チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ:女優 > 長澤まさみ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 Egg ★ :2020/10/06(火) 16:29:56.86

    [画像] 長澤まさみの憔悴 コンフィデンスマンJP終わらせたいと吐露
    竹内結子さん(享年40)が亡くなって数日がたった10月上旬の昼下がり。都内の路上をうつむきながら歩くのは長澤まさみ(33)。その表情からはひどく憔悴している様子が伝わってきた。

    長澤は竹内さんの遺作となり、現在も公開中の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』で主演を務めている。同作の製作関係者は言う。

    「竹内さんは表裏のない姉御肌で、手の込んだ洋菓子などをたびたび差し入れてくれ、スタッフと共演者から愛されていました。わずか2カ月の間に共演した三浦春馬さん(享年30)に続いて竹内さんも亡くなってしまい、みんな大きなショックを受けています」

    同作で共演した俳優の小手伸也(46)は竹内さんの訃報が流れた9月27日、SNSでこうつづった。

    《だめだ、言葉が見つからない、みんなにLINEしたらいいのかな? 僕から? 誰のために? 心配するふりをして落ち着きたいのは自分だろ、悲しい、でももっと悲しんでる人がいる》

    竹内さんが演じたのは、長澤演じるダー子が尊敬する美しき詐欺師・スタア。昨年公開された映画第1弾の『ロマンス編』に続いての出演だった。長澤は現実でも竹内さんへの憧れを長年抱いていた。

    「2人が初めて共演したのは’03年1月に公開された映画『黄泉がえり』。当時デビューまもない長澤さんに、竹内さんは現場で常に優しく接したのです。それ以来、長澤さんは18年間、竹内さんに憧れ続けてきました。

    実は『コンフィデンスマンJP』映画化に際して、長澤さんは竹内さんとの共演を熱望したそうです。最初に一緒のシーンを撮影するとき、竹内さんの出演映画をほとんど見ている長澤さんは『あの映画はよかったですよね!』と話して、2人で大盛り上がり。“憧れの竹内さん”と話しているときの長澤さんはいつも以上にキラキラしていました」(映画関係者)

    長澤のショックは周囲の想像をはるかに超えているという。

    「製作サイドと長澤さんは『コンフィデンスマンJP』を『男はつらいよ』のようなずっと続くシリーズにしたいと考えていました。しかし、長澤さんは『もう3で終わらせたい……』とこぼすほど落ち込んでいるそうです。これ以上の続編は難しいかもしれません」(製作関係者)

    「女性自身」2020年10月20日号 掲載


    2020年10月6日 16時0分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19012312/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【長澤まさみ「終わらせたい」と吐露。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。 静岡県磐田市出身。東宝芸能所属。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。 第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35
    69キロバイト (8,396 語) - 2020年2月16日 (日) 05:28



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    不倫に関係のない人まで迷惑が掛かってしまうとは…

    1 ひかり ★ :2020/02/18(火) 11:14:49 ID:xrHDgxmm9.net

    「昨年5月公開の映画第1弾『コンフィデンスマンJP ロマンス編』は興収約30億円の大ヒット。今年5月公開の第2弾『プリンセス編』のヒットを見越し、
    今秋には第3弾の撮影に入る予定だったのですが……」(映画関係者)

    長澤まさみ(32)が主演した'18年放送のドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)。その映画版2作目となる『プリンセス編』が、5月に
    公開される。

    「先月、長澤さんと詐欺チームを組むボクちゃん役・東出昌大さん(32)に唐田えりかさん(22)との不倫が発覚したことで、状況が一変して
    しまったんです。騒動の余波でどんな影響が出るのか、まだ測りかねるため、今後のスケジュールが一旦、ストップしたんです」
    (前出・映画関係者)

    主演の長澤も、一連の東出不倫報道にショックを隠せないという。

    「現状、映画の宣伝で東出さんがメディアの前に登場するのは難しいです。謝罪会見など、何らかの対応を取らないと、宣伝もままなりません」
    (前出・映画関係者)

    実は長澤にとって、『コンフィデンスマンJP』シリーズ共演者の不倫騒動に巻き込まれるのは今回で2度目だ。映画第1弾『ロマンス編』の公開時には
    小手伸也(46)の不倫報道があり、舞台挨拶で小手が謝罪する一幕もあった。

    「またも共演者の不倫でとばっちりを受け、長澤さんは怒りを通り越して戸惑うばかりだそうです。今回の第2弾『プリンセス編』は、予算もスケールも
    拡大し、マレーシアロケを敢行しました。その際“第3弾を撮るならどこがいいか”も検討され、第3弾では長澤さんも希望していたハワイロケを行う
    予定だったんです。長澤さんも喜んでいただけに、中止になってしまって落胆していると聞きました」(製作関係者)

    そんな長澤だが、5月の映画公開に向けて気持ちを切り替え、孤軍奮闘する覚悟を決めたという。

    「製作のフジテレビは当初、宣伝の一環として長澤さんと東出さんを各バラエティ番組に登場させる予定でしたが、白紙になりました。長澤さんは
    映画の出来栄えに絶対の自信があるため『PRは私一人でも大丈夫です!』と気丈に申し出たそうです」(テレビ局関係者)

