チーター速報トレンド情報

芸能情報をどこよりも速く!丁寧にお伝えします!

    カテゴリ:タレント > 中川翔子

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年(昭和60年)5月5日 - )は、日本の女性バラエティアイドル、マルチタレント。ワタナベエンターテインメント所属。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川
    134キロバイト (14,697 語) - 2019年11月8日 (金) 08:16



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 牛丼 ★ :2019/11/08(金) 15:54:00.95 ID:DUpP7UKw9.net

    中川翔子、懐かしい学生の頃の写真を公開するも「顔死にすぎwww」
     
     タレントで歌手の中川翔子が6日に更新した自身のアメブロで、学生時代の写真を公開した。
    この日、中川は「牛肉、ホルモン 、きむち、もやし、冷麺の麺、たまご、徳山とうがらしで辛い温麺つくってみました」と食事メニューを紹介。『徳山唐辛子』について「ダムの底に沈んだ村でのみ栽培されていたのが奇跡的に種が見つかって、復活して今は一部で栽培がまた始まった」と説明し、「辛い、だけどスッキリでうまみ抜群あとひくおいしさで最高」「沢山いただいたので活用したい、なにかアイデアあったら教えてください」と呼びかけた。

    中川は前日のブログで自宅周辺にいた子猫を保護したことを報告しており、「頭突きと、顎を噛むのが得意なんです」「今日5回はかまれたぞ顎!」と子猫と戯れる自身の写真を公開。
    続けて、「なつかしいものが発掘されました」と学生時代の写真付き年賀状を紹介し、「まだ年賀状文化があった頃か!」「顔死にすぎwww」とツッコミ。「昭和すぎるファンシーなボックスに、なつかしい写真がたくさん入ってました!じっくりみるのがたのしみだ」とつづった。


    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    【中川翔子が写真公開するも死相が出てると話題!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年(昭和60年)5月5日 - )は、日本の女性バラエティアイドル、マルチタレント。ワタナベエンターテインメント所属。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川
    133キロバイト (14,619 語) - 2019年11月2日 (土) 10:33



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 Egg ★ :2019/11/07(木) 00:08:24.54 ID:iBvuiFTp9.net

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    タレントの中川翔子さんが11月5日にSNSを更新。自宅の周りに住み着いていた子猫を保護したことを報告しています。しょこたんなら安心だ。

    【画像】保護した猫の別角度写真

    (出典 image.itmedia.co.jp)
    #utm_source=yahoo_v3&utm_medium=feed&utm_campaign=20191106-036&utm_term=it_nlab-ent&utm_content=img

     「寒くなってきたし、道路の近くまで行ってたからずっと心配でした」と自宅周辺でよく見掛けていたという黒い子猫を保護した中川さん。動物病院で検査中であることを明*と、「ふわふわだよ可愛いよ まだこどもだ! すごい食いしん坊だ!」と写真付きで子猫の様子を伝えており、「健康で、ありますように そして名前考えようかな?!」と早速新しい家族を迎える準備を整えているようでした。

     同日夜の投稿では、「病気なく健康でした! オスでした! 6カ月いくかいかないか、くらいみたいです」と検査結果を報告した中川さん。ゲージの中でおびえる様子を見せる子猫に「外よりあったかいし車もこないよ、大丈夫だよ」と優しい言葉をかけており、「落ち着くまで、ゆっくり慣れていってね まだこども 捨てられちゃったんでしょうか、、」と子猫の境遇を嘆くような言葉も残していました。

     ファンからは、「しょこたん本当に尊敬です」「しょこたんはやっぱり優しいです」「尊い命が助かりましたね」「この月齢では冬を越せない可能性が高いですね。保護は大正解だと思います」など中川さんの行動を称賛する声があがった他、「優しい人に保護された黒猫ちゃんは幸せ者だね!」「健康な子でよかった! 幸せにすくすく育つんだぞ」など子猫の幸せを願う声も多く届いています。

     中川さんはこれまでにも多くの保護猫を引き取っており、2012年には現在も一緒に暮らしているショコラを北海道の保健所から、2018年には母・桂子さんがプロデュースする保護猫カフェ「ミラクルキャット」からピンクちゃんを家族にお出迎え。また2013年には、長崎県の保健所から保護した猫の里親をブログで募集するなど、保護猫たちのために精力的な活動を続けています。

