チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ: 会社

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    受付なのにトイレ掃除をさせられて1か月で退職した女性 「新人が掃除するのが当たり前、と説教されました」 | ニコニコニュース


    職場の無神経な嫌味にうんざり

    職場の無神経な嫌味にうんざり

    コロナウイルスがもたらした経済的打撃は大きい。企業の経営悪化に伴い、理不尽な派遣切りを受ける人もいるなか、「働けるだけありがたい」という声も多い。一方で、入社後にすぐに辞めてしまったという声も多く寄せられた。

    千葉県の40代女性(年収150万円)は、「トイレやビルの掃除を強要されたのが苦痛だった」と語る。(文:中島雄太)

    【早すぎ!? 仕事を即行で辞めたエピソード】最新記事はこちらから

    「お局様に呼び出され、説教を食らってしまった」

    英会話教室の受付担当として採用された女性は、業務とは関係のないトイレやビルの掃除を任せられる日々が続いた。女性はそのことを疑問に思い、「私だけが掃除するのはおかしい」と上司に掛け合ったという。

    その結果、当番表が作成されたが、実際には誰も掃除をすることはなく、張り出されただけに終わってしまった。

    「不公平だと訴えると、50代のお局様から呼び出され、『私たちの時は、皆新人が掃除をしたんだよね。新人が掃除するのが当たり前。私たちだってやってきたんだから』と言われました」

    その後、女性は「古い年功序列体質に耐える必要はない」と感じたため、4ヶ月で退職することとなった。

    女性はほかにも、1か月で退職した職場の理不尽なエピソードも打ち明けている。派遣の事務職として入社した女性。上司から仕事を教わっている際、メモを取ろうすると、「上司は『メモを取るな』と言い、早口でいっぺんに説明してきました」と過去を振り返る。

    「私がミスをすると『話聞いてなかったんですか?』と言い、質問すると『さっき言いましたよね?何度言えば気が済むんですか。普通は一回聞いたら覚えますよ』などと理不尽な事ばかり言われました」

    その後は仕事を与えてもらえず、無視をされるようになってしまった。「日本語わかりますか?」と聞かれた女性は、完全に人格を否定されたと感じ、派遣会社に相談。しかし、何も対応はされなかった。

    「入社1ヶ月で嫌味ばかりだった」

    千葉県の30代女性(調理/年収150万円)は、元職場での嫌味が原因で体調を崩し、退職を決めた。

    入社1か月の頃、初めての調理工程にも関わらず、「焼けてんの?揚げてんの?魚の味が染み込んでいない。形がしょぼい。早くして」などと言われ続ける日々。

    「とにかく言い方が心をえぐるので、ついに辞めました。おかげで精神的に穏やかになりました」

    女性はすでに次の職場が決まり、「ほっとしている」と語っている。

    富山県の40代女性(事務職/年収100万円)は、「労働環境がひたすら酷かった」と過去を振り返る。

    女性を含めて3人しかいない職場だったが、そのうち2人が親子。「2人とも全然言うことがちがうから、教わった通りにやってもどちらかに必ず否定される」と嘆く。

    「挙げ句の果てに『その年齢じゃ他では雇ってもらえない』とか『いい歳なんだから』とかモラハラばかりだった」

    極めつけは、新興宗教のようなものを勧められたことだ。女性は2ヶ月で退職し、現在は満足した生活を送っている。

    ※キャリコネニュースでは引き続き仕事を即行で辞めた人のほかあなたの職場のサイコパスオンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

    受付なのにトイレ掃除をさせられて1か月で退職した女性 「新人が掃除するのが当たり前、と説教されました」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【受付なのにトイレ掃除をさせられて1か月で退職した女性。理由がありえない!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    労働政策研究・研修機構の調査によれば、34%のサラリーマンは課長以上になれないという。だが現在、課長や部長になれているとしても安心はできない。“仕事ができないサラリーマン”認定で降格のリスクもあるのだ。

