チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

木村拓哉

木村拓哉の人気の急上昇はガセ?10代は木村拓哉を知らない?!


木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki
70キロバイト (9,092 語) - 2020年1月17日 (金) 10:48



(出典 img.cinematoday.jp)



1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/10(金) 16:44:47.79 ID:3HdOUtBH9.net

主演を務めた連続テレビドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)が12月29日に最終回を迎えた木村拓哉。
年が明けて、1月4日、5日に放送された2夜連続スペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)でも主演を務め、8日にはソロアルバム『Go with the Flow』をリリースするなど、幸先の良いスタートを切っている。
そんな木村の活躍を支えるのは、実は急増している10代のファンなのだという。

 1月6日発売の「女性セブン」(小学館)では、
年末に行われたという『グランメゾン東京』の打ち上げの様子や、同ドラマの最終回の平均視聴率が16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、全11話で2ケタをキープしたこと、
さらに昨年は初めて刑事役に挑んだ映画『マスカレード・ホテル』が公開から7日間で動員数100万人を突破するヒットとなったことなどを報じている。

 
そして、記事の中で取材を受けたテレビ誌編集者は「ここ数年、木村さんは若者層の間で“カッコイイおじさん”として人気が広がっている。
木村さん見たさに『グランメゾン』を視聴していた10代の子も少なくないんです」と証言。
また、芸能関係者は「『教場』では、初めて見せた白髪姿も話題になりました。
その“おじさん”な外見も、“逆にカッコイイ”と、ますます幅広いファンを獲得していきそうです」と語っている。

 
確かに、『グランメゾン東京』は木村主演の最近のドラマの中ではかなりの高視聴率を叩き出しており、実際に視聴者からも「ドラマとして純粋におもしろい」「久々にテレビドラマを最後まで追いかけました」
「かつてのキムタクドラマの王道って感じでいい」と絶賛の声が上がっていた。
また、木村の演じた役どころについても「珍しく年相応の役を演じていて好感が持てる」と好評だった。

 
そんなドラマ好調の理由のひとつとして“10代のファン層獲得”が挙げられているわけだが、ネット上では

「ドラマがおもしろかったのはキムタクだけの力じゃなくて、ほかのキャストやスタッフのおかげもあるでしょ」


「本当に10代がドラマを見ていたのだとしたら、キスマイの玉森くん目当てだったのでは?」

「10代だったら嵐ですらオッサン扱いだし、むしろ誰だか知らないでしょ」


「そもそも痛々しいオジサンにしか見えないのだが」

「今の若い子がわざわざキムタクにハマるかな? 
変に若作りしてるから“大人のカッコよさ”もないし、同年代なら西島秀俊や竹野内豊のほうが素敵に見える」

と疑問や違和感を訴える声が続出。
今の木村を「10代から人気」とするには、少々無理があるというわけだ。

 
一方で、フジテレビ開局60周年企画のドラマ『教場』では、白髪姿の鬼教官に扮した木村に「新境地」という声が上がるなど、好評も得ていた。
10代のファンが増えているかどうかはさておき、今後新たなファン層を開拓する可能性はあるだろう。

 
また、木村は今年に入ってソロ歌手としての音楽活動を本格的に始動、1月8日に豪華作曲陣とタイアップしたオリジナルアルバム『Go with the Flow』をリリースした。
ソロデビューの発表当初は「今の時代に“歌手・キムタク”なんて需要あるの?」「まわりのお膳立て感がすごい」などと言われていたが、アルバムの仕上がりはまずまず好評のようで、
今後はセールスのゆくえが気になるところだ


ただ、この歌手活動に関しても、そのタイミングが物議を醸している。
木村のアルバム発売の1週間前の1月1日には香取慎吾のアルバム『20200101(ニワニワワイワイ)』が発売されているのだ。
SMAP解散後、ジャニーズ事務所に残留した木村と、退所して草なぎ剛、稲垣吾郎とともに
「新しい地図」として活動を始めた香取の初ソロアルバムの発売日がぶつかったことに、ネット上では「ジャニーズの『新しい地図』潰し?」「無言の圧力みたいで怖い」という声が上がっていた。

 
また、木村は2月に国立代々木競技場第一体育館と大阪城ホールでライブツアー「TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow」を開催するが、
3月には同じく代々木競技場で「新しい地図」がファンミーティングを行うことが発表され、ネット上で「露骨にぶつけてくるね」「複雑な気持ちのファンも多そう」と波紋を呼んだ。

 
香取のソロアルバム『20200101』は週間売上2.8万枚でオリコン週間アルバムランキング1位を獲得したが、木村の『Go with the Flow』は果たしてどうなるだろうか

https://biz-journal.jp/2020/01/post_136274.html
2020.01.08

前スレ 2020/01/10(金) 06:53
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578606792/


続きを読む

木村拓哉が脱アイドル成功!10代ファンも急増中?!かっこいい?おじさん?!


