チーター速報トレンド情報

芸能情報をどこよりも速く!丁寧にお伝えします!

    カテゴリ:女優 > 松本穂香

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    松本 穂香(まつもと ほのか、1997年2月5日 - )は、日本の女優である。大阪府堺市出身で、フラームがマネジメントする。 高校時代から演劇部に所属して芝居を好み、連続テレビ小説『あまちゃん』を観て女優を志し、高校在学中に芸能事務所フラームのオーディションに合格した。高校卒業まで、大阪から新幹線
    36キロバイト (4,803 語) - 2019年10月26日 (土) 07:19



    (出典 nanasepn.com)



    1 シコリアン ★ :2019/11/09(土) 15:31:29.75 ID:b6DUQiba9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00000124-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


     女優の松本穂香(22)が、8日放送のTBS系「A-Studio」に出演。役者になったきっかけを語った。

     松本は高校までの自分を「地味でした、ずっと。ずーっと幼稚園の頃から地味で」と振り返り「ちょっと変わったお仕事がしたいと、どこかで思っていて」と心境を語った。

     高校では演劇部に入部。部員には声優や女優を目指している仲間もいたそうで、その中にはライバルの存在も。そのライバルについて松本は「いっつも主役を取っている子がいて、オーディション制なんですけど。演劇一個やるぞってなったら、みんなで多数決で決めて、いっつも主役を取られていて」と悔しそうに振り返った。そして「今、この子(ライバル)に女優さんになられたら、なんか劣等感で*じゃうって思って」と当時の心境を吐露。「もう応募してしまえと思って」と決断し「オーディション雑誌買って、とりあえずお金かからないところと有名な役者さんが入ってるところを選んで、ぱって受けて通ったのが、今の事務所」と女優になったいきさつを明かした。

     これを聞いてMCの笑福亭鶴瓶は「すごいよね。ふつう通らんて。よう通るよね」と感心。そして「ふつう、滑るらしいよな。でもあったやろ、落ちたの」と聞くと、松本はうなづき「大阪から新幹線で通って、オーディションその場でダメって言われるときとかもあって、それも泣きながらお母さんに電話し『今から帰る』って言って、『うわあ』ってなったまま(新幹線に)二時間半」と当時を振り返った。


    【松本穂香が女優になったきっかけは劣等感から。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    松本 穂香(まつもと ほのか、1997年2月5日 - )は、日本の女優である。大阪府堺市出身で、フラームがマネジメントする。 高校時代から演劇部に所属して芝居を好み、連続テレビ小説『あまちゃん』を観て女優を志し、高校在学中に芸能事務所フラームのオーディションに合格した。高校卒業まで、大阪から新幹線
    36キロバイト (4,747 語) - 2019年9月15日 (日) 16:46



    (出典 beef-6.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/23(月) 12:43:55.70 ID:Qf+4he9C9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


     au「意識高すぎ!高杉くん」CMシリーズの“松本さん”として、広く知られるようになった松本穂香(22)。連続テレビ小説『ひよっこ』、日曜劇場『この世界の片隅に』でドラマ初主演を果たし着々と女優としてのキャリアを積み上げ続け、さらに今年から来年にかけては、主演映画が立て続けに公開されることが決定しており、勢いはとどまるところを知らない。

     そんな松本穂香の魅力について、主演作品の監督である、ふくだももこ監督、中川龍太郎監督、片桐健滋監督の3人に彼女の魅力について語ってもらった。

     9月20日公開の『おいしい家族』の監督を務めたふくだももこは、松本の魅力について、「ただそこに『居る』ことができる人。猫背だけど、心の芯はまっすぐ。吸い込まれるような瞳。あと声も好きです。声にも芯が通ってる。とにかく大好き」と大絶賛。

     11月15日公開の『わたしは光をにぎっている』の中川龍太郎監督は、「普段から、自分以外の何かを演じようとしないところが素敵だと思います。自分が自分としてあれる、それも肩肘張らずに、そういう自然体の魅力が、すなわち俳優としての松本さんの魅力だと思っています」と松本に魅了されている様子だ。

     2020年公開の『酔うと化け物になる父がつらい』の片桐健滋監督は、「普段はほわーんとしてる感じなのに、本番になった時の集中力、瞬発力が素晴らしいなと。

    シリアスもコケティシュも自然ですし、とても目が印象的だと思います」と三者三様のコメントだが、各々松本穂香の魅力について語ってもらった。

     令和を担う女優となっていくである女優・松本穂香。様々な作品で、新たな魅力を開花し続ける彼女を、ぜひスクリーンで堪能してほしい。

    ■松本穂香主演の映画が続々公開

    ■映画『おいしい家族』9月20日公開

    【ストーリー】
    松本演じる主人公・橙花は東京で働くキャリアウーマン。母の三回忌に実家の離島に帰ると、なぜか父・青治(せいじ)が母の服を着て生活していることを知る。びっくりする橙花を気にせず父は続けて「この人と家族になる」とお調子者の居候・和生(かずお)を紹介。状況をのみこめない橙花と、人の個性を受け入れるおおらかな島の住人達との暮らしを、ときにクスッと、ときにハートフルに描いた物語。橙花は父を始め、様々な価値観や個性をもった人たちに出会うことで、自分が考える常識から解き放たれ、次第にそれぞれの個性を受け入れると共に、自分らしく生きることの大切さに気付いていく。

    ■映画『わたしは光をにぎっている』11月15日公開

    【ストーリー】
    なんとなく東京へ出てきたが、仕事も人付き合いもうまくいかない澪。ある時から古い銭湯を手伝い始め、昔ながらの商店街の人たちとも交流するようになり、少しずつ都会の暮らしにも喜びを見出していく。だが、やっと見つけた居場所が、もうすぐなくなってしまうと知った澪は、「しゃんと終わらせる」決意をする──。「閉店します」の貼り紙、一夜で壊される建物、路地から消える子どもたちの声──今、日本は発展や再開発の名のもとに、大きく変わろうとしている。を、感謝を込めて丁寧に送り出すことで、前へ進もうとする澪は、現代に生きる私たちに大切なものが終わる時にどう向き合うかを、まっすぐな瞳で伝えてくれる。

    ■映画『酔うと化け物になる父がつらい』2020年春公開

    【ストーリー】
    一風変わった家庭で育ち、自分に自信が持てず不器用な主人公・サキ。普段は無口で小心者なのに酔うと化け物になる父のおかしな行動、さらに、新興宗教をハマる母の孤独に触れながら、なんとか日々を生きていた。自分とは正反対で明るく活発な妹や、学生時代からの親友に支えられ、家族の崩壊を笑い話に昇華していくサキ。“化け物とのたたかい”を経て気がついた、彼女の“生き方”とはー?

    http://dailynewsonline.jp/article/2013948/
    2019.09.23 12:00 日刊大衆


    【au『高杉くん』のCMに出演女優の松本穂香に映画主演オファーが殺到!その理由とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