チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ:女優 > 沢尻エリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    沢尻 エリカ(さわじり エリカ、1986年4月8日 - )は、日本の元女優。本名、澤尻 エリカ(読み同じ)。 東京都出身。スペインに所在する個人事務所・エル・エクストラテレストレ所属(エイベックス・マネジメント(旧エイベックス・ヴァンガード)と業務提携)。 歌手としても、Kaoru
    48キロバイト (5,132 語) - 2020年2月11日 (火) 13:30



    (出典 daishi-shirokuma.com)


    今後の活動が気になりますね。
    薬物をいったん辞めても、その快楽からまた手を出してしまう人も多いですから、しっかり更生をしてほしいですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/12(水) 07:45:16 ID:fN8N8kSi9.net

    「彼女にとって女優に戻ることが、いいことなのかどうか……」

     本誌記者にそう語ったのは、2月6日に有罪判決が下された沢尻エリカ(33)の兄・澤尻剣士さん(38)だ。

    剣士さんは、1月31日の沢尻の初公判に、証人のひとりとして出廷。
    「留置中や入院中は、面会に行っていました」「僕にできることがあれば、経済的なことを含め、話を聞きながら進める」と、妹の今後を案じていた。

    沢尻の更生のカギを握る、肉親のひとりだ。

    じつは本誌記者と剣士さんは、以前から顔見知りだった。
    剣士さんは、都内の飲食店に店長として勤めているが、2008年に彼の仕事ぶりを取材していた。

    初公判後の2月某日、本誌記者が別の事件の取材で都内にいると、偶然にも歩いてくる剣士さんと出くわした。

    声をかけると、初めは「僕の口からは、なにも言えません」と断わられたが、証言台に立った気持ちなどを尋ねていくと、剣士さんは少しずつ重い口を開いてくれた。

    ――証人として、出廷したのは大変だったのでは?

    「緊張しましたよ。慣れないことですから」

     長兄の剣士さんは、「澤尻家」の代表として、証言台に立った。
    沢尻の父は、彼女が中学生のときに病死。
    高校時代には、次兄も交通事故で亡くしており、沢尻を支えたのは母・リラさんと剣士さんだった。

    その初公判で、沢尻は「兄に対しても心配や迷惑をかけ、裁判にまで来てもらい、このような思いをさせて申し訳ない」と、兄への思いを吐露するとともに、「女優への復帰は考えていません」と明言していた。

    剣士さんに、沢尻の将来についても尋ねた。

    ――妹さんの女優復帰について、どう考えているか?

    「僕は、女優はやめたほうがいいと思います」

    ――「僕にできることがあれば」と証言していたが、剣士さんの店で働く可能性はある?

    「働かせることまでは無理かもしれませんが、僕が支えていくことになると思います」

    ――社会的に孤立させないのが大事だとされている。妹さんと一緒に暮らす考えは?

    「僕は結婚していますので、同居はわかりません」

    ――妹さんは薬物をやめられるのか?

    「裁判で証言したとおりで、彼女は(薬物の使用を)後悔していますから……絶対にやめさせます」

     わずか5分足らずだったが、剣士さんは真摯に答えてくれた。

     出演するはずだったNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で、沢尻の演技を見たかったという声は絶えない。罪を償えば、必ず “復活” の道は見えてくるはずだ。

    2/12(水) 6:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200212-00010001-flash-ent


    (出典 i.imgur.com)


    【沢尻エリカのイケメン兄が女優を辞めさせる?!薬物と決別はできるのか。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    沢尻 エリカ(さわじり エリカ、1986年4月8日 - )は、日本の元女優。本名、澤尻 エリカ(読み同じ)。 東京都出身。スペインに所在する個人事務所・エル・エクストラテレストレ所属(エイベックス・マネジメント(旧エイベックス・ヴァンガード)と業務提携)。 歌手としても、Kaoru
    47キロバイト (5,015 語) - 2020年1月31日 (金) 12:11



    (出典 grapee.jp)



    1 牛丼 ★ :2020/01/30(Thu) 20:45:47 ID:dvFgpg989.net

    *取締法違反の罪で起訴された女優の沢尻エリカの初公判が、明日31日に開かれる。保釈の際も報道陣の前に一切姿を見せず、そのまま病院に入院したため、初公判ではどのような表情を見せ、何を語るのかが注目されている。