木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki
70キロバイト (9,092 語) - 2020年1月17日 (金) 10:48



(出典 jprime.ismcdn.jp)



1 Egg ★ :2020/01/16(Thu) 12:44:23 ID:9FKbYJAR9.net

【芸能界クロスロード】

 最近、10代の女の子の間では木村拓哉を「かっこいいおじさん」と呼んでいるそうだ。こんな話が話題になるのも、キムタクへの関心度の高さ。

 アイドルのなかでも別格といわれたキムタク。年を重ねても一向に変わらない存在であることを再認識する。そんなキムタクもすでに47歳。2人の娘を持つ立派なおじさんだが、いまだにアイドルというイメージで見られている。

 SMAP解散から丸3年。木村は俳優業に軸足を置いて活動しているが、依然として「何を演じてもキムタク」の評が変わらないのも、アイドルのイメージを引きずっているからに他ならない。課題は、いかに「脱アイドル」を図っていくかにあったが、ようやく変化が見られだしたのは昨年。本格的に始めた俳優業は映画「マスカレード・ホテル」でホテルマン。年末にはドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)でシェフ。年明けは「教場」(フジテレビ系)で教官とタイプの違う役をこなした。

 とりわけ目を引いたのは髪形。裾を刈り上げた七三分け。軽くパーマを当てワイルド風。教官役の白髪。「かっこいいおじさん」は「教場」の宣伝の一環とのうがった見方もあるが、アイドル色を一新する効果は十分にあった。

 こうした一連の動きから、木村は俳優として新たな段階に進もうとしているように見える。

 昭和の大スター・高倉健さんと重なるものがある。

 健さんは東映専属時代、「ヤクザスター」と呼ばれ東映の看板になったが、ヤクザ役のイメージが色濃く残った。これを健さんは嫌い、45歳の時に独立。新たな作品に挑戦。1年後に「八甲田山」「幸福の黄色いハンカチ」で新境地を開拓。ヤクザ映画では男性ファンが大半だった健さんだが、幅広い年齢層から支持されるようになった。

 健さん46歳の時である。期せずしてほぼ同じ年になった木村も俳優として新たな顔を見せた。アイドル全盛期だった頃の木村を知らない10代の女の子が“かっこいい”と褒める。新たなファン獲得に手応えあり。また、アイドル色の強いキムタクに少なからず抵抗があった男性や中高年も、「キムタクのドラマは面白い」と評価は上がっている。昨年から続く作品選びは抵抗感を和らげる効果はあった。とりわけ、3作品とも恋愛色がなかったことも好感が持たれた一因だろう。今年はソロ歌手としての活動も始まる。先日、新宿の街頭でゲリラライブを敢行した。アイドル時代では考えられないことだったが、これも脱アイドルを図る一環と思う。こうした一連の動きは何を意味するのか、芸能関係者に聞いた。

「独立した元SMAPの3人に対する対抗意識が根強くある。特に今年は地上波進出が確実視されているだけに、見る側は自然に比較してしまう。特にドラマは視聴率がでるだけに、自然に勝ち負けで見てしまいがち。木村本人よりも事務所が3人には負けられない気持ちが強くなるのでは」

 春には新たなドラマも始まる木村。俳優と歌手の二刀流でどう進化していくのか、令和の木村拓哉に注目が集まる。


続きを読む

木村拓哉がマックCM「ちょ待てよ!」の台詞に反響と大爆笑?!


木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki
70キロバイト (9,092 語) - 2020年1月17日 (金) 10:48



(出典 i.ytimg.com)



1 湛然 ★ :2020/01/15(水) 05:09:00.39 ID:laoRoZeO9.net

2020.01.15
木村拓哉がマックCMに 「ちょ待てよ!」のセリフも 自身のアドリブに大笑い
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/15/0013034185.shtml

新TVCM ちょいマック 登場「迷う」篇の木村拓哉

(出典 i.daily.jp)



 俳優の木村拓哉(47)がマクドナルドのテレビCMに年間を通して登場することになり、第1弾が15日から全国でオンエアされることが14日、分かった。

 15日からオンエアされる「『ちょいマック』登場 『迷う』篇」では、テーブル席で立ち上がる場面のみの撮影にも関わらず、そのまま店舗カウンターまで足早に歩き「すみません!」と演技を継続。カメラに映らない場所でもワンシーンを演じきる役者魂で盛り上げた。セリフには「ちょ待てよ!」と、おなじみの“キムタク節”も盛り込まれている。

 22日からオンエアされる「ちょいマック 登場『言い訳』篇」ではカメラが回る度に異なるアドリブを披露。後輩に「リピートアフターミー。『ちょいマック』!」とテンション高めのアドリブを見せた際には、自身でも面白かったのか、「ははは!」と大笑いしたという。

 他に「プレミアムローストコーヒー『葛藤する男』篇」が17日からオンエアされる。

(おわり)


続きを読む

木村拓哉がマックCMの評価は?「ちょ待てよ!」のセリフ。アドリブに爆笑!?


