チーター速報トレンド情報

芸能情報をどこよりも速く!丁寧にお伝えします!

    カテゴリ: 瀬戸康史

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    瀬戸 康史(せと こうじ、1988年5月18日 - )は、日本の俳優、タレント。 福岡県福岡市博多区生まれ、同県嘉穂郡稲築町(現:嘉麻市)出身。ワタナベエンターテインメント所属。同事務所所属の若手男性俳優集団D-BOYSのメンバー。また、D-BOYSの中から選ばれた5人組ユニット『D☆DATE』のメンバーでもある。
    36キロバイト (4,612 語) - 2019年10月22日 (火) 02:22



    (出典 image.i-voce.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/31(木) 08:21:59.18 ID:7xFh6m+a9.net

    女優の山本美月と俳優の瀬戸康史が交際していることを、10月31日発売の『週刊文春』がスクープしている模様だ。先んじて同誌WEB版が報じた内容によると、現在、舞台稽古中の瀬戸は、21日から5夜連続で山本のマンションに宿泊。外出時には2人寄り添って歩くなど、人目をはばからず大胆なラブラブぶりを見せていたという。

    早速、ネット上では、
    《美男美女カップルですね。おめでとうございます》
    《お似合いの2人ですね。同郷つながりですかね》
    《これは好感度の高いカップル。応援したい》
    《何と爽やかなカップルだ。うらやましいー》
    など、2人の交際を応援する声が殺到している。

    「瀬戸は2005年に『第2回D-BOYSオーディション』で準グランプリを受賞し、芸能界デビュー。08年に『仮面ライダーキバ』(テレビ朝日)の主人公・紅渡役を務めたことで一気にブレークし、女性ファンが急増しました。山本との交際は事務所も否定しておらず、結婚も秒読みといわれています」(芸能記者)

    連続ドラマで主演を張るなど、公私ともに順風満帆ともいえる瀬戸だが、実は過去に、ある女優との“ドロドロの醜聞”がウワサされたことがある。

    「17年12月に、元グラビアアイドルの佐藤寛子が『明日は我がミーティングSP』(TBS系)に出演した際、公表していない子どもの父親について『同じ芸能関係の人』と明かしましたが、その相手が瀬戸ではないかと囁かれているのです。佐藤は瀬戸の誕生日の5月18日に自身のブログに『“夜のはざまにあなたを見つけたような気が した” 「お元気ですか? なら、いいです。わたしは元気です。どうぞ、そのまま。お元気で。」』などと、かなり意味深な投稿をしたことで、一気に“父親=瀬戸説”が広まったのです」(同・記者)

    佐藤が明かさない限り、真偽の程は不明のままだが、今回、瀬戸と山本の交際が発覚したことで、「やはり事実ではないか」という声が陰で聞こえ始めているという。

    「瀬戸は過去に『きちんとした教育を受けた人がタイプ』と明かしています。山本は明治大学出身で、佐藤も中学高校と生徒会長を務めるなど優等生タイプです。また、顔立ちこそ似ているわけではありませんが、“くっきり眉毛”という共通点もあります。佐藤は過去にFカップの剛毛ヌードを披露しているため、ネット上では、同じ眉毛の山本も、かなり“毛深い”のではないかという声も囁かれていますね。山本の胸は推定Dカップといわれていますが、もしかしたら、佐藤並みの爆乳かもしれません」(同)

    過去のウワサはともかく、2人の交際が順調に進むことをファンは願っていることだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/2058707/
    2019.10.30 21:45 週刊実話


    【瀬戸康史に隠し子?元カノ佐藤寛子の子供の父親は?匂わせ発言で瀬戸が父親疑惑が強まる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    瀬戸 康史(せと こうじ、1988年5月18日 - )は、日本の俳優、タレント。 福岡県福岡市博多区生まれ、同県嘉穂郡稲築町(現:嘉麻市)出身。ワタナベエンターテインメント所属。同事務所所属の若手男性俳優集団D-BOYSのメンバー。また、D-BOYSの中から選ばれた5人組ユニット『D☆DATE』のメンバーでもある。
    36キロバイト (4,612 語) - 2019年10月22日 (火) 02:22



    (出典 www.crank-in.net)



    1 名無し募集中。。。 :2019/10/30(水) 14:38:31.71 0.net

    美月ちゃん…


    【山本美月と瀬戸康史。結ばれない2人が熱愛で結婚も視野に?!】の続きを読む

    このページのトップヘ