    「すでに東京地裁の傍聴券交付の抽選案内が公表されていますが、当日は午後3時の開廷で、午前9時30分頃から抽選券の交付が始まり、午前11時には締め切られるもようです。傍聴希望者の集合場所は、酒井法子が覚せい剤取締法違反の罪で起訴された事件の初公判と同じく日比谷公園です。酒井のときには6000人以上の傍聴希望者が集まりましたが、今回も地裁は用意周到に準備を整えている様子がうかがえます」(マスコミ関係者)

     沢尻は現在、都内の有名大学病院に入院していると報じられているが、週刊誌記者は語る。

    「沢尻が業務提携というかたちで事実上所属しているエイベックス・マネジメントは、保釈された先月6日に『本人を更生するための支援をいたします』という異例のコメントを発表し、今に至るまで沢尻を手厚くフォローしています。薬物依存治療のために現在入院している名門病院でも、厳重にセキュリティーが守られた個室があてがわれ、その入院費も*にならない。ただでさえ多額の損害賠償金を背負わされるエイベックスが、なぜそこまでして沢尻を守るのか。よほど沢尻を囲わなければならない理由があるのかもしれません」

     その理由について、スポーツ紙記者は言う。

    「直撃取材でもされたら何を話すかわからない危なっかしい沢尻が、裁判で不利になるような発言や、エイベックスにとっても不利益になるような発言をメディアの前でしてしまわないように、監視しているように見えますね。エイベックスはマスコミ各社からの問い合わせに対しても、“初公判ですべて話すから”という理由で、“本人による謝罪やコメントなどは出さない”という姿勢です」

     また、テレビ局関係者は言う。

    「沢尻は2010年から個人事務所エル・エクストラテレストレを軸として活動しており、エイベックスとはあくまで業務提携という関係だった。その後、12年公開の映画『ヘルタースケルター』で女優に本格復帰して以降は、事実上エイベックスのマネジメント下に置かれ、これまでの“お騒がせ女優”というイメージが薄れて、“大人になった”“成長した”などと世間からの評価も変化しました。
    以下全文
    https://biz-journal.jp/2020/01/post_139584.html


    【沢尻エリカに大金がかけれられ理由。口封じのために事務所が動く。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    沢尻 エリカ(さわじり エリカ、1986年4月8日 - )は、日本の元女優。本名、澤尻 エリカ(読み同じ)。 東京都出身。スペインに所在する個人事務所・エル・エクストラテレストレ所属(エイベックス・マネジメント(旧エイベックス・ヴァンガード)と業務提携)。 歌手としても、Kaoru
    47キロバイト (5,015 語) - 2020年1月31日 (金) 12:11



    (出典 img.jisin.jp)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2020/01/31(金) 17:03:35 ID:XpZLfj7z9.net

    医師は心理学の専門医で、「軽い*依存症」との診断結果を明らかにした。

    弁護人 「依存症患者の治療に取り組んでいる?」

    証人 「ずっと関わっている疾患です。主にアルコール依存。覚醒剤、薬物依存にも関わってきました」

    弁護人 「沢尻さんとの関係は?」

    証人 「保釈されて以来、当院に入院し、治療に努めてきた」

    医師は、脳の画像検査や精神状態をみる検査、血液検査、記憶を調べる検査を沢尻被告に実施したと証言し、続けた。

    証人 「MDMAやLSDについては依存症の診断を満たすとは考えていません。*については軽い依存症があった」

    医師は、沢尻被告がMDMAやLSDをクラブで騒ぐ時に数カ月に1回程度で使っていると説明。いつも使うことは考えておらず、依存症の基準を満たさないとした。
    一方で、*に関しては、(ドラマなどの)撮影期間は使っていないが、長い休みの時に使いたいという気分で使っていて、
    使う量が増えることがあったとした。

    弁護人 「今後、必要な注意は?」

    証人 「(薬物を)やめようという気持ちを持ち続けられるか。今は問題を起こした直後なので強い気持ちがあるが、
    1年、2年たつと薄れるというのがよくある。家族らと相談することが非常に重要」

    法廷の弁護側の席でやりとりを聞いていた沢尻被告。この場面で、数回、首を縦に振ってうなずいた。

    弁護人 「沢尻さんの依存症克服のための姿勢はどうでしたか」

    証人 「スタッフもびっくりするほど真面目に取り組んでいた。他にすることがなかったからかもしれないけど……」

    沢尻被告の表情が緩んだ。

    弁護人は今後の治療計画についての話題を持ち出した。

    証人 「月に1度、来てもらい、考え方を確認する。疑いたくはないが、薬物キットを使って本当に使っていないかを確認する。
    孤立させないようにみんなでサポートする」
    https://mainichi.jp/articles/20200131/k00/00m/040/148000c