    長澤の代表作となった今回のシリーズの今後はどうなるのか――。

    「第3弾の製作中止は避けたいところです。東出さんは主要キャストですから配役変更は難しいでしょう。世間の反応を見ながら、東出さんの出番を
    減らすなど大幅な脚本変更などを検討するしかありません」(前出・製作関係者)

    共演の不倫俳優たちに悩まされ続ける長澤の奮闘が実ることを願いたい。

    「女性自身」2020年3月3日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00010004-jisin-ent


    【長澤まさみ主演のドラマも東出昌大の影響で中止に。被害者続出。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。 静岡県磐田市出身。東宝芸能所属。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。 第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35
    67キロバイト (8,162 語) - 2019年11月13日 (水) 15:07



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/26(火) 20:54:50.12 ID:SGUhRr/h9.net

    女優の長澤まさみが、*取締法違反の容疑で逮捕された沢尻のエリカに対し〝高笑い〟しているともっぱらだ。

    「長澤は『もうエリカも完全に終わったね』なんてことを言っているようです。長澤と沢尻は、広瀬すずと橋本環奈のライバル関係とは似て非なるもの。
    すずが『カンナちゃんカワイイ』と言えば、環奈も『すずちゃん人気だよね』と、心ではどう思っていようと、お互いしっかり社交辞令。
    対して長澤VS沢尻は、まさに憎悪ムキ出し。長澤は沢尻を『不良』と呼び、沢尻は長澤を『コネ女』と徹底的に嫌っていた。これは10代のころからの話です」(アイドルライター)

    長澤は、父親がサッカー評論家で元ジュビロ磐田の初代監督だった長澤和明氏。対して沢尻は、10代から飲酒や喫煙が囁かれていた。

    「しかも2人の間には、男が絡む〝闇〟もあります。長澤は2003年、映画『ロボコン』で俳優の塚本高史と共演し、その後に交際。
    塚本は06年に映画『タイヨウのうた』に主演。ほぼ同時期、ドラマ版『タイヨウのうた』に出演した沢尻と知り合い、交際に発展したのです。
    つまり長澤をフッて沢尻に乗り換えた。長澤と沢尻は以前からキャラが合わなかったこともあり、沢尻は長澤と塚本が交際しているのを知って、塚本を狙い撃ち。奪ったわけです。
    イベントで長澤が沢尻をニラみつける写真も存在し、2人の不仲はあまりにも有名になりました」(同・ライター)

    かつての取り巻きも戦々恐々
    そんな10年以上の憎悪相手だけに、今回、沢尻が逮捕されたことに、長澤は喜びを隠さないという。

    「彼女は同棲したものの、結局別れた俳優の伊勢谷友介にまで『捕まったんだって!?』と確認の連絡をしたそうです。
    伊勢谷はDV癖があることで知られ、長澤も泣く泣く別れたのですが、今回、連絡したことで復縁なんてこともあるかしれません。
    伊勢谷は交際ではありませんが、沢尻とは付き合いがあります」(同)

    かつて「沢尻会」という飲み会集団もあったが、当時のメンバーで今も活躍しているのは、タレントの中川翔子や女優の佐々木希ぐらいなもの。

    「会のメンバーだった人間も、今後、借金まみれになる沢尻に関わりたくないでしょう。田代まさしの例もあるし、*は関わったものが負けです」(芸能ライター)

    沢尻エリカ、まさにジリ貧だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2092731/
    2019.11.26 17:30 まいじつ


    【長澤まさみと犬猿の仲の沢尻エリカ 完全終了復帰不可能でたかわらい!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。 静岡県磐田市出身。東宝芸能所属。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。 第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35
    66キロバイト (8,128 語) - 2019年10月1日 (火) 05:11



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 牛丼 ★ :2019/11/02(土) 15:33:11 ID:8YdTRpQv9.net

    長澤まさみのデビューのきっかけはゴン中山? 芸能界、意外に多いサッカー選手の娘たち

     2019年も『コンフィデンスマンJP』や『キングダム』、『マスカレード・ホテル』などの話題作に出演し、映画女優としての地位を確立しつつある長澤まさみ。10月1日には新国立劇場で一人舞台「ガールズ&ボーイズ」に、女優生活20年目を迎える2020年5月に挑戦することが発表されるなど、活躍の幅を広げている。

     そんな長澤であるが、デビューのきっかけは珍しいものだった。

     長澤の父親は元サッカー日本代表の長澤和明氏。父・和明氏は現役時代、Jリーグの前身である日本サッカーリーグで活躍し、1985年にはワールドカップアジア予選に出場するなど卓越した技術とパスセンスを併せ持ったゲームメーカーだった。

