チーター速報トレンド情報

芸能情報をどこよりも速く!丁寧にお伝えします!

    カテゴリ:タレント > 市井紗耶香

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    市井 紗耶香(いちい さやか、1983年12月31日 - )は、日本のタレント、モデル、女優、元歌手で、元モーニング娘。元OFR48(おふろフォーティーエイト)のメンバー。愛称は市井ちゃん、さやりん、母さん。千葉県船橋市出身。血液型A型。身長158cm。 1998年5月、保田圭、矢口真里と共に、モ
    19キロバイト (2,362 語) - 2019年11月1日 (金) 02:01



    (出典 www.sankei.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/15(金) 10:35:48 ID:dxQKccdF9.net

    先ごろ、アイドルグループをプロデュースすることを発表した、元モーニング娘。の市井紗耶香に、ブーイングが殺到している。

    市井は11月11日に自身のブログを更新。「素敵な出逢いに感謝。『こんな音楽あったら面白いね!』とはじまったこの企画」と、プロデュースに携わる関係者を紹介。「タッグを組み、アイドルをプロデュースして行くって、良いシナジーが生まれるに違いない」としている。

    その詳細によれば、11月1日立ち上げたという「市井紗耶香アイドル発掘プロジェクト」では、13歳から30歳までを募集し、“次世代を担うアイドルを創りあげる”のだという。一次審査の書類選考から関わるという市井は、「わたしなりに『アイドルとはどういう存在なのか』を客観視しながら、その経験をこれから動き出すプロジェクトへ反映し、原石たちへ輝くことの素晴らしさを伝えていけたらなと考えています」とコメント。

    しかし市井といえば、今年7月の参院選比例区に立憲民主党から出馬して落選したばかり。そのため、《政治がダメだったから今度はアイドルプロデュース?》と、呆れた声も広がっているのだ。

    「4人の子持ちであることから、子育て支援を訴え立候補しましたが、次点での落選。しかし市井は、最近になって立憲民主党の会合に積極的に参加し始め、次期衆院選にも出馬するのでは言われている。石にかじりついてでも国会議員になるつもりなのではないでしょうか」(永田町関係者)

    一方、アイドルファンの間では、市井がモー娘。に在籍していたのはたった2年、03年に芸能界引退宣言したかと思えば09年に再開し、その間、04年に結婚して11年に離婚、翌年に現在の夫と再婚するなど公私ともに目まぐるしく状況が変わることから、《飽きっぽい性格》として通っている。

    「そもそも実質の芸能活動期間は短いことから、今回のプロジェクトで本人が活かしたいという“経験”についても疑問ですからね。しかも、政治活動をしている時点で、そちらに何らか動きがあればアイドル育成などの時間が取れるわけもなく、結局、途中で消えそうな気配がプンプンです。ただ、プロジェクトの主催者側としては市井を立てることでPRにもなるし、市井にとっても選挙に出るなら何かとカネが必要となる。つまり、そういうことでしょう」(芸能記者)

    人の人生を左右するプロジェクトに加わるだけに、最後まで責任を持って欲しいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2077943/
    2019.11.15 09:58 アサ芸プラス


    【市井紗耶香 政治無理なら芸能か。呆れ声続出の理由は”アイドルプロデュース活動”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    市井 紗耶香(いちい さやか、1983年12月31日 - )は、日本のタレント、モデル、女優、元歌手で、元モーニング娘。元OFR48(おふろフォーティーエイト)のメンバー。愛称は市井ちゃん、さやりん、母さん。千葉県船橋市出身。血液型A型。身長158cm。 1998年5月、保田圭、矢口真里と共に、モ
    18キロバイト (2,294 語) - 2019年9月2日 (月) 02:33



    (出典 www.at-s.com)


