
    事務所にいくら入るのかは分かりませんが、夫である藤本さんの数倍は稼いでいるでしょうね」(広告代理店関係者)

    しかし、今回の騒動で、木下のターゲット層である女性たちが怒り心頭となっている。

    「“いい歳こいた*”とか“おばたん”といった女性を侮辱する言葉を発したことによって、広告関係は軒並みNGになった。
    もちろんテレビ番組にもスポンサーがいるので、敬遠されることは間違いない。
    流行を作るといわれる視聴者のF1~F2層(女性の20~34歳、35~49歳)をテレビ業界は一番大切にしているので、あれだけ女性に嫌われたら使いづらいですよね」(テレビ局プロデューサー)

    タレント生命の危機とも言っても過言ではないが、所属事務所は根回しに必死だという。

    「テレビではこの“タピオカ騒動”を扱わないようにしています。
    ディレクターがやりたいと言っても上から止められる。事務所からお願いされているんでしょうね」(ワイドショー関係者)

    テレビだけではない。ヤフーニュースで“木下優樹菜”と検索してみると、
    スポーツ紙はこの“タピオカ騒動”を報じていない。扱っているのは週刊誌か、ネットニュースのみだ。

    10/16(水) 7:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00000001-friday-ent


    (出典 i.imgur.com)


    【木下優樹菜が起こした騒動で夫・藤本も仕事損失が。タピオカ恫喝でテレビ出演激減。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のバラエティタレント、女性ファッションモデル、歌手、女優。歌手グループPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。本名、藤本 優樹菜(ふじもと ゆきな)。旧姓、木下。愛称はユッキーナ、ゆきなちゃんなど。
    30キロバイト (3,933 語) - 2019年10月12日 (土) 07:55



    (出典 barfout.jp)


    実の姉を守ろうと、姉が務めるタピオカ店に恫喝メールを送信し批判を浴びている木下優樹菜さんですが、過去を振り替えると『言葉使い』や『態度』にもさらに問題だらけでした。
    まさか、自分の子供にまで‥

    この先どうなってしまうのでしょうか‥

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/15(Tue) 19:12:52 ID:ErGqdCWT9.net

    早急な謝罪も時すでに遅し!?

    自身の姉が勤務するタピオカ店のオーナーとの間でトラブルが起こっていたことを10月6日にインスタグラムにて明かしていた木下優樹菜。
    木下によると、木下がインスタにて同店を宣伝したことにオーナーが怒ってしまい、姉は給料をもらえずに人間不信になってしまったということだった。

    しかし、今度はオーナー側と見られる人物がツイッターにて、木下がオーナーへ送ったとみられるインスタグラムのダイレクトメッセージのスクリーンショットを公開して反論。

    そのやりとりで木下は姉の名前を出して、その「妹だけど」と名乗ると、弁護士を立てての法的措置も考えているなど、自身が思う不満を存分にぶつけ、姉のために戦っている様子が分かる。

    しかし、〈いい年こいた*〉〈覚悟決めて認めなちゃい おばたん〉などといった、芸能人とは思えない汚い言葉遣いに加え、〈こっちも事務所総出でやりますね〉という恫喝的なワードが見られている。

    やりとりをさらされたことで、木下は9日にインスタにて〈この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした〉と謝罪した。

    しかし、姉のためとはいえ、あまりに衝撃的な文面を送りつけていた木下に世間からは「いやいや、あなたもおばたんだよ。しかも相当幼稚な…」「相変わらず汚い言葉遣いですね。
    どこの中学生だよ」「この人の口が悪いのがキャラでないことはわかった」などと批判が殺到。炎上状態となっている。

    「オーナー側は給料の未払いなどについてはすでに振り込んでいたなど、木下の主張と食い違う部分があり、こちらはどちらが正しかったのかは一概に判断できません。
    しかし、文句があったとしても、芸能人という立場を考えれば、もう少し言葉を選び、冷静に対処する必要があったでしょう。
    また、木下は過去のバラエティ番組で自身の娘たちを『コイツら』と呼んでいたこともありましたし、
    インスタにて、夫の藤本敏史のことを愛してあげて、といったメッセージを送ったファンに対しても《まだ 愛 てやつをちゃんと知らなそうなおこちゃまには言われたくないわ!黙れ》
    と返答したこともありましたから、今回の『おばたん』発言が飛び出すのも納得です。
    今後こういったトラブルを起こさないためにも日頃から言葉遣いには気を付けてほしいところ」(エンタメ誌ライター)

    とにもかくにも今後の活動に支障をきたすことは間違いなさそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17236446/
    2019年10月15日 17時59分 アサ芸プラス


    【木下優樹菜のタピオカ騒動が謝罪するもますます炎上の理由は『人間性』の問題?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のバラエティタレント、女性ファッションモデル、歌手、女優。歌手グループPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。本名、藤本 優樹菜(ふじもと ゆきな)。旧姓、木下。愛称はユッキーナ、ゆきなちゃんなど。
    30キロバイト (3,933 語) - 2019年10月12日 (土) 07:55



    (出典 abematimes.com)


    姉が働くタピオカ店オーナーへの恫喝メールで大きく問題になっている木下優樹菜さんに、あれよあれよとたくさんの過去の問題が浮上してきました。

    元々ヤンキーだったことからキレやすいらしく、、、
    けど、子を持つ親ならいくら頭に来ても耐えなければならないこともたっくさんあるはず。

    家族を守るためだったとしても言葉遣いには気をつけないと。と、強く思います。

    過去に何があったのか。まだまだ出てきそうですがてん

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/15(Tue) 18:48:53 ID:ErGqdCWT9.net