    ◆役職持ちも安心できないポストオフの実態

     たとえ部長などの役職持ちでも年齢によって強制的に平社員に格下げされる「ポストオフ」。今後、導入が増えそうなこの制度の実態を、パーソル総合研究所の小林祐児氏はこう話す。

    「実施率は大手企業で約40%。金融業界では出向が同じような機能を果たしています。具体的には会議に呼ばれなくなり、後輩と立場が逆転し、年収も約23%ダウンします。

     また、多くの場合が実施直前に言い渡される。例外的にポストオフを免れる人がいるので、まさか自分には起こらないと思いがちですが、部下が100人いるような管理職でも容赦なく適用されます」

    ◆見方によってはプラスにも

     まさにこれまでの会社員人生を大きく揺るがすポストオフ。モチベーションの低下、喪失感、環境変化への戸惑いなど大きな影響を与えるそうだが、見方によってはプラスに転じることも。

    「職務に対する責任が軽くなり、自由な時間が増えるので『やりたいことに取り組めるいい機会』と気持ちを切り替えることが大切です。ベテランでも現場仕事が好きな人は多い。

     ただ、こうした気持ちの切り替えを一人で行うのは限界があるので、会社と家以外で自分のキャリアについて気軽に話せるコミュニティ、つまりサードプレイスを持てているかがカギとなります」

    ◆仕事以外の人間関係を

     そのためには改めて自分の身の回りに目を向け、いかに行動を起こせるかが重要となる。

    「子供がいる場合は、保護者の職業紹介イベントなどの学校行事に参加するのも有効です。ほかにも地域社会との交流やNPO活動など、仕事以外の人間関係を積極的に構築し、交友範囲を広げましょう」

     たとえ出世していても、終盤で強制的に仕事ができない人と同じ待遇になってしまう。この苦境を乗り切るためにも、事前の心構えが大切なのだ。

    【労働問題・人事管理の研究者 小林祐児氏】
    パーソル総合研究所上席主任研究員。ミドルシニア層の職場事情に造詣が深い。近著に『働くみんなの必修講義 転職学』(KADOKAWA

    <取材・文/週刊SPA!編集部 イラスト/YAGI>

    ―[[仕事できない人]の生存戦略]―


    役職持ちも安心できないポストオフの実態とは?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【突然、部長から平社員に降格する「ポストオフ」の実態。年収が大幅ダウン?!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    リゾートで働くエンジニアの画像

    エンジニアになりたい?

    マイナビは、「2021年5月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」を発表した。調査は今年5月に実施、転職情報サイト「マイナビ転職」に掲載開始された求人情報から集計した。

    5月の平均初年度年収は、450.4万円。前年同月(458.0万円)から7.6万円減となった。募集条件は未経験者求人が63.4%、経験者求人が36.6%となった。経験者求人は前年同月より1.2ポイント増だった。

    1位は「コンサル・金融・不動産専門職」の560万円

    平均初年度年収が高い業種ランキング1位は「IT・通信・インターネット」(506.1万円)。次いで「コンサルティング」(499.6万)、「金融・保険」(490.2万)と続いた。

    初年度年収が前年同月より増加した順にみると、最も多かったのは「公的機関・その他」(105.4%)。以降「メーカー」(102.3%)、「環境・エネルギー」(100.7%)と続く。

    経験者求人の比率が最も多かった業種は「IT・通信・インターネット」(58.3%)。次いで「メーカー」(42.5%)、「マスコミ・広告・デザイン」(39.5%)となった。未経験者求人では「運輸・交通・物流・倉庫」(87.9%)が最多。次いで「サービス・レジャー」(78.5%)、「商社」(72.9%)と続いた。

    また、平均初年度年収を職種別にみると、「コンサルタント・金融・不動産専門職」(560.3万)が最多。次いで「ITエンジニア」(537.8万)、「企画・経営」(496.3万)と続いた。年収の増加率は「医療・食品・化学・素材」(104.5%)が最多で、「公共サービス」(104.2%)、「企画・経営」(103.6%)と続く。