木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki
69キロバイト (9,022 語) - 2020年1月9日 (木) 14:09



(出典 amd.c.yimg.jp)



1 湛然 ★ :2020/01/15(水) 05:09:00.39 ID:laoRoZeO9.net

2020.01.15
木村拓哉がマックCMに 「ちょ待てよ!」のセリフも 自身のアドリブに大笑い
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/15/0013034185.shtml

新TVCM ちょいマック 登場「迷う」篇の木村拓哉

(出典 i.daily.jp)



 俳優の木村拓哉(47)がマクドナルドのテレビCMに年間を通して登場することになり、第1弾が15日から全国でオンエアされることが14日、分かった。

 15日からオンエアされる「『ちょいマック』登場 『迷う』篇」では、テーブル席で立ち上がる場面のみの撮影にも関わらず、そのまま店舗カウンターまで足早に歩き「すみません!」と演技を継続。カメラに映らない場所でもワンシーンを演じきる役者魂で盛り上げた。セリフには「ちょ待てよ!」と、おなじみの“キムタク節”も盛り込まれている。

 22日からオンエアされる「ちょいマック 登場『言い訳』篇」ではカメラが回る度に異なるアドリブを披露。後輩に「リピートアフターミー。『ちょいマック』!」とテンション高めのアドリブを見せた際には、自身でも面白かったのか、「ははは!」と大笑いしたという。

 他に「プレミアムローストコーヒー『葛藤する男』篇」が17日からオンエアされる。

(おわり)


続きを読む

木村拓哉の人気急上昇はガセ?誰かわからないレベルで再ブレイク不可か?


木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki
69キロバイト (9,022 語) - 2020年1月9日 (木) 14:09



(出典 shima-metal.com)



1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/10(金) 16:44:47.79 ID:3HdOUtBH9.net

主演を務めた連続テレビドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)が12月29日に最終回を迎えた木村拓哉。
年が明けて、1月4日、5日に放送された2夜連続スペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)でも主演を務め、8日にはソロアルバム『Go with the Flow』をリリースするなど、幸先の良いスタートを切っている。
そんな木村の活躍を支えるのは、実は急増している10代のファンなのだという。

 1月6日発売の「女性セブン」(小学館)では、
年末に行われたという『グランメゾン東京』の打ち上げの様子や、同ドラマの最終回の平均視聴率が16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、全11話で2ケタをキープしたこと、
さらに昨年は初めて刑事役に挑んだ映画『マスカレード・ホテル』が公開から7日間で動員数100万人を突破するヒットとなったことなどを報じている。

 
そして、記事の中で取材を受けたテレビ誌編集者は「ここ数年、木村さんは若者層の間で“カッコイイおじさん”として人気が広がっている。
木村さん見たさに『グランメゾン』を視聴していた10代の子も少なくないんです」と証言。
また、芸能関係者は「『教場』では、初めて見せた白髪姿も話題になりました。
その“おじさん”な外見も、“逆にカッコイイ”と、ますます幅広いファンを獲得していきそうです」と語っている。

 
確かに、『グランメゾン東京』は木村主演の最近のドラマの中ではかなりの高視聴率を叩き出しており、実際に視聴者からも「ドラマとして純粋におもしろい」「久々にテレビドラマを最後まで追いかけました」
「かつてのキムタクドラマの王道って感じでいい」と絶賛の声が上がっていた。
また、木村の演じた役どころについても「珍しく年相応の役を演じていて好感が持てる」と好評だった。

