故郷石巻にたった1人の出版社 RAD野田が押した背中 - 朝日新聞
いい本とは売れる本。そう信じていた。だが大震災を経て、それは違うと思い始めた。本当にいい本を探し、宮城県石巻市出身の編集者が地元に、たった1人の出版社を立ち ...
(出典:朝日新聞)


野田 洋次郎(のだ ようじろう、1985年7月5日 - )は、日本のシンガーソングライター、俳優。ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル、ギター担当であり、殆どの曲で作詞・作曲を手掛ける。東京都出身。身長180cm。血液型はA型。慶應義塾大学環境情報学部を中退。
32キロバイト (3,356 語) - 2019年8月21日 (水) 09:43



(出典 livedoor.blogimg.jp)



1 ゴン太のん太猫 ★ :2019/08/29(木) 16:30:38.38 ID:3BQmzdaE9.net

若者の自殺が増える傾向にある夏休み明けを前に、悩み、傷つき、苦しんだ著名人たちが、しんどい思いを抱える「君」へメッセージを送る。

映画「天気の子」の主題歌などを手がけるRADWIMPSの野田洋次郎さんは、10代の頃、いじめ、不登校、親子関係の葛藤などを経験した。
同じように悩む若者に向けて、「今とは違う未来はくる。逃げて、叫んで、泣いていい。君が操縦席に座る『君』を守ってほしい」とメッセージを送る。

アメリカで3校、日本で1校、合計4回小学校が変わった。転校のたびに学校やクラスの常識、ルール、空気は一変し、毎回イチから。自分はどこに行ってもマイノリティー、異物のような感覚がずっとあった。

 日本に帰ってからは洋次郎という珍しい名前をからかわれたり、「英語話せよ、アメリカ帰り」と茶化(ちゃか)されたり、いびられたり。
ランドセルも持たない僕は日本に帰っても、やはり異物だった。アメリカでも日本でも、大体そういう嫌な経験があると僕は下を向いていた。その「いやな時」が過ぎるのをただじっと待った。下を向いて。

 そんな状況が続いた半年後くらい、いよいよやってられなくなり「いい加減にしろよ」と反撃に出た。振り絞るように怒った。
ちょうど身長も急激に伸びた頃で、そこからパタッと嫌がらせはなくなった。

日本に帰ってしばらくすると、家にあったギターを弾き始めた。中学に上がると徐々にのめり込み、バスケの部活を終えて帰ると「もう寝なさい」と言われるまで弾いて歌い続けた。
 はじめて歌詞を書いたのは中2。友達はいた。部活の仲間もいた。スタメンで活躍もした。でも、「どこにも居場所なんてない」感覚の僕にとって偶然なのか必然なのか、音楽はちょうどいい居場所となってくれたんだと思う。

以降ソース元でご覧ください。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00010000-yomt-soci&p=2

(出典 i.imgur.com)


【RADWIMPS野田洋次郎が君がいじめを告白。今しんどい「君」には贈る言葉反響】の続きを読む