チーター速報トレンド情報

芸能情報をどこよりも速く!丁寧にお伝えします!

    カテゴリ:お笑いタレント・モノマネ芸人・芸人 > いとうあさこ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    いとう あさこ(1970年6月10日 - )は、日本のお笑いタレント(ピン芸人)、リポーター。本名、伊藤 麻子(読み同じ)。 あだち充の野球漫画『タッチ』のヒロインである浅倉南のコスプレをすることが多い。あさこイライラする、が口癖である。 東京都渋谷区出身、中野区在住。マセキ芸能社所属。東郷幼稚園
    32キロバイト (4,470 語) - 2019年10月21日 (月) 11:34



    (出典 news.mynavi.jp)


    確かに、いとうあさこさんは好感度高いし個人的に、私も好きです(❁´ω`❁)

    1 牛丼 ★ :2019/10/27(日) 09:22:04 ID:L83d4PIQ9.net

     10月19日に放送された、土曜スペシャル『あさこ梨乃まあさ3人娘の3万円旅』(テレビ東京系)で、いとうあさこ・かたせ梨乃・高橋真麻が静岡県で予算5万円内の旅をするという企画に挑んだ。番組での高橋真麻のマイペースなわがままぶりが、ネットで「文句言い過ぎ」「先輩への配慮がない」「番組を観てみて高橋真麻が苦手になった」等、主に女性から酷評を買う事となった。

     高橋は、大物俳優・高橋英樹を父親に持つ代表的な二世芸能人であり、誰もが知るお嬢様だ。今回の番組での高橋の態度について、「ネタなのでは?」との声もあるが、仮に“お嬢様キャラとしてのネタ”であっても、それを見て不快に思う声が上がっている事実があり、徐々にアンチが増えてきている傾向だ。

     “お嬢様”と言えば、一般的に裕福で心豊かな家庭環境で大事に育てられた事から、「清楚で上品」「おっとりしている」「心に汚れや歪みがなく澄んでいる」「悩みがない」「良くも悪くも世間知らず」といった良いイメージもある。このイメージに反するので、高橋は“悪いお嬢様”と捉えられたのだろう。

     しかし、高橋が非難を浴びたように、お嬢様が持ち合わせる実際の性質の中には、以下のような困った性質もしばしば見受けられる。

     まず、生まれながらに特別な環境で育ったため、特権意識が強い場合が多い。また、両親からだけではなく、あらゆる関係者から適度以上に周囲に褒められおだてられて育ったため、「私なら何とかなる・できる・きっと大丈夫」といった高い自己肯定感と余裕のある態度が、世間一般の感覚からズレて、「傲慢」や「自信過剰」と捉えられることもある。

     そして、いつも何らかの援助によって支えられてきたため、一般家庭で育った人よりも我慢する事への耐性が低く、問題解決能力が低い場合もある。そうなると周囲のフォローが必要になる事も多いため、それを負担に感じる人から「わがまま」と捉えられてしまう事になる。しかし、お嬢様にとっては、これまでがそうであったように、周囲の人物が自分のために犠牲を払って援助してくれる事は当然であって、自分が「わがまま」であるという自覚を持ち難い。そして、その自己肯定感の高さから、よほどの事がない限り自分が敬遠されているという自覚も起こり辛い。高橋の場合も、わがままな部分が批判されていることから、困った事があればすぐに手を差し伸べてくれる甘い家庭環境で育った可能性が高い。

     ただし、もちろん裕福な家庭に育ったお嬢様全員にこれら全てが当てはまる訳ではない。

     例えば、今回の共演者だったいとうあさこもお嬢様育ちである事が知られているが、彼女は自分の力で行動するように育てられたためか、お嬢様の割にハングリー精神が旺盛で、積極的な印象が強い。

     また、いとうは「浅倉南、38歳。最近なんだか、イライラする!」という印象的なフレーズでブレーク、とても“お嬢様”どころか“女らしさ”すら感じさせない、自由で大胆な芸風のネタが評価され、現在は多方面で活躍している。このように意外性のある自由な発想は、それを許されて育ったか、あるいはそれを極端に制限されて育った反動かに分かれるが、家出をしたり芸人の道を選んでも実家に勘当されたエピソードが無いことから、最終的には自由な発想を許してくれる、懐の深いご両親と考えていいだろう。

