チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ:お笑いタレント・モノマネ芸人・芸人 > 雨上がり決死隊

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    宮迫 博之(みやさこ ひろゆき、1970年3月31日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優である。本名同じ。 大阪府茨木市生まれ、中学まで茨木育ち。高槻市の私立金光第一高等学校卒業。西淀川育ちとよくあるが、若手時代に住んでいたのでそう思われがち。「松本家の休日」でも、茨木市のどこどこへよく買い物来て
    30キロバイト (3,910 語) - 2019年11月21日 (木) 23:32



    (出典 www.rbbtoday.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/20(水) 08:16:30.59

    反社会的勢力との闇営業が発覚し、事実上の謹慎状態にある雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が、来年1月に芸能活動を再開させることが19日、分かった。1月10日から東京・Bunkamuraシアターコクーンで上演される舞台「七転抜刀!戸塚宿」に出演予定で、6月24日に当時所属の吉本興業から無期限の謹慎処分を下されて以来の復帰。それでもテレビ出演再開などのめどは立っておらず、本格的な活動再開にはまだ時間がかかりそうだ。

    日本中を騒がせた「謹慎」→「契約解除」→「契約解除の解除」の処分から半年、宮迫がようやく芸能活動を再開させる。

    復帰舞台となる「七転抜刀!戸塚宿」はタレント・明石家さんま(64)の主演舞台。関係者によると、騒動の端緒から宮迫のバックアップを宣言しているさんまの強い意向により決定したという。

    さんまは21日に都内で行われる宮迫のためのイベント「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに。そして白紙に戻った男を囲む会」を主催。業界関係者を数多く招待しており、同会で宮迫の舞台出演を発表する可能性が高いとみられる。

    とはいえ、完全復帰にはまだ障壁が多い。処遇について二転三転した吉本興業との契約については、状況に変化はない。関係者によると、宮迫自身が吉本との話し合いのテーブルに着くことを拒絶しており、“元サヤ”決着は絶望的だという。

    差し当たってはさんまの個人事務所「オフィス事務所」預かりとなることが有力だが、「オフィス-」は実質的に節税対策として設立された事務所でマネジメント業務の実態はなく、定期的な仕事供給は困難とみられる。

    また、反社会的勢力との交際についての疑惑が完全に払拭(ふっしょく)されたわけでもないという。2016年に福岡市内で発生した金塊強奪事件の主犯格として逮捕され、今年7月に写真週刊誌「フライデー」で、宮迫と大阪市内の飲食店で同席したと報じられた野口和樹被告は、10月発売の著書で宮迫の「嘘」を指摘している。

    関係者によると、テレビ業界からのオファーは「当分は見込めない状況」だが、事実上の活動休止状態から大きく前進することは間違いない。子ども食堂の運営や清掃活動など、ボランティアを進めてきた宮迫。久々に報道陣の前に姿を見せる可能性が高い21日に“完全潔白”を証明できるか注目される。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17405906/
    2019年11月20日 5時0分 デイリースポーツ


    【宮迫復帰!復帰舞台や出演はいつ?事務所とはどうなった?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    宮迫 博之(みやさこ ひろゆき、1970年3月31日 - )は、日本のお笑いタレントである。本名同じ。 大阪府茨木市生まれ、中学まで茨木育ち。高槻市の私立金光第一高等学校卒業。西淀川育ちとよくあるが、若手時代に住んでいたのでそう思われがち。「松本家の休日」でも、茨木市のどこどこへよく買い物来てたと本
    30キロバイト (3,880 語) - 2019年11月13日 (水) 01:46



    (出典 count-u.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/14(Thu) 16:22:27 ID:vEniiPCO9.net

    闇営業問題で吉本興業から契約解除され、謹慎生活が続くお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)について、東京キー局以上に地元である在阪テレビ局も慎重な姿勢を貫いている。皮肉にも相方の蛍原徹(51)が見事なまでに宮迫の代役を務め上げていることで、ムリに復帰させなくてもいいという風向きになってきた。大阪出身の宮迫だが、地元にも戻る場所はないのか?

    今年、世間を騒がせた吉本興業の一連の闇営業問題や、同社所属のお笑いコンビ「チュートリアル」徳井義実(44)の巨額申告漏れが発覚するなどタレントの不祥事が続発し、テレビ業界は収録済み番組の再編集作業や放送中止などに振り回されている。

    在阪局も同様で、関西テレビ(フジテレビ系)では宮迫がレギュラー出演していた冠番組「雨上がりのフォトぶら」のタイトルを「フォトぶら」に変更し、相方の蛍原が番組を継続。さらに、「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(47)がレギュラー出演していた「おかべろ」は、週替わりで代役が出演している。

    同局の羽牟正一社長(67)は12日、大阪市内で行われた秋季社長会見で「我々放送局は報道機関でもありますから、きちんと対応しないといけない。しようがないとは言いませんけど、適切に対応するしかない。法律的、道義的な規範もあるのかもしれない。いろいろな基準に照らし合わせて一つひとつやっていかないといけない。起こらないに越したことはないですが、適切に対応するしかないよねっていうのが我々の仕事だと思っております」とコメント。また同局関係者は宮迫復帰の可能性について「現段階では予定しておりません」と述べた。

    宮迫をめぐっては、テレビ朝日系のABCテレビ「松本家の休日」でも番組から姿を消し、蛍原が穴埋め。同局の山本晋也社長は「降板という言葉がふさわしいかは分からないが、(闇営業問題で)処分を受けた芸人さんについては、全ての番組でいったん出演を見合わせている。戻ってくるかも、二度と戻らないかも分からない」と話していた。

    在阪2局のトップが宮迫の復帰について慎重な姿勢を示したことについて、テレビ関係者は「番組販売の差し止めの手配など、どこの局も損害を被ったのは間違いないが、キー局と違って関西の番組は吉本のタレントなしでは成り立たない。宮迫はあれだけ正面切って吉本とケンカしてしまった以上、在阪局は慎重にならざるを得ない」と指摘する。

    宮迫については、明石家さんまが今月21日に都内のホテルで“宮迫を囲む会”を開催する予定がある。

    「その会次第では復帰に向けた道筋が見える可能性もあり、各局とも吉本がどのような反応を示すかに注目しているが、現実には復帰は難しい。吉本の関係者は『吉本にとって大切な存在は蛍原さんであって、宮迫さんではない。実際に、宮迫さんがいなくなった番組の穴を蛍原さんがしっかり埋めており、視聴者の反応もいい』と言っていた。いなくても困ることはないそうです。在阪局は吉本の意向に逆らうわけにはいかないから、難しいでしょうね」(芸能関係者)

    本紙が11日発行の紙面で、宮迫復帰の現実的な選択肢は映画だと報じたように、テレビ局の腰はかくも重い。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17378371/
    2019年11月14日 11時0分 東スポWeb


    【宮迫必要なし?相方・蛍原が代役を務めた番組の評価が良く「テレビ復帰の道」閉ざされた?】の続きを読む

    このページのトップヘ