チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ: 会社

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ユニチャーム株式会社(英称:Unicharm Corporation)は、生理用品、紙おむつ(赤ちゃん用、大人用)などの衛生用品の大手メーカーである。みどり会の会員企業であり三和グループに属している。ベビーケア、フェミニンケア、ヘルスケア関連製品でアジア1位のシェアを誇る。海外売り上げ比率は6割を超える。
    57キロバイト (7,338 語) - 2020年1月26日 (日) 01:48



    (出典 askul.c.yimg.jp)


    非常にありがたいです。

    1 ばーど ★ :2020/02/08(土) 14:40:40 ID:ZkWD5fOi9.net

    新型コロナウイルスの感染拡大で、いま、日本各地でマスクが手に入りづらい状況が続いている。医療機関でも、影響が出ている。

    マスクが手に入らない状況がいつまで続くのか、国内の大手マスクメーカー『ユニ・チャーム』に聞いたところ「新型コロナウイルスの拡大の状況にもよるので、現時点ではお答えしかねます。今後も24時間態勢の生産を継続し、商品をお届けできるように努めています」との回答だった。

    2020/02/04 23:30 テレ朝
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000175436.html

    ★1が立った時間 2020/02/05(水) 00:35:14.53
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581066789/


    【マスク不足が深刻化!ユニ・チャームが神的対応!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    体温何度で会社を休む?「38度以上」が6割 インフル予防接種を受けない理由は「面倒」「お金がかかる」「注射が嫌い」 | ニコニコニュース



    体温何度で会社を休む?

    FJネクスト11月28日「単身生活者の病気・ケガへの備え」に関する調査結果を発表した。調査は10月ネット上で実施し、20~30代の男女400人から回答を得た。

    「病気になった時のことを考えると不安か」を聞くと、「とても不安」(16.3%)、「少し不安」(45.8%)の計6割以上の人が不安を感じていることが分かった。男女別で比較すると女性(68.5%)が男性(55.5%)を、年代別では30代(66.5%)が20代(57.5%)を上回った。

    「39度以上で会社を休む」という人も14%


    「不安を感じる」と答えた人に理由を聞くと「近くに頼れる人がいない」「ひとりでは病院に行けない」「食事を作る人がいない」といった声のほか、「胃腸炎で関節がものすごく痛く、高熱を出した時は薬も買いに行けず本当に大変だった」などの経験談も寄せられた。

    一方、「不安はない」と回答した人からは「すぐに治る」「ほとんど病気になったことがない」など、これまでの体験に基づく自信がうかがえた。

    発熱した際に、体温が何度以上になったら仕事・学校を休むかを聞いたところ、最多は「38度」(42.5%)だった。次いで、「37.5度」(17%)、「37度」(16.8%)と続く。39度以上と回答した人も14%いた。平均値は「37.9度」。38度以上で休むという人は60.8%となった。

    インフルエンザの予防接種については「毎年している」(31.5%)という人が3割にとどまった。一方、過半数は「直近3年でしていない」(52.8%)と回答。理由としては「面倒だから」「お金がかかる」「注射が嫌い」などが挙げられた。

    毎年していると答えた人の大半は、勤務先が義務化しているケースが多く、半数以上から「会社の規定」「会社が補助する」といった声が寄せられた。

    風邪かな?と思った時の対策「睡眠をとる」が7割

    自身の病気・ケガへの備えを100点満点で採点してもらうと、平均値は43.4点だった。男性より女性、20代より30代のほうが厳しい採点を付ける傾向にあった。

    「風邪かな?」と感じた時にどうするかを聞くと、最も多かったのが「睡眠をとる」(66%)。以降、「市販薬を服用」(59.3%)、「栄養のある食事を摂る」(38.5%)、「病院に行く」(30.5%)、「栄養ドリンクを飲む」(26%)と続いた。

