チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

吉沢亮

吉沢亮はナルシスト?イケメン近くは小学生の時:


吉沢 (よしざわ りょう、1994年2月1日 - )は、日本の俳優。 東京都出身。アミューズ所属。 1994年、男4人兄弟の次男として生まれる。 2009年、母が応募した「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で応募者31514名の中からRight-on賞を受賞。なお、この時のグランプリは野村周平であった。
34キロバイト (4,371 語) - 2019年12月23日 (月) 11:26



(出典 torigei.com)



1 ひかり ★ :2019/12/27(金) 18:05:36.90 ID:MNhnRwsB9.net

 俳優の吉沢亮(25)が27日、都内で行なわれた映画『パラサイト 半地下の家族』(2020年1月10日公開)のプレミア上映会にサプライズゲストとして登場。
同作のメガホンをとったポン・ジュノ監督(50)から「いつから自分がイケメンだと気づいたの?」と質問された吉沢は少し悩みながら「小学5年生ですかね」と
笑いながら回答。それに対しジュノ監督は「4年生まではどうして気づかなかったの?」とツッコまれ、息のあったトークで会場を笑いに包んだ。

 憧れの監督と主演を務めたソン・ガンホ(52)を前に吉沢は「緊張しすぎてうまくしゃべれない」と告白。ジュノ監督は吉沢が主演を務めた『リバーズ・エッジ』(18年)を
見たことを明かし吉沢をフォローすると「うれしいです。僕がいるのがおこがましいくらいすごい人たちなので、その人の目に留まっていたことが不思議な気持ちですね」と笑顔。
さらにMCからジュノ監督との共演の可能性を聞かれると「夢のような日がくればうれしいですね」とはにかみ、ジュノ監督に向けて深々とお辞儀していた。

 全員失業中で“半地下住宅”で貧しく暮らすキム一家。長男のギウは高台の豪邸で暮らす裕福なパク氏の家へ家庭教師の面接を受けに行く。この相反する
2つの家族の出会いが、予測不能な展開へと突き進んでいく。

 同作について吉沢は「ここ何年かで見た作品の中でも、一番のエンタメ感がありました。涙、笑い、ホラー、サスペンスなどいろんな要素が入っているんですが、
それが一切邪魔をしないで完璧に融合されている」と絶賛。「そこに韓国の格差社会が根底にあったりして、絶対見るべき映画。映画を普段見ない方も、
こんなエンタメ作品があるのかと見てもらいたいですね」とオススメしていた。

オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000376-oric-ent

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.daily.jp)


(出典 i.daily.jp)


続きを読む

吉沢亮は高校時代は根暗で悪口ばかり言っていた!?意外な過去で笑いを誘う


吉沢 (よしざわ りょう、1994年2月1日 - )は、日本の俳優。 東京都出身。アミューズ所属。 1994年、男4人兄弟の次男として生まれる。 2009年、母が応募した「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で応募者31514名の中からRight-on賞を受賞。なお、この時のグランプリは野村周平であった。
33キロバイト (4,224 語) - 2019年10月20日 (日) 01:57



(出典 www.billboard-japan.com)


意外ですね!

1 Egg ★ :2019/10/22(火) 07:59:27.72 ID:lonCucVt9.net

「キャ~!」というファンの黄色い歓声に包まれたのは、2021年のNHK大河ドラマの主役に抜擢されるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いの俳優、吉沢亮(25)。公開中の長編アニメーション映画「空の青さを知る人よ」の完成披露試写会が9月17日、都内で開催され、舞台挨拶に登壇した。

 アニメの声優初挑戦にして、18歳と31歳の男性キャラクターの声を演じた吉沢は、「プレッシャーもありましたが、アニメファンとして全力でやらせていただきました」と並々ならぬ思いで挑んだことを語った。タイトルにちなみ、「青かった」と思うエピソードを尋ねられると、「高校時代は、ネクラなグループにいて、いわゆる“リア充”の人の悪口をずっと言ってました」と意外な過去を吐露。

「モテそうなキラキラしたカッコいい男の子のことも『別にカッコよくねーから』とか裏で言ってて(笑)。青いというより黒かった。ドス黒めの青みたいな?」と自虐まじりに告白し、場を沸かせた。

 主役を演じる大河ドラマは「青天を衝(つ)け」。ドス黒ならぬ、飛びっきりの青色に向け、突き進め!(構成/本誌・松岡*み)

2019.10.21 11:30週刊朝日
https://dot.asahi.com/wa/2019101800016.html?page=1

写真

(出典 cdn.images-dot.com)
?update=20191018140253


続きを読む

吉沢亮出演し視聴者ブチギレ!見下し・バカにされてると批判殺到な理由とは?


