チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ:モデル > Matt

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    Matt(マット、1994年7月18日 - )は、日本のミュージシャン、ブライダルモデル、タレントである。東京都世田谷区出身。有限会社Life is Art所属。本名:桑田 将司(くわた まさし)。 父は元プロ野球選手(投手)、野球解説者、野球評論家、野球指導者の桑田真澄。兄は元プロ野球独立リーグ選
    6キロバイト (570 語) - 2020年2月7日 (金) 08:50



    (出典 www.vivi.tv)


    本当のことを書かれたら確かに感情的になりそうですが、ここは冷静にいたほうがいいのかもしれまんね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/18(火) 07:53:34 ID:hS8wV78U9.net

    野球評論家の桑田真澄氏の次男でアーティストのMattが2月14日、インスタグラムのストーリーズを更新し、自身のマスコミ報道に対して、怒りをぶつけている。

    Mattは自身の美容費が年間500万円などと報じた女性週刊誌に触れ、“テレビなどにたくさん出ているタレントに対してデマを流して潰しにかかってくる”と指摘。
    「ほんと幼稚な世界。美容代そんなにかかってないからw 収入も間違ってる」とコメント。事実と異なる内容を掲載しないように編集部に連絡したことを明かし、「イベント出入り禁止と金輪際かかわりをもたないから。よろしく」と切り捨てたのだ。

    フォロワーからは「Mattって真面目なんだろうね。フェイクニュースは本当に許せない」「間違った情報は良くないですね。Mattを支持したい」「真に受けてしまう人も多いからね。
    怒る気持ちもわかるわー」など、賛同の声が上がった。

    しかし、一方で「なんでそんな感情的になるんだろう。お父さんのように冷静に抗議すればいいのに」「いやいや、Mattの顔自体がフェイクだろw正直、美容費がいくらだろうとどーでもいいわ」「マスコミがそうやって取り上げるからMattは食い扶持が稼げるんじゃないのか?」など非難の声も殺到している。

    「今の若い人はSNSで自己発信が可能なので、そもそも週刊誌の報道などには否定的なんでしょうね。もっとも、メディアに出演する以上は払わざるを得ない“有名税”だと言う人もいます。
    Mattはテレビ番組で自分の部屋も公開しており、少なくとも一般人よりも美容にカネを掛けているのはよく知られている。当初は色物扱いされていましたが、今では“Matt化”も市民権を得ています。いちいちつまらないことに目くじらをたてるのは、逆にマイナスだと思いますけどね」(芸能記者)

    ピンチの時にこそ冷静沈着に相手とやりあった父親を、Mattも見習ったほうがいいかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2198539/
    2020.02.18 06:00 Asagei Biz


    (出典 Youtube)

    ジャイアンツ 桑田選手 応援歌

    https://column.sp.baseball.findfriends.jp/show_img.php

    (出典 static.mercdn.net)


    【Mattブチ切れ!週刊誌の内容に感情露わに大批判するも「父親見習え」と冷静な声。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    Matt(マット、1994年7月18日 - )は、日本のミュージシャン、ブライダルモデル、タレントである。東京都世田谷区出身。有限会社Life is Art所属。本名:桑田 将司(くわた まさし)。 父は元プロ野球選手(投手)、野球解説者、野球評論家、野球指導者の桑田真澄。兄は元プロ野球独立リーグ選
    5キロバイト (502 語) - 2019年12月31日 (火) 13:38



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/23(木) 15:16:43.35 ID:dmQoTpOn9.net

    野球解説者・桑田真澄氏(51)の次男でアーティストのMatt(25)が23日、都内で行われた美白美容液「アバンタイム」新商品発表会に、イリュージョニストのミステリー9(Aiand Yuki)とともに出席した。

    17日放送のテレビ朝日「ミュージックステーション」(金曜後9・00)に出演し、自身が作詞作曲を手がけた「予想もつかないStory」を披露。衝撃の美声をテレビで初披露して世間を驚かせたが、出演した感想を聞かれたMattは「1番長くやってきたのが音楽で、ずっと音楽をやりたかったので、タイミングを見失ったというか(笑)、いつ音楽を出そうかなと思っていて、クリスマスにYouTubeで出させてもらって、そのあとテレビだったので、早いタイミングだったんですけど、自分の中ではパーフェクトなタイミングだったなと思うので嬉しかったです」と声を弾ませた。