    「ずっと心配でした」「捨てられちゃったんでしょうか」 中川翔子、自宅周辺に住み着いた子猫の保護を報告

    11/6(水) 12:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00000036-it_nlab-ent


    【中川翔子の自宅周辺に子猫が居つく。捨てられた?!しょこたんの行動に賞賛】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年(昭和60年)5月5日 - )は、日本の女性バラエティアイドル、マルチタレント。ワタナベエンターテインメント所属。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川
    133キロバイト (14,540 語) - 2019年10月4日 (金) 09:26



    (出典 terminal-clipkit-cdn.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 muffin ★ :2019/10/10(木) 15:06:12.10 ID:M8XBYx0C9.net

    http://japan.techinsight.jp/2019/10/maki10101101.html
    2019.10.10 13:50

    神戸市の小学校で教師間のいじめが発覚、ニュースやワイドショー番組で映像とともに「神戸教師いじめ」、「教師による教師いじめ」と報道された。“しょこたん”ことタレントの中川翔子が10月9日、自身のTwitterで「大人に対して使う言葉として いじめっていうワードは軽すぎる」といった持論をツイートしてフォロワーの注目を集めている。

    小学校での動画には、男性教師が同僚教師4人から羽交い締めにされて激辛カレーを無理やり口に入れられたり、目にこすりつけられるところが映っていた。

    中川翔子は自身のいじめ体験をもとにした著書『「*んじゃねーぞ!!」いじめられている君はゼッタイ悪くない』を出版しており、インタビューや地域のフォーラムでもいじめ防止を呼びかけているだけに今回の“教師間のいじめ問題”を看過できなかったようだ。

    漫画や猫好きな彼女が、「大人に対して使う言葉としていじめっていうワードは軽すぎる。人の心を*可能性がある行為」と訴えたことで、イメージのギャップから「すごい、しょこたんが真面目なことを言ってる。いつもの笑ってるしょこたんもこういうことに敏感に反応して拡散してるしょこたんも素敵です」とフォロワーの胸に響いたようである。

    彼女はさらに「大人のいじめ」について、「誰かを攻撃するよりも、自分自身にご褒美になるよういろいろなことを我慢したり頑張ることでどんどん楽しくなればいいな」「社会には理不尽なこともあるが、自分のチャンネルを切り替えることができるようになれば何とかなる」との趣旨で持論を述べ、「攻撃って結果自分に返ってくるだけだよ」とつぶやいた。

    それには「涙が出るほど感動し、共感しました」、「たしかにそうですね。返ってきます。昔、自分は悪さをしてしまって返ってきたことがあります。それから反省をしました」、「大人になって社会人になるってのは本当に不安しかないのだけれど、しょこたんのその言葉をきくと不安が少しずつうすれていく気がする…!」などの反響が寄せられている。


    【中川翔子が大人のいじめ問題を「軽視しないで」と発言。「自分自身が楽しくなればいいのに」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    中川翔子 いじめ自殺無くすため“隣る人”の重要さ訴える - 女性自身
    【女性自身】いじめに遭い、不登校になる子どもたち。なかには自ら命を絶ってしまう子も……。私たち大人には何ができるのだろう? 中川翔子(34)が実体験を踏まえて語る ...
    (出典:女性自身)


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年(昭和60年)5月5日 - )は、日本の女性バラエティアイドル、マルチタレント。ワタナベエンターテインメント所属。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川
    132キロバイト (14,524 語) - 2019年9月4日 (水) 10:19



    (出典 www.magabon.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/09/13(金) 12:15:52.79 ID:HtcJAyEc0.net

    7日にツイッターを更新して「今日はめっちゃくちゃに、びっくりなほど、理不尽なショックなことが!」と書き出した。
    「普通に座って前の人の頭にクソを水で溶いたものをかけながら映画を観ていたら、うっすら揺れることがあって、地震かな?または近くの劇場で4d的ななにかかな?て思ってたら上映中に前の席の人が振り向いて、
    ジュースやめろ!頭ぬれてんだよ!て、いきなりヘドバンして私にクソ溶かし水を飛ばした」と、映画館でのトラブルをつづった。