吉沢 (よしざわ りょう、1994年2月1日 - )は、日本の俳優。 東京都出身。アミューズ所属。 1994年、男4人兄弟の次男として生まれる。 2009年、母が応募した「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で応募者31514名の中からRight-on賞を受賞。なお、この時のグランプリは野村周平であった。
33キロバイト (4,201 語) - 2019年10月12日 (土) 03:07



(出典 contents.oricon.co.jp)


国宝級のイケメンでも、出演する番組内容によっては批判されることもあるようですね。

今回は番組サイドに問題があったような気もしますが…

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/15(Tue) 19:22:00 ID:ErGqdCWT9.net

10月11日放送のバラエティ番組「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)に、吉沢亮がゲスト出演した。番組では吉沢が女性たちと社会進出について討論したという。

「番組には3人の女性コメンテーターが出演し、女性の社会進出が遅れていると指摘しました。これにお笑い芸人の古坂大魔王が、近年の女性の目覚ましい活躍ぶりについて言及するも、コメンテーターたちは『それは限定的な話である』と猛反発。しかし国宝級イケメンとして知られる吉沢が、古坂の意見に理解を示したとたん、女性たちは『あのぅ、うふ!』『かっこいいですねぇ』と急に優しくなり、メロメロになった表情を見せるというくだりが放送されました」(テレビ誌記者)

この内容に対し、番組を見た一部女性からは「女性進出をテーマに吉沢亮が出るって言うから見たのに、内容が酷すぎる!」「見下されているみたいで、めっちゃ腹たつ」「女性がイケメンに弱いってバカにしている!」と、批判が飛び交った。

この状況に対し、番組の視聴者からは呆れ声もあがっているという。

「『脱力タイムズ』はベースが報道ながら、台本ありきの完全なコント番組です。そのため、今回の一部女性の怒りに対し、視聴者からは『ただのコント番組にマジになる人がいるんだ』『実際、吉沢が出るからって見てんじゃねぇか』『美しい異性に惹かれるのは男女ともに自然なこと。図星をつかれたから怒っているのでは?』と、様々な意見があがっています」(前出・テレビ誌記者)

今回は吉沢が出演するということで、番組の性質を知らない女性が内容を真に受けてしまったのかもしれない?

https://news.livedoor.com/article/detail/17236600/
2019年10月15日 18時15分 アサジョ


続きを読む

吉沢亮が大河ドラマ主演決定するも批判的?知名度が低く人気の年齢層も広くないから?


吉沢 (よしざわ りょう、1994年2月1日 - )は、日本の俳優。 東京都出身。アミューズ所属。 1994年、男4人兄弟の次男として生まれる。 2009年、母が応募した「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で応募者31514名の中からRight-on賞を受賞。なお、この時のグランプリは野村周平であった。
33キロバイト (4,201 語) - 2019年10月12日 (土) 03:07



(出典 dot.asahi.com)



1 muffin ★ :2019/10/13(日) 15:57:09.74 ID:lItGGp0W9.net

https://www.dailyshincho.jp/article/2019/10120558/?all=1

確かに吉沢亮(25)は“国宝級イケメン”なのだろう。だが、NHKの大河ドラマ、それも主演となると、相性はどうなのだろうか?

NHKは9月9日、大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の制作会見を開いた。放送は2021年、「日本資本主義の父」とも言われ、2024年度から新1万円札の顔に描かれる渋沢栄一(1840~1931)の生涯を描くという。 会見では主演が吉沢亮とも発表され、ご本人も登場したのだが、これが様々な反響を呼び起こしているようだ。

40代より上の世代となると、吉沢の名前を聞いても、ピンとこない向きも決して少なくないだろう。簡単にプロフィールを説明すれば、1994年の2月生まれで25歳。「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」でRight-on賞を受賞したことをきっかけにして芸能界へ入った。

