チーター速報トレンド情報

芸能情報をどこよりも速く!丁寧にお伝えします!

    カテゴリ:女優 > 杉咲花

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    憧れの人物に木村拓哉と宮沢りえを挙げている。 味の素 Cook DoのCMでのイメージから大食いと誤解される事があるというが、杉咲本人はこれを否定している。 「杉咲花」という芸名は気に入っているが、「に咲く花で花粉症だね」と言われることも多く、自身も花粉症である。 ロングヘアがトレードマークだったが、2018年に主演ドラマ『花のち晴れ〜花男
    39キロバイト (4,881 語) - 2019年10月30日 (水) 12:48



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 牛丼 ★ :2019/10/31(木) 20:38:14.28 ID:ubf6UQQD9.net

    杉咲花“朝ドラヒロイン”抜擢に冷めた声…「2世タレントの特権かな?」

    2019年10月31日 20時30分

    杉咲花“朝ドラヒロイン”抜擢に冷めた声…「2世タレントの特権かな?」
     2020年後期のNHK連続テレビ小説『おちょやん』のヒロインに、女優の杉咲花の起用が発表された。番組は来年秋にスタートする。

     『おちょやん』は、“大阪のお母さん”として親しまれてきた女優・浪花千栄子をモデルにしたドラマで、杉咲は松竹家庭劇の喜劇女優・竹井千代を演じる。

     ネット上では、
    《花ちゃんかわいい!放送が楽しみです》
    《ほんわかキャラだし、朝ドラには合っていると思う》
    《とと姉ちゃん以来の朝ドラだね。当時から注目してたよ》
    《いつかヒロインになると思ってた。期待してます》
     など、ファンの間に歓喜の声が広がっている。

     一方で、ドラマの内容や選ばれた経緯などからか、杉咲の抜擢には疑問の声も多数上がっている。
    《東京出身なのに、関西弁大丈夫なのか?》
    《え、NHKは新人を使うのやめたのか》
    《一度朝ドラ出た人が次にヒロインになるパターン多くね? 何だかなー》
    《2世タレントの特権ですね。いいかげんにしてほしいです》
    《もはやオーデションよりもコネの世界なんだろうなぁ》
     など、なかなかの厳しい指摘だ。

    中略

     杉咲は、父親が『レベッカ』や『レッド・ウォーリアーズ』のギター担当の木暮武彦、母親は歌手のチエ・カジウラという音楽一家の2世タレント。ドラマファンの間では「将来、NHK紅白の司会に起用され、両親が応援に来るまでが想定内」と大胆予想する声も上がっている。

     「新人女優がドラマ終盤になって演技がうまくなってくるのを見るのが楽しみ」というファンもいるだけに、最近の有名女優を起用する傾向には否定的な意見もあるが、ヒロインに選ばれた以上、杉咲には大いに朝ドラファンを沸かせてほしいものだ。

    https://wjn.jp/sp/article/detail/4330222/


    【杉咲花が朝ドラヒロイン抜擢の理由は親のコネ?人気なのに批判】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    憧れの人物に木村拓哉と宮沢りえを挙げている。 味の素 Cook DoのCMでのイメージから大食いと誤解される事があるというが、杉咲本人はこれを否定している。 「杉咲花」という芸名は気に入っているが、「に咲く花で花粉症だね」と言われることも多く、自身も花粉症である。 ロングヘアがトレードマークだったが、2018年に主演ドラマ『花のち晴れ〜花男
    38キロバイト (4,755 語) - 2019年10月19日 (土) 03:27



    (出典 img.cinematoday.jp)


    絵画の展示会はその場に足を運んで見ると、絵に吸い込まれそうな、魅了される不思議な感覚に陥りませんか?
    あれ…?わたしだけ…?

    1 湛然 ★ :2019/10/11(金) 22:46:11.58 ID:82lF1lqw9.net

    2019.10.11 05:03
    杉咲花、ゴッホ愛と“しゃぶしゃぶ愛”アピール!11日「ゴッホ展」開幕
    https://www.sanspo.com/geino/news/20191011/geo19101105030006-n1.html
    誕生日プレゼントで色彩豊かなゴッホの複製画「麦畑とポピー」を贈られ、大感激する杉咲=東京・上野 (撮影・戸加里真司)

    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)



     女優、杉咲花(22)が10日、東京・上野の森美術館で開催された「ゴッホ展」(産経新聞社など主催、11日から来年1月13日まで)の内覧会に出席した。

     鮮やかな色彩と力強い筆触で数々の名画を残したオランダ出身の巨匠、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90年)。同展では、ゴッホの日本初公開を含む貴重な絵画約40点に加え、アントン・マウフェ(38~88年)やクロード・モネ(40~1926年)らゴッホに影響を与えたハーグ派と印象派の約30点を展示している。

     同展で音声ガイドに初挑戦した杉咲は、ゴッホの作品を初めて生鑑賞し、「たたみかけるように美しくて、どんどん圧倒されました」と感激。

     2日に22歳の誕生日を迎え、サプライズでお気に入りの作品「麦畑とポピー」の複製画をプレゼントされると、「赤の色使いが良いんですよ」とうれしそうに笑った。

     色彩にこだわったゴッホにちなみ、自身のこだわりについては「ご飯の時間。1日3回しか食べられないので、おいしいものを食べたい」と熱弁。好物はしゃぶしゃぶで「きょうの夜、食べに行くんですよ。楽しみです」と「糸杉」などの名画を前に、“しゃぶしゃぶ愛”をアピールした。


    (おわり)


    【ゴッホ展はいつまで?場所は?杉咲花がゴッホ愛アピール!】の続きを読む

    このページのトップヘ