    経験者求人の比率が最も多かった職種は「ITエンジニア」(70.5%)。次いで「WEBインターネットゲーム」(70.4%)、「医薬・食品・化学・素材」(58.5%)となった。未経験者求人では「技能工・設備・配送・農林水産他」(87.0%)が最多。次いで「販売・フードアミューズメント」(86.4%)、「医療・福祉」(83.1%)となった。

    転職1年目の年収が高い職種ランキング 2位は「ITエンジニア」の538万円


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【転職1年目の年収が高い職種ランキング 2位は「ITエンジニア」の538万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    これは酷い。

    1 靄々 ★ :2020/04/05(日) 18:58:46.70

    コロナで内定取り消し続発 学生「一方的すぎる」企業「仕事ない」

     新年度が始まり、多くの企業で新入社員が会社生活をスタートさせた陰で、新型コロナウイルスの感染拡大による経済状況悪化を理由に、企業から採用内定を取り消された学生がいる。政府は内定取り消しを回避するよう企業側に求めたが、中小企業からは「経営努力では追いつかない」との悲鳴も上がる。一方、行き場を失った人を緊急採用する動きも広がっている。(末永陽子)

     「訳が分からず、今も信じられない思い」。兵庫県内の大学を3月に卒業した男性(22)は、悔し涙を見せた。

     4月から働く予定だった東京都のデザイン会社から内定取り消しの連絡があったのは、3月中旬。面接や内定者研修でも会った役員から「コロナ不況で受注は半分以下。業績が改善したら、すぐに連絡する」と謝罪された。すぐには意味が理解できず、耳を疑った。

     新人にもすぐに担当を任せるなど、小規模な会社ならではの魅力を感じ、内定をもらった4、5社の中からこの会社を選んだという男性。他に内定をもらっていた飲食チェーンの会社で5月から働くことが決まったが、「飲食業もコロナ不況で先は暗そう」と不安げな表情を見せる。「中国での新型肺炎のニュースを、どこか人ごとかと思って見ていたのに…」

         ◆

     同じく3月に大阪府内の大学を卒業した神戸市の女性(22)は、関東エリアの旅行関連会社に4月1日付で入社予定だった。会社から3月中旬に電話があり、「仕事が軒並みなくなったので、入社時期を9月あたりにずらしたい」と告げられた。

     「一方的すぎる。納得できない」と訴え、7月1日付での採用が決まったものの、「自分の人生をないがしろにされた気持ち。もう信じられない」と就職活動を再開した。複数の内々定をもらい、「今度こそはどんな会社かじっくり見極めたい」と話す。

         ◆

     経営側も頭を悩ませる。

     神戸市内の加工会社は3年前に、約8年ぶりに採用を再開した。受注増による人手不足に加え、技術者の高齢化も理由だった。

     今年も既卒者ら3人を採用したが、3月から受注が減少。「うちのような小さい会社に来てくれてありがたいとは思いつつ、このままでは4月中は覚えてもらう仕事もない」と嘆く。

     内定を取り消された学生を採用する動きも出ている。神戸市は3月25日、1年間の任期付き職員100人の募集を始めた。モスバーガーを展開するモスフードサービスや、スーパーのライフコーポレーションなど大手も、緊急採用に取り組んでいる。


    マスク姿で企業の合同説明会の会場に向かう学生ら。経済状況の急激な悪化で、採用計画の見直しを迫られる企業も多い=東京都内

    (出典 i.kobe-np.co.jp)


    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202004/0013248569.shtml
    2020/4/5 09:09神戸新聞NEXT


    【コロナで内定取り消し続発 学生「一方的すぎる」企業「仕事ない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    飲み会で「お先に失礼する」方法。誰も傷つけない?面白い話題


    お先に失礼するのって難しいですよね。

    【飲み会で「お先に失礼する」方法。誰も傷つけない?面白い話題】の続きを読む

    このページのトップヘ