チーター速報トレンド情報

芸能情報から健康やライフスタイルなど幅広い情報をお伝えします!

    カテゴリ:女優 > 神田沙也加

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    神田 沙也加(かんだ さやか、1986年10月1日 - )は、日本の女優、歌手、シンガーソングライター、作詞家、作曲家、タレント、声優、ナレーター。東京都出身。ファンティック→ローブ所属。身長157cm。血液型はA型。 以前は芸名『SAYAKA』で活動をしていた。 俳優の神田正輝と歌手の松田聖子の長女。父方の祖母は女優の旭輝子。
    87キロバイト (11,011 語) - 2019年12月31日 (火) 14:46



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/22(水) 07:55:56 ID:Q+vqQ0cu9.net


    (出典 www.cyzo.com)


     昨年末に俳優の村田充と離婚していたことを発表した神田沙也加。その神田の新恋人であると報じられたジャニーズJr.の秋山大河が、ジャニーズ事務所を退所した。さらに、秋山が所属していた4人組グループ「MADE」も解散となった。
    「神田沙也加はあくまでも離婚後に秋山と交際するようになったと主張していますが、そこは微妙なところですよね。“不倫”と報じられたくないがために、村田と口裏を合わせて“先に離婚した”ということにしているのではないかとも言われています」(芸能記者)

    仮に神田と秋山が離婚前から交際していたとするならば、矢口真里の不倫騒動を思い出さずにはいられない。

    「矢口は中村昌也と結婚しているときに元モデルの男性と不倫関係にあり、それが発覚して離婚。その不倫相手は現在の夫ですが、不倫発覚直後に当時の所属事務所を退所しています。まさに秋山と同じ展開です」(同)

    矢口の不倫騒動ではディテールの細かい様々な情報が次から次へと報じられたが、今回の神田の離婚騒動では生々しい情報は出ていない。

    「矢口が自宅で不倫相手と会っているときに中村昌也が帰ってきて、不倫相手がクローゼットに隠れた…みたいな当事者しか知り得ない情報がどんどん出てきた。そして、矢口は芸能活動休止に追い込まれてしまったわけですが、神田の離婚についてはこういう情報は一切ない。神田は上手いこと情報をコントロールできているということでしょう」(同)

    情報戦で上手く立ち回ることができている神田。一方の矢口は、元夫・中村サイドに良いようにやられまくっていた。芸能事務所関係者はこう話す。

    「基本的にその場にいないとわからない情報が報じられたということは、中村サイドがマスコミにリークしていたということになる。中村の所属事務所はメディア掌握に長けているナベプロですからね。見事に世の中の流れを“矢口叩き”に持っていって、矢口を悪者にすることができた。

    でも、こういった情報は中村本人にとっても不本意なものだし、イメージも良くないので、隠しておこうと判断する事務所も少なくないはず。でも、ナベプロは中村のイメージを守る方向ではなく、徹底的に矢口を叩く方向に持っていった。ナベプロの容赦ないスタンスには驚かされましたね。この一件を見て“ナベプロは敵に回してはいけない”と思った関係者も多いと思います」

    神田沙也加と村田充については、双方とも不倫を否定。村田サイドから神田沙也加を攻撃するような動きも一切ない。

    「村田のほうが離婚に関する情報をどこにもリークしていないということもあるでしょうし、神田がリークさせないように上手く仕組んでいるのかもしれない。いずれにしろ、どちらかがどちらかを潰すという展開にはなっていない。これが普通の離婚の形で、矢口騒動が異常だっただけだと思います」(同)