 
そんなドラマ好調の理由のひとつとして“10代のファン層獲得”が挙げられているわけだが、ネット上では

「ドラマがおもしろかったのはキムタクだけの力じゃなくて、ほかのキャストやスタッフのおかげもあるでしょ」


「本当に10代がドラマを見ていたのだとしたら、キスマイの玉森くん目当てだったのでは?」

「10代だったら嵐ですらオッサン扱いだし、むしろ誰だか知らないでしょ」


「そもそも痛々しいオジサンにしか見えないのだが」

「今の若い子がわざわざキムタクにハマるかな? 
変に若作りしてるから“大人のカッコよさ”もないし、同年代なら西島秀俊や竹野内豊のほうが素敵に見える」

と疑問や違和感を訴える声が続出。
今の木村を「10代から人気」とするには、少々無理があるというわけだ。

 
一方で、フジテレビ開局60周年企画のドラマ『教場』では、白髪姿の鬼教官に扮した木村に「新境地」という声が上がるなど、好評も得ていた。
10代のファンが増えているかどうかはさておき、今後新たなファン層を開拓する可能性はあるだろう。

 
また、木村は今年に入ってソロ歌手としての音楽活動を本格的に始動、1月8日に豪華作曲陣とタイアップしたオリジナルアルバム『Go with the Flow』をリリースした。
ソロデビューの発表当初は「今の時代に“歌手・キムタク”なんて需要あるの?」「まわりのお膳立て感がすごい」などと言われていたが、アルバムの仕上がりはまずまず好評のようで、
今後はセールスのゆくえが気になるところだ


ただ、この歌手活動に関しても、そのタイミングが物議を醸している。
木村のアルバム発売の1週間前の1月1日には香取慎吾のアルバム『20200101(ニワニワワイワイ)』が発売されているのだ。
SMAP解散後、ジャニーズ事務所に残留した木村と、退所して草なぎ剛、稲垣吾郎とともに
「新しい地図」として活動を始めた香取の初ソロアルバムの発売日がぶつかったことに、ネット上では「ジャニーズの『新しい地図』潰し?」「無言の圧力みたいで怖い」という声が上がっていた。

 
また、木村は2月に国立代々木競技場第一体育館と大阪城ホールでライブツアー「TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow」を開催するが、
3月には同じく代々木競技場で「新しい地図」がファンミーティングを行うことが発表され、ネット上で「露骨にぶつけてくるね」「複雑な気持ちのファンも多そう」と波紋を呼んだ。

 
香取のソロアルバム『20200101』は週間売上2.8万枚でオリコン週間アルバムランキング1位を獲得したが、木村の『Go with the Flow』は果たしてどうなるだろうか

https://biz-journal.jp/2020/01/post_136274.html
2020.01.08

前スレ 2020/01/10(金) 06:53
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578606792/


続きを読む
逆アクセスランキング
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ!
知識は自分の得になる

人気上昇中ブログ!

人間関係・心理・友達…
悩みを抱えているあなたへのブログ。
カテゴリー
記事検索
タグ絞り込み検索
ブログの説明
・取り上げてほしい記事などありましたらお気軽にメッセージください。
・記事やツイートの削除依頼などありましたらこちらからお願いします。

【著作権について】
当ブログで掲載されている画像及び動画等の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。
著作権を侵害する意図は全くございません。
掲載に問題がある物がありましたらお手数ですがメール・メールフォームから御一報下さい。

また、メールでのご連絡は下記メールフォームかこちらのアドレスまで↓
この赤文字を取得しましたメールアドレスに変えてください。
プライバシーポリシー
◆個人情報の管理について◆ 本サイト【チーター速報トレンド情報】(以下、当サイト)では、 お問い合わせ内容に関する対応・確認・相談および、 情報提供のメール送信(返信)の目的以外には使用しません。 お問い合わせの際に取得しました個人情報を第三者へ開示することは一切いたしません。 警察や裁判所などの公的機関より、書面による請求がありました場合、 法令順守・公序良俗に従い、ただちに請求のあった個人情報を開示します。 ◆当サイトに掲載されている広告について◆ 当サイトでは第三者配信による広告サービス 「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を使用しております。 広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づきまして、 広告を配信しています。 広告を配信する際、ユーザー様の当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、電話番号、メールアドレス等は含まれません)を取得、使用する事があります。 詳しくは以下のサイトをご覧ください。 https://www.google.com/intl/ja/policies/technologies/ads/ ユーザー様の当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、電話番号、メールアドレス等は含まれません)を使用できないようにする方法につきましては、 以下のサイトをご覧いただきまして、設定の変更を行ってください。 https://adssettings.google.com/anonymous?sig=ACi0TChAgm9xdS9TvOQrx9_Kq45QopshPWM_PtVdEqMm57WYkwrPKMDKd6SGY-k1x7dHzdIIxZB8XoRHFQBbxollbhT4xoUI8brlyZhuq0z0VT45OH3zEQs&hl=ja 詳細につきましては、以下の「Google Adsense(グーグルアドセンス)」 「公式プライバシーポリシー」をご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html 運営者:miyuki 連絡先:humuhumu.ggg.jjj@gmail.com
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