    自宅で「薬を常備している」という人は77.3%。種類別では「風邪薬」が最多で84.5%が常備している。2位以降、「頭痛薬」(59.2%)、「目薬」(52.8%)、「解熱鎮痛剤」(50.8%)、「胃腸薬」(40.8%)と続く。一方、「自宅に救急箱がある」と答えた人は30.5%にとどまった。

    男性が選ぶ病気の時に看病してほしい有名人トップ3は「新垣結衣」「石原さとみ」「深田恭子」と女優陣が独占。4位以降も「本田翼」「綾瀬はるか」「有村架純」と続いた。一方、女性のトップ3は「田中圭」「新垣結衣」「マツコ・デラックス」とバラエティーに富んでいた。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【風邪で会社を休む時の体温は何度から?体調不良で会社は休める?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    派遣社員が“同一労働同一賃金”に期待すること1位「給与アップ」 「雇止め」「責任・負担増」を懸念する声も | ニコニコニュース



    「同一労働同一賃金」でどう変わるのか

    エン・ジャパン11月25日「同一労働同一賃金」に関する調査結果を発表した。調査は10月ネット上で実施し、派遣社員1131人から回答を得た。

    同一労働同一賃金は、働き方改革関連法の一環。「正規雇用と非正規雇用の間の不合理な待遇差を解消すること」を目的に、基本給や賞与、研修制度などの待遇差の解消を目指すとされている。

    「同一労働同一賃金を知っているか」を聞くと、「知っている」と答えた人は前年比5ポイント増の28%だった。一方、4割以上は「言葉を聞いたことがあるが詳細は知らない」(43%)と回答。「知らない」(29%)とした回答者も、知っている人の割合を上回った。

    「ボーナス貰えるなら働く側のやる気にも繋がる」

    同一労働同一賃金の導入に対しては「良いと思う」(71%)と答えた肯定的な見方が多かった。理由としては

    「正規でも非正規でも、その人の能力と仕事に対しての結果が評価されるべきだと思うから」(24歳女性)
    「同じ仕事内容で同等の責任があるなら、賃金格差があるべきでないと思う」(38歳女性)

    などと感じているようだ。また、導入に際して、期待することの最多が「給与が上がること」(69%)。以降は「賞与の支給」(61%)、「交通費の支給」(60%)と続いた。回答者からは

    「経済格差を減らすためには、給与を上げることが最重要であるため」(23歳女性)
    ボーナスなど貰えるならやっぱり嬉しい。働く側のやる気にも繋がると思う」(26歳女性)
    「非正規雇用には交通費が支給されることが少なく、もしも支給されても一部である場合が多い。全額支給されることを期待したい」(22歳女性)

    といった声が寄せられた。

    一方、導入の懸念1位は「雇い止めとなること」(45%)だった。2位以降は「派遣の求人数が減ること」(41%)、「仕事の責任や負担が増えること」(38%)という結果だった。

    「待遇が同じになると派遣社員を雇いたい会社は減るのではないかと感じる」(26歳女性)
    「企業にとって派遣を雇用するメリットが少なくなれば、直接雇用を検討していくと思う」(44歳女性)
    「責任や負担を背負いたくないために非正規雇用を選択している人にとっては元も子もない」(22歳女性)

    などと不安を感じている人もいるようだ。ちなみに、「仕事上のどのような理由なら待遇の差に納得できますか」を聞いたところ、「仕事への責任の重さ」(69%)が最多だった。このほか「仕事内容の違い」(63%)、「役職の有無」(40%)、「資格やスキルの有無」(37%)といった回答も目立った。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【派遣社員が“同一労働同一賃金”に期待すること1位「給与アップ」!賃金アップとともに責任感なども問われる…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    コンビニ問題、「オーナーが可哀そう」に専門家が反論「商売をする覚悟が足りない」 | ニコニコニュース



    (出典 d14vkpijithoml.cloudfront.net)



