チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ: 恋愛・男女

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 ボラえもん ★ :2021/08/15(日) 14:08:25.52

    ■未婚化の要因「男余り現象」とは?
    前回の記事未婚化の原因を「イマドキの若者の草食化」のせいにするおじさんへのブーメランで、日本の生涯未婚率(50歳時未婚率)について書いたが、
    未婚化の要因として、別に人口構造上の問題がある。それが、「男余り現象」である。残念ながら、日本には、現在どうがんばっても結婚できない男が340万人もいる。

    未婚男性と未婚女性の人口差分を年齢別にもとめた表を見ていただきたい。

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    15歳から74歳まで、すべて未婚男性人口の方が多いことがわかる。
    75歳以上で男女逆転するが、それは悲しいかな、未婚男性の方が生涯未婚のまま先に寿命が尽きてしまったからである。

    全年齢合計で340万人も未婚男性の方が多い。
    20~50代に限定しても300万人、20~30代でも145万多い(2015年国勢調査)。
    つまり、日本全国の未婚女性がすべて結婚したとしても340万人の未婚男性には相手がいないということになる。
    もっとも、未婚女性の全員が結婚するわけではない。実際にはもっと多くの男性が余るという計算になる。これが、「男余り現象」というものである。

    どうして未婚男性の方が多くなってしまうのだろうか?

    これは、ひとつには、出生時男女比による。
    明治時代からの統計を見ても、ほぼ出生時男女比は1.05で、男児の方が多く産まれる。
    1年間5%ずつ男が多く産まれ、それが40~50年継続すれば、それくらいの差分となって表れるわけである。

    しかし、かつての明治以前の時代は、特に、男児の乳児死亡率が高く、結果として成人男女比はほぼ同数に落ち着いていた。
    医療の発達によって男児の乳児死亡率が下がれば、当然「男余り」という状態が発生することになる。

    (以下略、全文はソースにて)
    https://news.yahoo.co.jp/byline/arakawakazuhisa/20210814-00252946


    【結婚したくても、340万人もの独身男性には相手がいない「男余り現象」の残酷 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    NO.9713315
    働く女性が現在使っているマッチングアプリランキング、3位「Omiai」同率1位輝いたのは?

    今や男女の出会いの場として当たり前になったマッチングアプリ。インターネットを通じての出会いが“出会い系”と呼ばれて敬遠されていたのは遠い昔の話であり、今日ではマッチングアプリを使っていることや、マッチングアプリでパートナーと出会ったことを公にするのに抵抗感を抱く人も少なくなった。

    そんなマッチングアプリだが、需要が増えるとともにアプリの数も尋常でないほどに増加した。どうやら、アプリごとにユーザーの年齢層や目的が異なるようだ。では、経済的にも精神的にも自立した“働く女性”は、どのマッチングアプリを使っているのだろうか。

    アンケート調査「あなたが恋愛の出会いや婚活のためにしていること、利用しているものをお答えください」(シーオーメディカル調べ)

     下着ブランド「Angellir(アンジェリール)」を展開する株式会社シーオーメディカルが、都市部で勤務する28歳の未婚女性187人を対象に行った調査によると、結婚願望があると回答した女性は全体の8割を超える結果に。「○歳までにしたい」と具体的なイメージを持っている人もいれば、「いつかしたい」と漠然としたイメージを持つ人もいるようだが、結婚にマイナスなイメージを抱いている人は相変わらず少なさそうだ。

    「恋愛や婚活のためにしていること」としては、やはりマッチングアプリが26.7%で断トツ。出会える相手の数が決まっている合コン・街コンに対して、1,000万人規模の恋人候補と出会えるマッチングアプリが効率的であることは言わずもがな。女性は無料で利用できるサービスが多いこともあり、マッチングアプリは時間的にも金銭的にも負担が少ない手段であることが分かる。

    アンケート調査「以下のマッチングアプリの中で、あなたが現在使っているものをお答えください」(シーオーメディカル調べ)

    「使ったことがあるマッチングアプリ」の調査では、3位が「Omiai」、2位が「with」、1位が「Pairs」に。また、「現在も使っているマッチングアプリ」の調査では、3位がOmiaiで20.0%、同率1位にはPairsとwithが34.0%と大きく差をつけてランクインした。

     マッチングアプリの代表格とも言えるPairsは、2019年時点で会員数が1,000万人を突破したことを発表している。最近では広告にも洒脱なモデルを起用し、垢抜けたイメージで売り出している印象だ。もう片方の王者・withは、メンタリスト・DaiGoが監修したマッチングサービスを取り入れていることで有名。心理学と統計学を掛け合わせたマッチングの仕組みで、科学的に気の合うパートナーと出会えるというわけだ。