    似ている部分もあれば、そうではない部分もある、矢口真里と神田沙也加の離婚騒動。神田沙也加が秋山大河と結婚するかどうかにも注目だ。

    https://www.cyzo.com/2020/01/post_229119_entry.html
    2020/01/21 22:00


    【神田沙也加と不倫の秋山がジャニーズ退所。今後の展開は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    神田 沙也加(かんだ さやか、1986年10月1日 - )は、日本の女優、歌手、シンガーソングライター、作詞家、作曲家、タレント、声優、ナレーター。東京都出身。ファンティック→ローブ所属。身長157cm。血液型はA型。 以前は芸名『SAYAKA』で活動をしていた。 俳優の神田正輝と歌手の松田聖子の長女。父方の祖母は女優の旭輝子。
    87キロバイト (11,011 語) - 2019年12月31日 (火) 14:46



    (出典 img.jisin.jp)



    1 ばーど ★ :2020/01/10(金) 10:32:12.10 ID:QizDPaXR9.net

    松田聖子とは母子断絶。連絡を取れるのは聖子の兄だけと、沙也加の奔放生活は母への当てつけか

    「カンパ~イ! 一緒に乾杯ができてうれしい。このディナーショーは12月25日まで続きます。皆さんに少しでも楽しんでもらえるように頑張ります!」

    この時期、もはや毎年恒例となっている松田聖子(57)のディナーショーが、今年も全国11ヵ所で開催された。この日も都内ホテルの宴会場は、500名近い観客で埋め尽くされていた。

    「ディナーショーは東京、大阪、名古屋を中心に全23公演。チケット代はだいたい5万円なんですが、即完売。会場は400~500人規模なので、総売り上げは5億円以上でしょう。都内で行われるファンミーティングもチケット代は4万円と高額にもかかわらず、プラチナ化してます。秋以降だけで6億円近く稼いでいることになります」(レコード会社関係者)

    今年も7年連続23回目のNHK『紅白歌合戦』出場が決まったこともあって会場の熱気は凄まじい。娘・神田沙也加(33)の離婚発表があったばかりだからか、「娘さんのこと教えて~」と、男性ファンから容赦ない声も。ところが聖子は動じる気配すらなく、「いろいろお教えしたいと思いますがもう少しお待ちください」と、苦笑しながら、さらりとかわしていた。

    結局、この日はショーの終了まで、聖子が沙也加について語ることは一切なかった。そもそも、聖子は沙也加から離婚についての報告を受けていないのはもちろんのこと、二人はまったく連絡を取っていないのだという。

    「沙也加が連絡をするのは、聖子のお兄さんだけで、あれほど可愛がってもらってたお祖母(ばあ)ちゃんとも、ほとんど会ってないと聞いてます」(音楽関係者)

    沙也加に〝不倫〟疑惑も!?

    12月4日、沙也加は俳優・村田充(42)と離婚していたことを発表した。離婚の理由について、沙也加は、

    「結婚以来、子供のことについてずっと話し合ってまいりましたが、折り合う答えを見つけることが出来ませんでした」と、ブログで説明。村田も同様の理由から今年の夏に話し合って円満に離婚を決めたことを自身のブログで報告した。

    だが、翌5日発売の『女性セブン』の報道で雲行きが怪しくなる。沙也加は7月に舞台で共演した、ジャニーズJr.で『MADE』メンバーの秋山大河(27)との不倫を報じられたのだ。

    「セブンによれば、沙也加は村田との別居中に、秋山の自宅に入り浸っていたとのことでした。夫の村田を直撃取材すると、村田は離婚について完全否定。ところが、セブンの発売日の前日になって慌てて離婚発表しました。明らかに不倫を隠すためでしょう」(芸能プロ関係者)

    不可解なのは、聖子が、娘の離婚についてまったく語ろうとしないこと。それが、二人の確執がいまだ根深いことを物語っている。

    「沙也加が10代の頃から断絶と修復を繰り返してきた二人の関係ですが、ここ数年は最悪な状況だと聞いてます。恋愛に奔放な聖子に、沙也加は幼い頃から振り回され続けてきました。転校を繰り返し、イジメにも遭ったそうです。しかし娘の恋愛に関しては、聖子は厳しく、沙也加が連れてくる相手にことごとく反対したんです」(テレビ局関係者)