    10月11日の「東スポWeb」が、木下優樹菜と実姉が勤務していたタピオカドリンク店とのトラブルについて報じた。木下はタピオカ店関係者に対し、恫喝めいたダイレクトメッセージを送っていたという。

    「木下は6日、姉のYがタピオカ店から給料をもらえておらず、窃盗の犯人のような扱いをされたとインスタで告発。しかし、東スポがタピオカ店関係者を取材したところ、給料は振り込んでおり、窃盗に関しても店から物がなくなったことで、警察の指導で合鍵を持っているYに確認しただけと説明しました。にもかかわらず、木下から《出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》《覚悟決めて認めなちゃい。おばたん》といった一方的な恫喝メールが届き、営業妨害もされたため、法的処置を考えていると明かしました」(芸能記者)

    この問題はネット上を大きく騒がせており、「口が悪すぎる」「もう子供の好きな『モニタリング』(TBS系)とかにも絶対出ないでください」と非難が殺到している。

    そんな木下は過去、テレビ番組の収録中にもキレる場面が何度もあったという。

    「16年放送のバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、芸人がイヤホンでグラドルの言動を操るというドッキリ企画でのこと。その際、ドッキリだと知らない木下は、グラドルに対し『必*のはわかるんですけど、もうちょっと空気っていうものを読んだほうがいいかな』と、凄む場面が話題に。また、13年放送のバラエティ番組『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)では、クイズ回答者のはいだしょうこに対し、『書くの遅いっすけど』と感情を露わにし、泣かせてしまったこともあります。さらに、街で夫のFUJIWARA・藤本敏史に絡んできた一般人には『お前こそ誰だよ! 誰に向かって言ってんだよ!』『次やったらマジで許さねぇからな!』と、大声で激怒したエピソードなどもテレビで明かしており、彼女がキレるのは日常茶飯事だったのでしょう」(テレビ誌記者)

    木下は10月9日に、〈この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした〉と、インスタでタピオカ店側に謝罪した。が、これにも、自身の「恫喝メール」をタピオカ店の関係者がツイッターで公開し木下に批判が集まったため、あわてて謝罪したのではないかという声も少なくない。木下は元ヤンキーだったこともあり、一度頭に血が上ったら誰にも手がつけられない状況になるのかもしれない。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17233897/
    2019年10月15日 10時30分 アサ芸プラス


    【木下優樹菜に法的処置。過去にも問題を起こしていた。共演者を泣かせ一般人にブチギレは日常茶飯事】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のバラエティタレント、女性ファッションモデル、歌手、女優。歌手グループPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。本名、藤本 優樹菜(ふじもと ゆきな)。旧姓、木下。愛称はユッキーナ、ゆきなちゃんなど。
    30キロバイト (3,933 語) - 2019年10月12日 (土) 07:55



    (出典 refinelifekaz.com)



    1 Egg ★ :2019/10/13(Sun) 22:25:14 ID:lickMa199.net

    タレントの木下優樹菜と、姉が勤めていたタピオカドリンク店との間で起こったトラブルが世間を騒がせている。10月6日、木下は自身のインスタグラムで「お姉ちゃんは、一緒にやっていた方に、裏切りのような行動などをされてしまい、しまいには、わたしが、ぜひ来てくださいねって、インスタで、宣伝した事がよほどご迷惑だったらしく、、」と、実姉が勤務していたタピオカ店のオーナーに対し、不信感を持っていることを明かした。

     だがその後、オーナー側の関係者と思われる人間が、「皆さんの誤解を解いておきたいです」と、木下から送られてきたというダイレクトメールの内容をツイッターで公開。真偽は不明だが、そこには「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。いい年こいた*にいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー」「今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ うそつきwww」「んで、給料明細だすの常識な。ww 色々頭悪すぎなw」「あと逆に週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー もーさ、やめなぁ? 覚悟決めて認めなちゃい おばたん」といった恫喝まがいの文面が綴られていたことで、物議を醸している。

     そんな木下は、以前からかなり気性の荒い性格のようで、過去にも一般人に対しマジギレしたことをバラエティ番組で明かしている。

     それは、夫のFUJIWARA・藤本敏史と路上でタクシーを待っていた時のこと。いきなり知らない5人組の男が、「藤本じゃね?」と、馴れ馴れしく近寄ってきたという。波風を立てたくなかった藤本は、そこで「あ、うん…」と反応。しかし、これを聞いた木下は、“お前さ、誰に向かって言ってんだ、ぐらい言えよ”と思ったらしく、夫を差し置いて「つか、お前こそ誰だよ! 誰に向かって言ってんだよ! お前がまず名乗れよ!」と、相手にブチギレたという。そして、「名前聞かせろよ!」とさらに凄むと、相手は「ユッキーナ、こんな感じなんだ……」と恐れおののき、素直に名前を言ってきたそう。

     この状況に、藤本は急いでタクシーを捕まえ、木下を座席に乗せた。だが、まだ怒りの収まらない木下は、偶然、5人組の乗った車がタクシーの横に来た際、わざわざ窓を開けて体ごと乗り出し、「おいコラ、テメェら! 次やったらマジで許さねぇからな!」と大声で叫んだという。これには、隣にいた藤本も「もうホントやめて。ホントやめて……。次は俺が言うから……」と弱々しい声で必死になだめたそう。

     元ヤンキーだったと噂される木下。喧嘩っ早い性格は、大人になってからも変わらないようだ。


    【木下優樹菜の暴言はタピオカ店だけじゃない!一般人にも罵声浴びせ威嚇!発言内容が暴露され更に芸能界から干される】の続きを読む

    このページのトップヘ