    元モー娘。の市井紗耶香さんが選挙に出馬するも落選。今後は芸能活動を再開するようです。

    そして、市井紗耶香さんの体に刻まれたタトゥー。その意味をはつこくはく。

    1 ストラト ★ :2019/10/18(金) 15:12:47.71 ID:AvRnAMcG9.net

    「モーニング娘。」の元メンバーで、7月の参院選に立憲民主党から比例代表で出馬して落選した市井紗耶香(35)が、芸能活動を再開させることが本紙の取材で分かった。
    落選後、初めてメディアのインタビューに応じた本人が明かした。
    さらに政界再挑戦の可能性や、参院選中に懐疑的な声も上がった自身のタトゥーの意図も初激白した――。

    再婚した一般男性とともに15歳長女、12歳次女、6歳長男、2歳三女の4人の子供を育てている市井は、選挙が終わってから沈黙を保っていたが、ついに本紙の取材に口を開いた。

    「参院選前にやらせていただいたタレント活動と同じように、まず子供たちを最優先に、主人のサポートを借りながらやっていきたいです」と意気込んだ。

    すでに具体的な話も進んでおり、モー娘時代の後輩でタレントの加護亜依が8月まで所属していた芸能事務所アルカンシェルと、市井の個人事務所エスダブルが11月、業務提携する予定だ。
    テレビ出演などと同時に、講演会にも力を入れていくという。

    市井と同時期を駆け抜けたモー娘OGたちも次々と結婚、ママになっている。

    「同期の矢口(真里)も今年8月に出産したばかり。OGの子供たちの人数は、今、W杯で盛り上がっているラグビーのチーム(15人)がつくれそうですね」とアイドル時代からの時の流れに感慨深げな表情を浮かべた。

    芸能活動を再開する一方で、将来的な政界への再挑戦には含みを持たせた。

    「親、子それぞれが抱える悩みは国会に届いていません。それは放っておきたくない。もう一度、政界にチャレンジするか、違った形でアクションしていくかは分からないけど、その気持ちは捨てたくないです」

    先の参院選では、落選後に会見をしなかったため批判も寄せられた。

    「当初はホテルで会見を行う予定でした。(投開票日の)夜中の段階で(当選が)難しそうとなり、(党から)『自宅待機でお願いします』と。どんな結果であれ、行うべきだったと思っています」と反省した。

    選挙期間中には自身の耳の後ろにあるタトゥーに懐疑的な声もあった。

    「選挙戦中も後ろから撮影してくるカメラマンさんはいました。それも覚悟の上での出馬でした」

    タトゥーの意図を聞くと「2015年に亡くなった私の母を思って彫りました」と告白。
    「タトゥーには複雑な心境を覚える人もいます。それも優しく包み込める世の中だったらいいなぁとは思います」と続けた。

    モー娘時代はその落ち着いた独特の雰囲気から、とんねるずの石橋貴明に「母さん」のあだ名をつけられた市井にとって、61歳で大動脈解離のため急死した母は大きな存在だったという。

    「母はアイドルになってテレビに出たかったみたいです。でも、その夢はかなわなくて。私がテレビに出ているのを誇りに思ってくれました」

    市井が小学3年生のころに離婚した母。女手ひとつで育てられた。

    「飲めないお酒を飲みながらスナックでアルバイトしたり。苦労をかけました」

    4児の母になった市井には「ママタレ」の肩書もいいが、今でも「母さん」のあだ名のほうが似合うかもしれない。

    「落選は残念でしたが、世の中を良くしていきたいと立候補して良かったと思います。この経験をどう生*かは自分次第」と力を込めた。

    ちなみに今は芸能活動の本格再開前のため“無職”に近い。
    生活は大丈夫か確認すると「アハハハ。生活面の心配は私だけじゃありませんから」と笑い飛ばした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000004-tospoweb-ent

    市井紗耶香

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【元モー娘。市井紗耶香が活動を再開!タトゥーの意味も初告白。選挙に落選するも政界再挑?】の続きを読む

    このページのトップヘ