     28歳の働く女性に支持されているのはPairsとwith。自立した女性と出会いたいならば、この2つのアプリに登録してみるのがいいかもしれない。

    ●Angellir(アンジェリール)は→こちら

    【日時】2021年08月02日 13:00
    【提供】オトナライフ

    【関連掲示板】

    【働く女性が現在使っているマッチングアプリランキング、3位「Omiai」同率1位輝いたのは? - ニュース総合掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    年収400万彼氏いるけど…

    「彼氏がありながら年収の高い男性と知り合ってしまいました」

    掲示板ミクルに、そんな風に始まる相談が寄せられた。投稿主(20代女性)によると、付き合って1年ほどになる彼氏は「見た目は悪くなく、とても思いやりがあって大切にしてくれて、所々でユーモアがあって面白い。刺激的でこそないけど、穏やかな気持ちになれる人」。

    しかしながら、その年収は30手前で400万円ほどと「いまひとつ」。投稿者は「ぶっちゃけ私のほうが稼いでます(彼には言ってません)」と告白している。

    一方、職場の男性は「年収600~800万円なら独身者がかなり」いて、中には年収1000万越えも。そんなことで、投稿者は彼らと「お近づきになりたいと思ってしまった」そうだ。

    投稿者は「まだ彼氏と別れる気はない」としつつも、今後に備えて高収入男性たちと「関係を深め、場合によっては彼らの一人と付き合うというのはまずいでしょうか」とつづっている。本人も彼氏に対して罪悪感があるようで、「将来を見据えた堅実さと思われるか、あるいはそれなりにいい彼氏がいながら金に目が眩むなんてと思われるでしょうか」と質問しているが…。(文:okei

    好きなように生きたら」vs「誠実ではない」

    この相談には、賛否両論コメントが多数寄せられた。

    「自分の人生好きなように生きたらいいと思う。彼も主さんと別れて令嬢と出会い逆玉に乗るかもしれないしね」
    「いいと思います。お金は大事ですよ。なんだかんだ」

    こうした声が上がる一方で、投稿主の「彼氏と別れず…他の男性と付き合う」というスタンスについては、やはり批判的なトーンが目立った。

    「堅実とは思いません。現実的な女性ではありますが、誠実ではない」
    「まぁ、客観的に見て金に目が眩んだと思うよね。彼氏さんは主さんの考えを知ったら、死ぬほどヘコむだろうけどね」
    「乗りかえはいいけど二股はよくないかもね。二兎追うものは一兎も得ずともいうし」

    「相手とつり合ってる?」

    一方で、投稿者のことを「心配」する声も。

    たとえば「金持ちが金銭感覚もしっかりしてるとは限らない」とか、「オレの死んだバアちゃんがよく言ってた。『金と暇がある男は遊ぶよ』って」のように、結婚相手にふさわしい男性かどうかは、収入だけでは測れない、という指摘もあった。

    また、「その人達が主さんを妻にと望むか?は難しいところ」「あなたはどんな価値があるの?」などと、高収入男性と投稿主との「つり合い」を気にするコメントも出ていた。

    そんな中、「乗り換え?っていうけど、高収入の男性からアプローチあったんですか? 主さんは相手にされているの?」という質問も。

    投稿者はこれに対し、「まだはっきりとしたアプローチはなくて、一人に食事会に誘われたくらいです。その人は特定の相手はいなさそうですが、まだ隠されているのでしょうか。 遊ばれるのは本当に嫌です」と返答していた。

    その段階だと、「相手にされているかどうかも不明」と言えそうだ。

    投稿主は翌日にも「彼とデートに行って来ました。彼はいつも通りやさしく、私が密かに邪念をいだいていても変わらずでした。そして私はやっぱり彼が好きなんだと実感しました。気持ちでは別れたくないけど生活は大切だし、本当に困ったものです」と、などとレスを返していた。本人は切実に悩んでいるようだが…。

    自分の稼ぎも「言ってない」。職場男性との食事も「秘密」。このままだと、いろいろ「まずい」ことになりそうだ。これ以上、彼氏に「言えないこと」が増える前に、一度きちんと話し合った方がいいかもしれない。

    「年収400万円の彼氏から、高年収の男性に乗り換えてもいい?」20代女性の相談に賛否


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【年収400万円の彼氏から、高年収の男性に乗り換えはあり?なし?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    なに!その馴れ初め!素敵すぎて憧れのエピソード!


    こんな素敵なエピソードがあるといいですね…

    【なに!その馴れ初め!素敵すぎて憧れのエピソード!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    自然消滅を狙う男の本音…なぜ別れ話をしない?


    自然消滅は簡単な別れ方かもしれませんが、後味が悪いというか…
    別れるならしっかり話し合ったほうがすっきりしますよね。

    【自然消滅を狙う男の本音…なぜ別れ話をしない?】の続きを読む

    このページのトップヘ