 2011年に「仮面ライダーフォーゼ」(テレビ朝日系列)に出演。その後も着々とテレビドラマや映画に出演を重ねた。最近では、今年のNHK朝ドラ「なつぞら」でヒロインの幼なじみ役を演じて話題になった。

吉沢の“武器”が何なのか、よく分かる記事が2本ある。それぞれの見出しをご紹介しよう。
「吉沢亮 “国宝級イケメン”を自らアピール?『言っちゃうんですよね』」(スポーツニッポン電子版:9月30日)
「吉沢亮の渋沢栄一がイケメンすぎと話題!1万円札化望む声も」(女性自身電子版:9月10日)

とにかくイケメンなのだということはよく伝わってくる。記事の内容は割愛させていただくが、この25歳の青年が「日本資本主義の父」を演じるのだ。
中略

だが異論も出ている。「常識では考えられないキャスティングですね」と話すのは、民放キー局で番組制作を担当するスタッフだ。

「人気や実力からいえば、若手であっても、菅田将暉さん(26)や佐藤健さん(30)のほうが、大河の主役に相応しい。実際、NHKは佐藤さんに依頼し、断られたと聞いています。佐藤さんと吉沢さんは所属している芸能事務所が同じ『アミューズ』です。先輩のピンチヒッターとして後輩が起用されたということなのかもしれませんが、やはり異例のキャスティングと言っていいでしょう」

 つまり、芸能事務所にとって「大河の主役」はさほど魅力的なオファーではない、ということのようだ。

「『西郷どん』の場合なら、NHKは最初、堤真一さん(55)に主役の西郷隆盛(1828~1877)をオファーしたところ断られたというウラ話は、複数のメディアが記事にしています。大河の主役は、役者にとって長い目で見ればプラスになります。しかし、拘束時間が長い割にはギャラも安い。主演の肉体的、精神的な負担も相当なものがあるようで『2度とやりたくない』と漏らした俳優さんもいるようです」(同・民放関係者)

中略
「率直に言って、大河ドラマのコアな視聴者層は、『吉沢って誰!?』という感じでしょう。渋沢栄一のイメージは、晩年の重厚なものが中心だというのも不安要素です。やはり今回のキャスティングは、バクチだと思いますね」(同・民放関係者)

「若い女性も高齢者層も共に見る番組になれば大成功ですが、双方にそっぽを向かれるという危険性もあります。脇役なら負担が少ないので、出演拒否ということは少ない。そこで、吉沢の脇を豪華な俳優で固める手はありますが、吉沢さんには試練の大河ドラマとなるでしょう」(同・民放関係者)


続きを読む

吉沢亮の性格や高校時代がヤバい?!友達が少なくて悪口言ってたってホント?


タレントパワー20代男優 菅田将暉1位、吉沢亮躍進|エンタメ!|NIKKEI - 日本経済新聞
菅田将暉(26)が主演を務めたドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』は最終回で視聴率15.4%を記録、山崎賢人(24)が主演した映画『キングダム』は2019年 ...
(出典:日本経済新聞)


吉沢 (よしざわ りょう、1994年2月1日 - )は、日本の俳優。 東京都出身。アミューズ所属。 1994年、男4人兄弟の次男として生まれる。 2009年、母が応募した「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で応募者31514名の中からRight-on賞を受賞。なお、この時のグランプリは野村周平であった。
32キロバイト (4,103 語) - 2019年9月17日 (火) 14:40



(出典 kuroshiba0511.com)



1 ひかり ★ :2019/09/17(火) 22:05:11.55 ID:AlORqzVt9.net

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(11年テレビアニメ放送、 13年劇場公開)や『心が叫びたがってるんだ。』(15)のクリエイターチーム「超平和バスターズ」が再集結を果たしたオリジナル長編アニメーション映画
『空の青さを知る人よ』(10月11日公開)のブルースカイプレミアイベントが9月17日にイイノホールで開催され、吉沢亮、吉岡里帆、若山詩音、落合福嗣、大地葉、種崎敦美、松平健、長井龍雪監督が登壇。
映画のタイトルにかけて「青かった過去」について聞かれた吉沢が、「高校時代、カーストで言うと一番下みたいなところにいた。リア充みたいな人たちの悪口をずっと言っていた。青いというか、黒かった」と暗黒期を告白して会場の笑いを誘った。