     さらに、仲間のためなら自己犠牲も厭わないといった人間性や、後輩の面倒見の良さといった人情深い人柄も、いとうが支持されている理由の一つだ。こうしたいとうの人柄には、裕福な家柄にも関わらず、結果的にはいとう個人の事情をよく理解し、汲み取ってくれたご両親の人情深い姿があってこそかもしれない。もちろん、いとう自身の知性や生まれ持った気質の要素も関係しているだろう。

     つまり、お嬢様育ちの高橋といとうの人格形成パターンの違いは、本人が生まれ持った気質の違いはもちろん、親から与えられた環境の違いによるものが大きいと言える。

     人によっては、お嬢様に対して良くないイメージの方が強い場合もあるが、その場合は、逆にお嬢様ならではの良い所を知った時、意外な一面として好感が持てるかもしれない。

    https://npn.co.jp/sp/article/detail/85500009/


    【“お嬢様育ち”である高橋真麻といとうあさこの好感度が全く違う理由は家庭環境と育ち方?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    いとうあさこ、ゴール直後に絶叫「4人のタスキを持ってきました!」 - マイナビニュース
    お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜、ガンバレルーヤのよしこ、日本テレビの水卜麻美アナウンサー、お笑い芸人のいとうあさこがタスキをつないでゴールした日本テレビ系 ...
    (出典:マイナビニュース)


    いとう あさこ(1970年6月10日 - )は、日本のお笑いタレント(ピン芸人)、リポーター。本名、伊藤 麻子(読み同じ)。 あだち充の野球漫画『タッチ』のヒロインである浅倉南のコスプレをすることが多い。あさこイライラする、が口癖である。 東京都渋谷区出身、中野区在住。マセキ芸能社所属。東郷幼稚園
    32キロバイト (4,435 語) - 2019年8月25日 (日) 15:20



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 muffin ★ :2019/08/26(月) 12:13:39.89 ID:EwkQT2WU9.net

    https://mdpr.jp/news/detail/1863943
    2019.08.26

    日本テレビ系にて放送された「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(8月24日・25日放送)で行われた「24時間駅伝」でチャリティーランナーを務めた1区・近藤春菜(ハリセンボン)、2区・よしこ(ガンバレルーヤ)、3区・水卜麻美アナウンサー、最終4区・いとうあさこが放送終了後、取材に応じた。

    アンカーを務めたいとうは「何回も言っちゃうけど、時間内にゴールできなかったのは悔しかったけど、4人が繋げてよかった」と率直な心境を明かし、「信号の度に意識が飛んじゃう。けど、走ったら平気だった」と振り返った。

    また、最後の2時間はトレーナーから放送時間内ゴールは間に合わないと言われていたそうで「これはあと2時間保たないんじゃないのかなって、不安と恐怖があって」とネガティブな心境になっていたことも明かし、「(トレーナーさんが)仙骨を触ってくれて、そうすると人って進むんだって」と、前に進めたことを話した。

    一方、第1走者となった近藤は「人生で自分で自ら、こんな長い距離を走ろうと一度も思ったことがなかったので、走り終わったとき自分がどうなるのか、どういう自分の中で変化が生まれるのか」と思っていたそう。しかし、それ以上に「3人と一緒にゴールがしたくて、完走したい思いに純粋になって、楽しかったし、気持ちが良い時間でした」と振り返った。

    2区を走ったよしこは、近藤の顔が見えた瞬間にグッときたそうで、「これが駅伝かと思いました。今までにない感じがして、(近藤を)抱きしめちゃいました」とハグした理由を明かした。

    総合司会兼ランナーとなった水卜アナ「楽しかった」と何度も話し、「人生でありがたい経験ができた」と感謝。「4人で集まるとめちゃくちゃ楽しくて、4人で集まる期間は多くはなかったけど、辛い苦しいとは1回も言ってなくて、ふざけあってて、夏の最後にみんなに楽しいなって思ってもらえたら(と思って走った)」と笑顔を絶やさなかった。


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    【【24時間テレビ】いとうあさこ、改めて謝罪 トレーナーから放送時間内ゴールは間に合わないと言われ「不安と恐怖があって」】の続きを読む

    このページのトップヘ