    メジャーデビューの話などは来ているかと追求されると「いろいろありますけど、いまの時代だからこそ、発信は自分でできると思うので、大きなものに頼るのではなく、自分が考えていることや、作ったものを自分のやり方で発信していきたいので、大きな事務所に入るとかはないです」と打ち明けた。

    美容系のイベントに呼ばれることが多くなったMattだが「嬉しいですね。1、2年目のときはあまりいいイメージを持たれていなかったんですけど、去年から自分が思っていることだったり、美容に対しての心がけを発信していって、それが伝わっていったからこそ、こういうイベントに呼んでいただく機会が増えたので、美容がお仕事につながってよかったです」とニッコリ。自身は高校生の頃から日焼け止めを使い、シミが1つもないそうで、同商品の使い方について聞かれると「これから父に使いたいなと思います。ゴルフや野球をやるので、日に浴びる時間が長いとシミがたくさん出てくるので、寝ている間に内緒で塗ろうかな」と企て、「4月1日が(桑田氏の)誕生日なので、それに向かってケアしていこうかなと思います。僕からのプレゼント!」と笑顔を見せた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17706212/
    2020年1月23日 14時16分 スポニチアネックス


    【Mattの音楽の才能がすごすぎる!契約断る理由とは…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    Matt(マット、1994年7月18日 - )は、日本の音楽家、ブライダルモデル、タレントである。東京都世田谷区出身。有限会社Life is Art所属。本名:桑田 将司(くわた まさし)。 父は元プロ野球選手(投手)、野球解説者、野球評論家、野球指導者の桑田真澄。兄は元プロ野球独立リーグ選手(外野
    5キロバイト (424 語) - 2019年11月27日 (水) 23:58



    (出典 ryskkbysh.com)


    以前は逆でしたからね。たしか、Mattさんも桑田真澄の子供と周りから言われることが嫌だったと言っていた時もありましたね。

    1 マロン派 ★ :2019/11/29(金) 21:04:28.57 ID:+ksG9lmy9.net

    Matt 父・桑田真澄氏の愛称がMattパパ…「すごくイヤみたい」
    デイリースポーツ 11/29(金) 20:42配信

    元プロ野球選手・桑田真澄氏の次男のMattが日本テレビ系「沸騰アワード」(後7・56)に出演し、桑田氏が最近は「Mattパパ」と呼ばれていることを明かした。

    Mattは女優・矢田亜希子の「コストコ友達」として登場。仲良く買い物を楽しんだ。スマホで写真を撮っているなか、ディレクターが「Matt化」について質問。アプリを使って写真を加工することで、Mattは「加工ですね」とシンプルに答えた。

    桑田氏が「Matt化」したことはあるのか聞かれ、Mattは「あるんです」と返答。「ほくろを全部なくしたらかわいくなった」とし、「最近、Mattパパって言われるみたいで、それがすごくイヤみたい。俺は桑田真澄だ!って」と家族エピソードを楽しく明かした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00000112-dal-ent

    ▼matt(左)と桑田真澄氏

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【Mattの父・桑田真澄の愛称に不快感。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    Matt(マット、1994年7月18日 - )は、日本の音楽家、ブライダルモデル、タレントである。東京都世田谷区出身。有限会社Life is Art所属。本名:桑田 将司(くわた まさし)。 父は元プロ野球選手(投手)、野球解説者、野球評論家、野球指導者の桑田真澄。兄は元プロ野球独立リーグ選手(外野
    4キロバイト (361 語) - 2019年9月24日 (火) 07:19



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/03(日) 04:41:42.63 ID:8zdR1AdD9.net

    巨人などで活躍した桑田真澄氏(51)の次男で美容、音楽、モデルなど様々なジャンルで活躍するMatt(25)が27日、大阪市の「HEP FIVE」でトークショーを開催した。

    同所では「HEP FIVE HORROR×HORROR AUTUMN」(31日まで)と題し、ハロウィーンにちなんだ様々な「ホラー」イベントを開催中。
    Mattは“美容オバケ”として、父の出身地では初となるトークイベントに登場した。

    美容に興味のある女性が多く集まる中、シックな黒の装いで登場したが「ハロウィーンなので、
    本当はデヴィ夫人や叶恭子さんも(仮装を)やられてた(ディズニー映画)『マレフィセント』の衣装で出たかったんですけど、時間がなかった。
    女性用のものばかりで男性用がないんですよね」と残念がった。普段はスエットなどを着用しているといい「スポーティーで普通の男みたいな。夢のない感じです」と笑った。