    【沢尻エリカの現在。依存症と今後の活動は?1人にさせない、させてはいけない。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    沢尻 エリカ(さわじり エリカ、1986年4月8日 - )は、日本の元女優。本名、澤尻 エリカ(読み同じ)。 東京都出身。スペインに所在する個人事務所・エル・エクストラテレストレ所属(エイベックス・マネジメント(旧エイベックス・ヴァンガード)と業務提携)。 歌手としても、Kaoru
    47キロバイト (5,015 語) - 2020年1月31日 (金) 12:11



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 ひかり ★ :2020/01/31(金) 20:50:28 ID:9mtHvlbs9.net

     *取締法違反の罪に問われた女優の沢尻エリカ被告(33)は31日、東京地裁の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。
    検察側は懲役1年6月を求刑し、弁護側は執行猶予付きの判決を求めて即日結審した。

     女優復帰については「考えていません」と明言した沢尻被告。
    「影響のある立場の人間としてあまりに身勝手な行為により、多くの方々を裏切り、傷つけた。その代償は計り知れない。資格はないと思います」と
    はっきりした口調で理由を語った。

     関係者によると、所属事務所と将来について時間をかけて話し合うといい、「即引退」ではないという。弁護側は通院治療を続けることで
    再犯は防げると主張し、執行猶予付きの判決を求めた。

     「全力で更生していくこと、罪を思って反省していくことが自分のできる唯一のつぐないだと思っています」。違法薬物で女優の道は
    黒く塗りつぶされ「多くのものを失った」。虚空を見つめる沢尻被告の目には、未来を見据える生命力が失われていた。

    中日スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-00010058-chuspo-ent


    【沢尻エリカが芸能界から引退しない?事務所がさせない?理由とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    沢尻 エリカ(さわじり エリカ、1986年4月8日 - )は、日本の女優、歌手。本名、澤尻 エリカ(読み同じ)。 東京都出身。スペインに所在する個人事務所・エル・エクストラテレストレ所属(エイベックス・マネジメント(旧エイベックス・ヴァンガード)と業務提携)。 歌手としても、Kaoru
    46キロバイト (4,890 語) - 2020年1月13日 (月) 15:35



    (出典 cdn.ironna.jp)



    1 Egg ★ :2020/01/31(金) 09:34:55.31 ID:5j24UzNV9.net

    「NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』が好調と聞いて、安堵と申し訳ない気持ちの両方を痛感しているのでしょう。周囲には“ご迷惑をおかけしました”と謝罪のメッセージも送ったとか」

     そう明*のは、1月31日に初公判を迎える沢尻エリカ(33才)の知人だ。

     2019年11月に合成*MDMAを所持したとして、*取締法違反の容疑で逮捕・起訴された沢尻。2月中旬には判決が出る予定だが、水面下では復帰プランが進行中だという。

    「過去の例から、Vシネマや舞台での復帰かと思いきや、早くも地上波に彼女が出る可能性が指摘されています。

     芸能人が逮捕されると、所属事務所を解雇されることが大半ですが、沢尻さんは現状、残ったまま。保釈時には事務所が“本人が更生するための支援をいたします”と全面的なバックアップも宣言。こうした状況から異例の復帰が噂されているのです」(芸能関係者)

     その時期はいつになるのか。

     参考になるのが、2009年11月に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた酒井法子(48才)だという。彼女は、約1年後の2010年12月に『情報7daysニュースキャスター』(TBS系)に、VTR出演し、当時の心境を語った。その後は、コンサートや舞台が中心になり、次に地上波に出演できたのは2013年10月の『さんまのまんま』(フジテレビ系)である。

    「地上波はスポンサーの許諾を取る関係で、出演ハードルが高くなる。酒井さんの最初のVTR出演は報道という意味合いもあったので、純粋なテレビ番組出演まで4年もかかったことになる。これが、テレビ業界でいわれる“のりピー基準”です。

     判決次第ですが、沢尻さんはすぐに罪を認めているし、事務所のバックアップもあるはずなので、酒井さんより早く地上波に復帰するとみられています。『麒麟がくる』の放送が終わる今年の年末あたりの可能性もゼロではありません」(前出・芸能関係者)

     芸能界史上最速で“沢尻がくる”となるだろうか。

    ※女性セブン2020年2月13日号

    1/31(金) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200131-00000005-pseven-ent

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【沢尻エリカが薬物で逮捕されるも最速で地上波に姿を現す。】の続きを読む

    このページのトップヘ