チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ:タレント > おのののか

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    おの ののか(Nonoka Ono、1991年12月13日 - )は、日本グラビアアイドル、タレント。本名、宮田 真理愛(みやた まりあ)。東京都出身。プラチナムプロダクション所属。 文京区立第一中学校を経て、日本大学第二高等学校卒業。フィジー共和国にある英語専門学校Free Bird Institute修了。
    25キロバイト (3,125 語) - 2020年2月14日 (金) 09:38



    (出典 news.mynavi.jp)


    結婚式に参加すると余計に思いますよね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/25(火) 02:46:54 ID:2kXWHuy+9.net

    タレントのおのののか(28歳)が、2月24日に放送されたラジオ番組「ねるまえのまえ」(TOKYO FM)に出演。中学・高校の同級生の結婚式に出席し、「結婚もいいな」「結婚したいなあ」と語った。

    おのはラジオの収録の前に、中学・高校の同級生の結婚式に出席してきたと切り出し、
    「幸せそうで、『これから2人一緒に歩んでいくんだな』と友達の幸せそうな姿を見て、『結婚もいいな』と思いつつ、ちょっと私には先の話かな」とコメント。

    だが、おのはその後も「1人の時はカップルとか目につきますよね。別にひがんでいるわけでもないんですけれど」
    「結婚したいなあ、今日結婚式行ってきたし。いつかね。楽しく過ごしたいなあ、誰かと」“結婚式に出席すると結婚したくなる”現象にとらわれたかのように、結婚への憧れを語った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17866831/
    2020年2月25日 1時2分 ナリナリドットコム


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【おのののか。「僻んでいるわけではないけど目に付く」結婚願望ますます強く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    おの ののか(Nonoka Ono、1991年12月13日 - )は、日本グラビアアイドル、タレント。本名、宮田 真理愛(みやた まりあ)。東京都出身。プラチナムプロダクション所属。 文京区立第一中学校を経て、日本大学第二高等学校卒業。フィジー共和国にある英語専門学校Free Bird Institute修了。
    23キロバイト (2,857 語) - 2019年10月27日 (日) 18:44



    (出典 mynews23.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/11(月) 12:09:41.33 ID:+EehpVlH9.net

    11月6日、タレントのおのののかがセクシー写真をインスタグラムに投稿。歓喜の声が上がる一方、〝哀れみ〟も入り交じったようだ。

    おのはこの日、《BLTから直筆サイン入り特大パネル(縦530ミリ×横420ミリ)が数量・期間限定で発売されます!》などと告知し、その際の撮影風景と思われる動画と写真をアップ。下着姿のおのがベッドの上で挑発するように寝転がっており、これでもかというほど胸を強調している。

    View this post on Instagram
    *? BLTから直筆サイン入り特大パネル(縦530mm×横420mm)が数量・期間限定で発売されます!? 詳しくはストーリーからサイトにぴょーんと、飛んでください???? ? 心を込めてサインとシリアルナンバーをお書きします????ぜひ。 ? それにしても楽しい撮影だったなぁ。? また写真集とかもやりたいねねね。?? #ののぐら #bltgraph

    A post shared by おのののか (@ononono_ka) on Nov 5, 2019 at 4:40pm PST

    この光景に、ファンからは、

    《朝からありがとうございます》
    《相変わらずスタイルいいですね》
    《お世話になります》
    《撮影お疲れさまです。めっちゃセクシー》

    などといった興奮の声が上がった。

    女優転身と思わせといての“脱ぎ仕事”

    おのはこの仕事を通して、《それにしても楽しい撮影だったなぁ。また写真集とかもやりたいねねね》ともつづっており、まだまだ〝脱ぎ仕事〟を続ける意気込みを披露した。

    しかし、今年で28歳となるおのには、一部ネット上で、

    《脱ぐしかなくなってきた感》
    《20代後半で脱ぐって、一部の成功者以外は、落ちぶれたイメージしかない》
    《仕事なくなって脱ぎ始めたのかな》
    《何かかわいそう。 いまだにこんなグラビアやらなきゃいけないんだね》

    など、哀れみの声も寄せられている。

    「おのは今年の仕事として、実写映画『がっこうぐらし!』や、ネットドラマ『がっこう××× ~もうひとつのがっこうぐらし!~』『フォローされたら終わり』などに出演。女優業が多くなっていたので、本格的に女優へ転身かと思った矢先に、この脱ぎ仕事でした」(芸能記者)

    しかし、こうしたグラビアから女優への転身がうまくいかない例は、他にもあるという。

    「佐野ひなこはまさにそれ。演技の仕事を増やしていますが、びっくりするほどの棒演技で、酷評され続けています。そして最近、グラビアの仕事が再び増えだしていますね」(同・記者)

    女優への転身は、そう簡単にはいかないようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2072602/
    2019.11.11 07:30 まいじつ


    【おのののかのがセクシーショット公開するも哀れみの声が殺到。】の続きを読む

    このページのトップヘ