    オバケと呼ばれることについては「化粧は化けると書く。僕は化けて生きてるので全然大丈夫です」と意に介さない。心霊現象の話も「大好きです。
    シックスセンスを持った人の話を聞くのも好き」という。

    自身の体験談については「生霊とかが入ったことあるんです。同じ業界の女性のものですね。
    僕が他の人と仲良くしてるだとか、僕の仕事が増えて、その人の仕事が減っただとか、そういう嫉妬みたいなものから入っちゃうんですね。
    女性の念って、光より速いらしいですよ」と明かした。乗り移っている際は、サンドバッグを叩くという普段は絶対にしない行動を取っていたそうだ。

    さらに、ネコが乗り移ったこともあるといい「家の前に猫が*でて、ちょうど父と母が海外に行っていたので、写真を撮って送った。
    その後、美容院に行ったら足が痛くなってきて、見てみると足が血だらけ。爪でひっかいたような痕があった。電話で分かる人に聞いたら『ネコの写真撮ったでしょ。
    すごい怒ってるよ。今すぐ消して』と言われたので消したら、自宅に着くころには傷が消えてた」

    美容・写真加工でブレーク中のMattだが、超常現象番組でもオファーが殺到するかもしれない。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17293673/
    2019年10月27日 16時46分 東スポWeb


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【Matt サンドバック殴り続けた理由が怖い。足に激痛でヤバい経験。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    Matt(マット、1994年7月18日 - )は、日本の音楽家、ブライダルモデル、タレントである。東京都世田谷区出身。有限会社Life is Art所属。本名:桑田 将司(くわた まさし)。 父は元プロ野球選手(投手)、野球解説者、野球評論家、野球指導者の桑田真澄。兄は元プロ野球独立リーグ選手(外野
    4キロバイト (361 語) - 2019年9月24日 (火) 07:19



    (出典 joshi-spa.jp)


    何か新しいことをし始めた時って、批判を喰らったりしますが、信念を持って貫き通すことで
    時間はかかるけど受け入れてもらうことができるんですよね。

    それができるかできないか。
    Mattさんは貫き通すことができたようですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/26(土) 07:38:27.43 ID:IaDFNawZ9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    モデルのMattが自身のInstagramを更新し、女優の剛力彩芽やタレントの渡辺直美、モデルのけみおらと撮影した写真を掲載した。

    ファッションブランド「オニツカタイガー」のショーを訪れたというMattは「衣装もちょーかわいくてテンションあがった」と綴り、剛力らと一緒に撮影した写真を掲載。それぞれの肌を美白にし、目をさらに大きくするなどMatt風に加工しており、「#Matt化」「#Matt加工」とハッシュタグをつけて加工をアピールしていた。

    これを受け、ネット上では「マネキンみたい」といったMattに対する批判もあったが、「最初は目を疑ったけど、ここまで突き抜けて貫いてると楽しい」「すでに七光でもなんでもない」「どんな文句言われようともファンタジーのメイクを貫く強いメンタル尊敬」とMattに対してプラスに捉える人も多く見受けられた。

    「Mattさんが出始めの頃、坂上忍さんが『バイキング』でMattさんのことを『どんな人か知らないし知りたくもない』と発言。それにMattさんが激怒し、Twitterで『僕もあなたのこと知りたくないし、興味ない』『さようなら』とツイートしたことで話題になりました。その時は坂上さんに対して失礼だという批判もありました。また、Mattさんに対しても『いちいちツイートするなんてダサい』という見方をしていた人も多かったです。ですが、最近では“言う時は言う”という姿が評価されつつあるようですね。先日、男性モデルと熱愛報道が出た時は、きっぱりと否定していましたが、『はっきりと言うところがいい』『ブレない』といった声が多かったです。メイクを含め、マットさんの自分の道を行く姿を支持している人も増えています」(芸能記者)

    近頃は、バラエティで自分の顔を指して、『これが一番の親への反抗』と発言して笑いを誘うなどしているが、世間からは「批判も受け止めつつサラリとかわしてるし、一貫して美への姿勢変えなくて尊敬」「一つの文化作ったのはすごい」「初めのうちはバケモノって思ったけど今はポジションを確立させた。ある意味、偉い?」とMattをべた褒めする声も見受けられる。

    ここへ来て、Mattの意外な魅力に気づく人も多いようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2052967/
    2019.10.25 21:00 リアルライブ


    【Matt化する芸能界。マネキンメイクが徐々に浸透しているワケとは。】の続きを読む

    このページのトップヘ