    その一方でお互いに歩み寄ることもあった。親子でバラエティ番組に出演したり、『紅白』でデュエットしたこともあった。しかし、二人の亀裂を決定づける事件が5年前に生じる。発端はやはり聖子の〝奔放すぎる恋〟だった。

    「’12年に聖子は当時、慶應大学医学部准教授だったA氏と3度目の結婚をしました。知り合ったとき、A氏には妻子がおり、略奪婚でした。しかし、聖子にはそれまで5年間、一緒に暮らしていたマネージャーのB氏の存在があった。結婚後もB氏との関係が続いていたため、聖子の母や兄はB氏と絶縁するように聖子に詰め寄ったそうです。すると聖子は’14年に家族経営の個人事務所『ファンティック』を飛び出して、B氏と新事務所『melody fair』を立ち上げてしまったのです。あまりに身勝手な聖子の行動に家族は距離を置くようになったそうです」(芸能リポーター)

    そして沙也加が結婚した’17年、さらに追い打ちをかけるような事件がおこる。

    聖子は『ファンティック』から、沙也加を追い出してしまう。沙也加は仕方なく、新事務所『ローブ』を立ち上げ、『ローブ』の社長には聖子の兄が、『ファンティック』の取締役兼任で就任。現在、沙也加が連絡を取ることができるのは、この聖子の兄一人だけだという。 

    2020年1月10日 7時0分
    FRIDAYデジタル
    https://news.livedoor.com/article/detail/17643586/


    【神田沙也加が不倫相手ジャニーズJr秋山と同棲か。タッキー激怒で首で神田は仕事に支障なし?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    神田 沙也加(かんだ さやか、1986年10月1日 - )は、日本の女優、歌手、シンガーソングライター、作詞家、作曲家、タレント、声優、ナレーター。東京都出身。ファンティック→ローブ所属。身長157cm。血液型はA型。 以前は芸名『SAYAKA』で活動をしていた。 俳優の神田正輝と歌手の松田聖子の長女。父方の祖母は女優の旭輝子。
    87キロバイト (11,011 語) - 2019年12月31日 (火) 14:46



    (出典 wonderfulnomadolife.com)



    1 牛丼 ★ :2020/01/16(Thu) 19:34:24 ID:HS8WR1KR9.net

    《僕達MADEは、2020年1月31日をもちまして、解散いたしますことをご報告申し上げます。(中略)秋山は、2020年1月31日に退所することになりました》

    ジャニーズJr.(ジュニア)内のグループとして12年間活動したMADE(メイド)が、1月いっぱいでの解散を発表した。デビュー前ユニットの解散劇にここまで注目が集まったのは、退所することになったメンバーの秋山大河が‘19年12月5日に神田沙也加との不倫疑惑が報じられたからだ。

    「事務所が発表したコメントの中には、メンバー内で昨年春ごろから解散について話し合ってきたとありますが、額面通りには受け取れないですよ。というのも、秋山を含めMADEのメンバーは4月に『イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑 THE STAGE~ Episode.1~』という舞台出演が決まっており、昨年11月にはキャストを含めて発表されていましたからね」(スポーツ紙記者)

    解散と秋山の退所が発表になるとほぼ同時に舞台の公式ホームページが更新され、秋山の代役には『ふぉ~ゆ~』の松崎祐介が抜擢。1月6日からチケットの一般販売が予定されていたが、12月26日に急遽、発売延期が発表されるなど、ファンの間では不穏な空気を感じた人もいたようだ。

    「MADEは嵐のバックダンサーを務めていました。12月6~8日のヤフオク!ドームと12月13日~15日のナゴヤドームには姿があったんです。ですが、DVDの撮影が入る12月24日~25日の東京ドームコンサートでは、4人の姿はありませんでした。また、12月2日以降は秋山くんがジャニーズJr.の動画サイト『ISLAND TV』にも登場しなくなっていましたから、心配していたのですが……」(ジャニーズファン)