     そんな和明氏が現役晩年の1987年に生まれたのが長澤である。和明氏は現役を引退後、ヤマハ発動機(現ジュビロ磐田)の監督に就任。ヤマハには若き日のゴン中山こと中山雅史がいた。2007年1月1日に放送された『お正月やべっちSP』(テレビ朝日系)では、長澤がビデオ出演してゴン中山とのエピソードを披露。一緒に食事に行くなど家族ぐるみの付き合いで、長澤が小学1年生の時にはゴン中山から冗談でプロポーズされるなど仲の良い関係性にあったことを明かしていた。

     その後、中山の妻で女優の生田智子が雑誌のインタビューで、長澤が女優になりたがっていると知った長澤の母親から相談を受けたと明かしている。生田が東宝芸能所属だったこともあり、新人女優オーディションの「東宝シンデレラオーディション」を受けるよう勧めたところ、3万5153人の中から当時史上最年少の12歳でグランプリを獲得。見事に芸能界入りを果たしたという。もし生田の勧めがなければ、女優・長澤まさみは誕生していなかったかもしれない。

     二人は現在も同じ事務所に所属し、2012年にはドラマ『高校入試』(フジテレビ系)で共演を果たしている。長澤は2013年にインタビューで、「ゴンさんが夢を見させてくれたから自分も芸能界に入ったのかなって思うと、導いてくれた人なのかなって感謝してます」と語るなどゴン中山夫妻の影響があったことを明かしている。

     長澤と同じようにサッカー選手であった父親を持つ芸能人は意外と多い。その中で最近活躍が目覚ましいのは5人組女性ボーカルグループ「Little Glee Monster(リトル・グリー・モンスター)」の、かれんだ。

    中略

     この他にもアナウンサーの永島優美や女性アイドルグループSKE48の元メンバーである石田安奈など、父親がサッカー選手であった芸能人は多い。また、サッカー選手には美形が多く、その遺伝子を継ぐ二世たちにも美形が多い。今後も多彩な才能を持ったサッカー選手の子供たちが芸能界で活躍する機会がありそうだ。

    https://npn.co.jp/sp/article/detail/28991693/


    【長澤まさみのデビューできたのはやっぱりコネ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。 静岡県磐田市出身。東宝芸能所属。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。 第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35
    66キロバイト (8,128 語) - 2019年10月1日 (火) 05:11



    (出典 dot.asahi.com)



    1 黄金伝説 ★ :2019/10/27(日) 12:09:50.37 ID:IHAbWYMv9.net

     ついに長澤まさみが“全裸出演”を果たす――。そんなウワサに関係者が色めき立っている。山田孝之主演のNetflixオリジナルドラマ『全裸監督』に、何と長澤が出演するのでは、というのだ。
    「『全裸監督』はバブル景気の中、セクシー業界はもとより、日本人の“性”にも革命を起こした村西とおる監督の半生を描いた作品。その苛烈なる生き様は、190の国と地域で、28の字幕言語、12の吹き替え言語で配信され、すでにシーズン2の製作が決定し、撮影も進んでいます」(映画ライター)

     企画当初はイロモノ作品と思われており、オファーを受けた女優たちの多くが出演を断ったといわれている。しかし、これが世界的な注目作品となったことで、現在、逆売り込みが殺到する事態となっているという。

     そんな中、撮影現場では下ネタトークで共演者をドン引きさせ、あのリリー・フランキーとも対等にスケベ話で盛り上がることができる長澤だけは、当初からこの作品に興味津々だったというのだ。
    「主演の山田とは、映画やドラマでの共演を通じて、仲のいい友人関係にあることもあり、『全裸監督』の放送開始にあたり、《今年一番の楽しみが始まる!! 題名に囚われるんじゃない!! 人生って驚きの出来事の連続です!! これはもう、見るべき、見るべし、語るべし!!》と、熱い推薦コメントを寄せていました」(同・ライター)

     そう、長澤は最初から、この作品に出たくてタマらなかったというのだ。
    「これまで不倫や官能作品には事務所NGで出演がかなわなかった長澤でしたが、今年、出演作をすべてヒットさせたことで作品選びに長澤の意見が大きく反映されるようになってきた。そこで長澤がいの一番に挙げた希望が『全裸監督』への出演だったとのことで、製作サイドは大喜び。シーズン2は間に合わずとも、今後、シーズン3やドラマ化の話もあり、サプライズ出演への調整が始まったと伝わってきます」(芸能関係者)

     セクシー業界を描いた作品だけあって、ハダカ満載カラミ満載の超過激作品。注目されるのは、長澤の役どころである。
    「当然、長澤に用意されるのは、時代を彩った伝説のセクシー女優役となるでしょう。そうでなければ、誰よりも本人が納得しないでしょうね」(同・関係者)

     ついに長澤の全裸が拝める!? 仮にそこまでいかずとも、あの激エロ撮影現場に長澤が入るというだけでもめちゃくちゃコーフンだ!

    https://npn.co.jp/article/detail/44094402/


    【長澤まさみが全裸!過激シーンや絡みも否定なし!?『全裸監督』出演濃厚で事務所困惑か】の続きを読む

    このページのトップヘ