チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ:タレント > 古市憲寿

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    古市寿(ふるいち のりとし、1985年1月14日 - )は、タレント、自称社会学者、作家。東京都出身。 東京都墨田区生まれ、7歳で埼玉に引越した。 埼玉県立越谷北高等学校卒業。 2003年、應義塾大学環境情報学部にAO入試で入学。 2005年、ノルウェーのオスロ大学に交換留学(- 2006年)。
    19キロバイト (2,318 語) - 2020年2月2日 (日) 09:47



    (出典 www.koubo.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/05(水) 08:04:23 ID:EpieMZO09.net

    1月29日に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、社会学者の古市憲寿(35)が、ふだんの毒舌キャラとは違う一面を見せたことが話題になった。
    今回は「猫中心で生きている女たち」というテーマで、女性芸能人だけでなく古市も参戦。
    ゲストたちが愛猫話で盛り上がる中、古市は猫の「舐め癖」について取り上げられた際に「(飼い猫が)たまに舐めてきますけど、人間よりはいいなと思って」「人間は嫌だけど、猫なら大丈夫」とコメント。
    潔癖症でも知られる古市は、以前バラエティで「キスは唾液の交換」と発言し、嫌悪感をあらわにしていたこともある。

    MCの後藤輝基(45)が、指原莉乃(27)と猫ならどちらとキスをするかと聞くと、古市は「絶対猫ですよ、そんなもんは」と即答。
    指原は「あのね。私だって猫ですよ!」と憤慨していた。
    今回番組では、古市と飼い猫の「モカちゃん」とのカレンダー撮影に密着したが、そこには人間には冷たい古市の思わぬ顔が映し出されていた。

    VTRでは、愛猫のための衣装選びを行っている姿が映し出され、フリルだらけの服を見て「そんなにガーリーじゃなくてもいい」など、真剣な様子。
    20分あまり悩んで衣装を決めるという熱の入れようだった。写真撮影が始まると、カメラマンやアシスタントさんの手前、
    最初はクールな態度をとっていたが、徐々に撮影の空気になれてくると笑顔で「モカちゃん」と名前を呼び始めた。

    その後、古市自身も衣装を着て、笑顔でモカちゃんと一緒に写真撮影に参加。出来上がったカレンダーがスタジオで紹介されると、
    出演者たちはモカちゃんだけでなく、いつもとは違う柔和な笑顔を浮かべた古市の写真を「かわいい!」と大絶賛していた。

    これを見た視聴者も「古市憲寿バリかわいいんだけど」「カレンダーほしい!」「古市憲寿さんがどんどん人間味を増していっててかわいい」
    「やばい、猫にデレてる古市氏かわいい」「毒舌キャラとのギャップがありすぎるw」「猫は古市さんみたいな人でも変えてしまうんやなあ」「本当に癒される」と大喜びだった。

    古市は昨年10月に放送された同番組内で、生後4か月だったマンチカンのモカちゃんを飼うことを決めた。
    決め手は、目を見て「ミャー」と鳴かれたという運命的な出会いを感じたから。
    指原もマンチカンを飼っているため、「指原さんと同じ猫飼ってんのかって、その呪縛から脱するように頑張ります」
    と毒を吐いていたが、それよりも今では愛猫がかわいくて仕方ないようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2181260/
    2020.02.05 07:30 日刊大衆


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【古市憲寿、指原莉乃とのキスはNGだけど…接吻OKなのって?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    芥川賞落選の古市さん小説 「他人の作品参考」はありか - 朝日新聞
    第161回芥川賞(7月発表)で候補作の一つだった社会学者の古市憲寿さんの小説「百の夜は跳ねて」が、同賞選考委員の厳しい評価にさらされた。別の作家の小説を参考 ...
    (出典:朝日新聞)


    古市 憲寿(ふるいち のりとし、1985年1月14日 - )は、日本の社会学者、作家。東京都出身。 埼玉県立越谷北高等学校卒業。 2003年、慶應義塾大学環境情報学部にAO入試で入学。 2005年、ノルウェーのオスロ大学に交換留学(- 2006年)。 2007年、慶應義塾大学環境情報学部を卒業、東
    17キロバイト (2,122 語) - 2019年8月21日 (水) 09:16



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 :2019/08/28(水) 12:17:01.55 ID:/LXsZfPn0●.net BE:448218991-PLT(14145)


    (出典 img.5ch.net)

     第161回芥川賞(7月発表)で候補作の一つだった社会学者の古市憲寿さんの小説「百の夜は跳ねて」が、
    同賞選考委員の厳しい評価にさらされた。別の作家の小説を参考にした手法をめぐっての批判だが、
    なかには肯定的にとらえた選考委員もいた。文学の独自性や創作手法について考える契機になりそうだ。

     テレビのコメンテーターなどでも活躍する古市さんは今回が2度目の候補だった。「百の夜は跳ねて」は
    高層ビルの窓ガラスを清掃する青年が主人公。文末に参考文献の一つとして、窓拭き職人らを描いた
    木村友祐さんの小説「天空の絵描きたち」があった。木村さんの作品は文芸誌「文学界」の2012年10月号の
    掲載で、単行本化はされていない。芥川賞の候補にもならなかった。

     今月10日に発売された月刊総合誌「文芸春秋」9月号に、芥川賞の選考委員による選評が掲載された。
    そこで古市さんの作品について厳しい言葉が並んだ。
    https://www.asahi.com/articles/ASM8W574ZM8WUCVL01X.html


    【古市憲寿が他人の作品を自分のものだと紹介したのに擁護する声が】の続きを読む

    このページのトップヘ