     いま、「24時間365日営業」が当たり前だったコンビニ業界の在り方が問われている。

     事の発端は今年2月、大阪南上小阪店の松本実敏オーナーが人手不足などを理由に「24時間営業が不可能だ」とする訴えを起こし、午前1時から6時までの営業を独自に取りやめた。その結果、セブン-イレブンから違約金1700万円を請求され、契約解除を求められ社会問題に発展した。今月11日にはセブン-イレブンオーナーらの労働組合が元日の営業を「独自に休止する」と宣言し、松本氏はその会見の席で「実力行使しないとあの人たち(本部)は話し合いには応じない。誰がやらなくても僕一人でもやります」と決意を語っている。

     これを受けセブン-イレブンジャパンは、3月から直営10店舗で時短営業実験を開始。半年間実験を行った8店舗が、今月から午後11時午前7時まで閉店とする時短営業を今月から本格的に開始している。現在日本には約5万店舗のコンビニがあるとされ、その数は郵便局の倍だといわれている。人口減少、従業員の人手不足により外国人労働者が増えているが、一部店舗では客による外国人労働者への差別的発言や態度など、オーナーの悩みは尽きない。そんな中、ファミリーマートの澤田貴司社長は「加盟店様のニーズに沿った店舗運営ができるよう柔軟に対応していこうと考えている」と発言。その上で本部社員800人のリストラを発表し話題となった。
     

    オーナーが可哀そうだ」

     そんな世論が高まる中、一連の問題についてコンビニ事情に詳しい流通アナリストの渡辺広明氏(52)は「社会が人口減になっており国内だけの事業だけでは市場がマイナスになる。コンビニは平成の時代にすごく伸びる過程で、お客様のニーズはほとんど叶えてきた。ただし、令和に入ってから人手不足や食品ロスなど社会的意義にも向き合っていく必要性が生まれている。現在5万8000店舗あると言われており、街中に立っているコンビニは過剰の域に達している」と話すと、“あえて”本部目線でコンビニ問題について解説を行った。

     まず渡辺さんは「(オーナーは)商売をする覚悟が足りない」と指摘すると大王製紙前会長の井川意高氏は、経営者的観点から「無理やりハンコを押させたワケではなく、納得してハンコを押している。約束を守らないオーナーが悪い。嫌であれば、契約を辞めればいいだけの話だ」と賛同。

     すると渡辺氏は「コンビニオーナーは労働者ではない、個人事業主だ。フランチャイズなので立場は弱くなる側面もあるが、そもそも商売が好きな人でなければ務まらない。その根本的な部分に対して、商売人的でない人を採用する本部が悪ければ、労働者的なオーナーにも問題がある。齟齬が生まれる原因だ」とその理由を補足。

     さらに渡辺氏は「売る気があれば売れる」と主張。自身の経験からお勧めを声に出して接客する「やまびこ接客」なる具体例も挙げ「おでんが1日20個程度しか売れない店舗がある中、1日で1000個を売り上げた。『寒くなってきたので、おでん70円セールですよ』と声に出した。そんなので変わらないと思われるかもしれないが、意外に変わる。今までは本部から一方的に言われて仕方なくだったかもしれないが、これからはやりたい店だけがやればいい。やらない店が辞めてやりたい店だけがやったら、やりたい店は2000個売れ、やらない店も廃棄が出なくなる」と持論を展開した。

    「価格はオーナーが決められるのか?」という質問に対しては「あくまでも推奨価格なので、厳密に言えば、過当競争になってしまうので減価さえ下回らなければ、各オーナーで価格を決めることはできる」と裏話も明かした。(AbemaTVAbemaニュースショー
    コンビニ問題、「オーナーが可哀そう」に専門家が反論「商売をする覚悟が足りない」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【コンビニ24時間営業どうなる?「オーナーが可哀そう」に専門家が大反論!】の続きを読む

    このページのトップヘ