本作は、『あの花』『ここさけ』を生みだした、長井監督、脚本家の岡田麿里、キャラクターデザイン・総作画監督の田中将賀によるクリエイターチーム「超平和バスターズ」の最新作。両親を失い2人暮らしの姉妹と、
姉のあかねのかつての恋人である慎之介、そして過去からやって来た18歳の慎之介、通称“しんの”の四角関係を描く。

高校時代は「友達も少なくて、固定の友達が2、3人いるくらい。その人たち以外とはほとんどしゃべらなかった。高校時代を楽しんで、キラキラしているモテそうな男について『別にかっこよくねえから』みたいな悪口を
ずっと裏で言っていた」と明かした吉沢。当時を“ドス黒めの青”と振り返ったが、2021年放送のNHK大河ドラマ第60作「青天を衝け」では主演を務めることが決定するなど、“青”と縁のある作品が続いている。
「『青天を衝け』ですから。真っ青です。フレッシュに頑張りたいと思います!」と大河ドラマに向けても、熱く意気込んでいた。

本作でアニメ声優初挑戦を果たした吉沢は、劇中では慎之介役と“しんの”役にチャレンジしている。吉沢は「『あの花』『ここさけ』ももともとファンだった。参加させていただけたことはすごく光栄なことでもありつつ、
作品の邪魔をしちゃいけないというプレッシャーもあった」と不安も大きかったというが、長井監督は「堂々とメインを張っていただいた。皆さん驚かれると思う。心の準備をしてほしいくらい。本当に素晴らしいので、
期待していただいて大丈夫です」と吉沢の声の演技を大絶賛。

吉沢は「普段のお芝居の5、6倍くらいのテンションで芝居をしている感覚。いままでにないくらいはっちゃけたりすることもあった。自分の声を録音して聞いてみたりすると、いろいろな発見があった」と試行錯誤したと話し、
「大変でしたが、楽しかったです」と充実の表情を見せていた。

https://movie.walkerplus.com/news/article/205364/

(出典 amd.c.yimg.jp)


続きを読む
逆アクセスランキング
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ!
知識は自分の得になる

人気上昇中ブログ!

人間関係・心理・友達…
悩みを抱えているあなたへのブログ。
カテゴリー
記事検索
タグ絞り込み検索
ブログの説明
・取り上げてほしい記事などありましたらお気軽にメッセージください。
・記事やツイートの削除依頼などありましたらこちらからお願いします。

【著作権について】
当ブログで掲載されている画像及び動画等の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。
著作権を侵害する意図は全くございません。
掲載に問題がある物がありましたらお手数ですがメール・メールフォームから御一報下さい。

また、メールでのご連絡は下記メールフォームかこちらのアドレスまで↓
この赤文字を取得しましたメールアドレスに変えてください。
プライバシーポリシー
◆個人情報の管理について◆ 本サイト【チーター速報トレンド情報】(以下、当サイト)では、 お問い合わせ内容に関する対応・確認・相談および、 情報提供のメール送信(返信)の目的以外には使用しません。 お問い合わせの際に取得しました個人情報を第三者へ開示することは一切いたしません。 警察や裁判所などの公的機関より、書面による請求がありました場合、 法令順守・公序良俗に従い、ただちに請求のあった個人情報を開示します。 ◆当サイトに掲載されている広告について◆ 当サイトでは第三者配信による広告サービス 「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を使用しております。 広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づきまして、 広告を配信しています。 広告を配信する際、ユーザー様の当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、電話番号、メールアドレス等は含まれません)を取得、使用する事があります。 詳しくは以下のサイトをご覧ください。 https://www.google.com/intl/ja/policies/technologies/ads/ ユーザー様の当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、電話番号、メールアドレス等は含まれません)を使用できないようにする方法につきましては、 以下のサイトをご覧いただきまして、設定の変更を行ってください。 https://adssettings.google.com/anonymous?sig=ACi0TChAgm9xdS9TvOQrx9_Kq45QopshPWM_PtVdEqMm57WYkwrPKMDKd6SGY-k1x7dHzdIIxZB8XoRHFQBbxollbhT4xoUI8brlyZhuq0z0VT45OH3zEQs&hl=ja 詳細につきましては、以下の「Google Adsense(グーグルアドセンス)」 「公式プライバシーポリシー」をご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html 運営者:miyuki 連絡先:humuhumu.ggg.jjj@gmail.com
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