    【中川翔子の虚言壁がここでも?映画館でのトラブル綴るも「怪しい…」。本当に本人?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    中川翔子 中学時代のいじめで感じた「オトナへの不信感」 - 女性自身
    【女性自身】「『死ぬんじゃねーぞ!!』は私がライブ中にも叫ぶメッセージ。いじめに遭い、私と同じような思いをしている子どもたちに、“どうか生き延びて”と伝えたくて」そんな願い ...
    (出典:女性自身)


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年(昭和60年)5月5日 - )は、日本の女性バラエティアイドル、マルチタレント。ワタナベエンターテインメント所属。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川
    132キロバイト (14,524 語) - 2019年9月4日 (水) 10:19



    (出典 cho-animedia.jp)



    1 ひかり ★ :2019/09/09(月) 11:09:53.07 ID:nfedtJ2E9.net

    「『*んじゃねーぞ!!』は私がライブ中にも叫ぶメッセージ。いじめに遭い、私と同じような思いをしている子どもたちに、“どうか生き延びて”と伝えたくて」

    そんな願いを込め、中川翔子(34)が自身のいじめ体験を文章とイラストでつづった『「*んじゃねーぞ!!」いじめられている君はゼッタイ悪くない』(文藝春秋)がベストセラーとなっている。

    子どものころからマンガやアニメ、ゲームが好きだった中川だが、私立中学に入学直後から、1人で絵を描いていることで「キモい」「オタク」とレッテルを貼られ、いじめが始まった。

    「誰からも話しかけられず孤立して、5分、10分の休み時間をどう過ごしていいか、わからなかった」

    絶えず誰かに悪口を言われ笑われている気がして、吐き気をこらえながらも、何とか学校へ通う日々。

    「週末に、母と一緒にマンガを読んでダラッと過ごしたり笑ったりしているときが救いでした」

    だがある日、中川の心をさらに追い込む事件が起こる。

    「下校しようとしたら、私の靴箱が不自然にへこんでいたんです。ショックでした。何日かして犯人らしき子がクスクス笑っているのを見て、『泣き寝入りはイヤ』と、その子の靴箱をへこませました」

    すると翌日には、中川の靴箱がさらにボコボコにされていた。

    「自分が殴られたかのように傷つきました。そしてとうとうある日、靴箱から靴がなくなって。そんな“べたないじめ”に自分が遭うなんて認めたくない。でも靴はない。パニックになって必死で捜したけど見つからなかった」

    靴がないと帰宅できない。もう先生に言うしかなかった。

    「靴が盗まれるまでのいきさつを説明しているうちに、悔しさと悲しさで涙が止まらなくなって、先生は『じゃあこれを履いて帰りなさい』と、新品のローファーを手渡してくれました」

    これでいじめっ子に先生が注意してくれるかもしれない。そう思ったのもつかの間、その先生に職員室に呼ばれ、こう告げられた。

    「『中川、こないだのローファー代、早く払ってくれないかな』と。意味がまったくわからない。『盗まれた被害者がなんで? 加害者が払うべきじゃないですか!』」

    すると先生は「そうかもしれないけど、ローファーは学校のものだからお金を払ってもらわないと困る」と答えたという。

    「先生が気にしているのは、いじめじゃなくて経費だ。私へのいじめも、見て見ぬふりをしている。もう、ダメ。大人も信用できない。みんな、大嫌い……。1人で耐えてきた私の心が壊れる“とどめの一撃”でした」

    帰宅して「学校に行きたくない」と部屋に鍵をかけてこもった中川。「義務教育だし、卒業もあと少しだし、行きなさい!」という母と、大ゲンカになったと振り返る。

    「母は私の部屋のドアを蹴破って、入ってきました(笑)。今回の本の原稿を読んだ母は『こんなに悩んでいたなんて知らなかった。知っていたら学校に文句を言いにいっていたのに』と」

    大人はよく「つらいのは今だけ」「卒業したら楽になる」と、助け船のつもりで言葉にするが……。

    「いじめで苦しんでいる子どもの耳には入りません。私は、死にたくなるくらいなら、学校には行かなくていいと思う。不登校は“逃げる”ことじゃない。自分の人生に合う道を探すことなんです」

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190909-00010004-jisin-ent

    (出典 img.jisin.jp)


    【中川翔子がいじめに合うも「大人は助けてくれなかった」。壮絶な過去と周りの対応に「自分に合う道を選んで」と伝える】の続きを読む

    このページのトップヘ