    神田との不倫疑惑報道があった直後、ジャニーズ事務所としては秋山に処分が下されることは無かった。だが、こうなることは予想できたと、女性誌記者は話す。

    「不倫疑惑を報じられた直後、神田はすぐに俳優の村田充との離婚を発表しました。そして、秋山との関係を“仲良くさせていただいている”とコメントしたため、ジャニーズもごまかしきれなくなってしまったんです。アイドルにとって“不倫”は疑惑でもNGなんです。だから、事務所はスポーツ紙などが不倫疑惑を報じることを、特に止めることはありませんでしたね」

    そんな中、特に激怒したというのが、ジュニアの育成を担当しているタッキーこと滝沢秀明副社長だ。

    「昨年9月にはジュニア内の5人組グループ“HiHi Jets”(ハイハイジェッツ)の橋本涼と作間龍斗が、女性ファンとのベット写真がネットに流出し謹慎処分になりました。ジャニーズはスキャンダルをもみ消すことに長けており、タレントを守ってきた。それを逆手にとり、ここ数年ジュニア内の風紀は乱れ、滝沢氏は非常に頭を痛めていた。秋山も女遊びが激しいことは事務所内では噂になっていたし、現在も神田と交際しているという話もある。滝沢氏が見せしめ的にクビにしたのも仕方ないでしょうね」(芸能プロ関係者)

    ジャニーズを去ることになった28歳のカレに対し、神田は何を思うのだろうか……。
    https://friday.kodansha.co.jp/article/90646


    【神田沙也加の不倫相手のジャニーズJrがクビ。タッキー激怒!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    神田 沙也加(かんだ さやか、1986年10月1日 - )は、日本の女優、歌手、シンガーソングライター、作詞家、作曲家、タレント、声優、ナレーター。東京都出身。ファンティック→ローブ所属。身長157cm。血液型はA型。 以前は芸名『SAYAKA』で活動をしていた。 俳優の神田正輝と歌手の松田聖子の長女。父方の祖母は女優の旭輝子。
    87キロバイト (11,011 語) - 2019年12月31日 (火) 14:46



    (出典 sky-journal.com)



    1 ばーど ★ :2020/01/10(金) 10:32:12.10 ID:QizDPaXR9.net

    松田聖子とは母子断絶。連絡を取れるのは聖子の兄だけと、沙也加の奔放生活は母への当てつけか

    「カンパ~イ! 一緒に乾杯ができてうれしい。このディナーショーは12月25日まで続きます。皆さんに少しでも楽しんでもらえるように頑張ります!」

    この時期、もはや毎年恒例となっている松田聖子(57)のディナーショーが、今年も全国11ヵ所で開催された。この日も都内ホテルの宴会場は、500名近い観客で埋め尽くされていた。

    「ディナーショーは東京、大阪、名古屋を中心に全23公演。チケット代はだいたい5万円なんですが、即完売。会場は400~500人規模なので、総売り上げは5億円以上でしょう。都内で行われるファンミーティングもチケット代は4万円と高額にもかかわらず、プラチナ化してます。秋以降だけで6億円近く稼いでいることになります」(レコード会社関係者)

    今年も7年連続23回目のNHK『紅白歌合戦』出場が決まったこともあって会場の熱気は凄まじい。娘・神田沙也加(33)の離婚発表があったばかりだからか、「娘さんのこと教えて~」と、男性ファンから容赦ない声も。ところが聖子は動じる気配すらなく、「いろいろお教えしたいと思いますがもう少しお待ちください」と、苦笑しながら、さらりとかわしていた。

    結局、この日はショーの終了まで、聖子が沙也加について語ることは一切なかった。そもそも、聖子は沙也加から離婚についての報告を受けていないのはもちろんのこと、二人はまったく連絡を取っていないのだという。

    「沙也加が連絡をするのは、聖子のお兄さんだけで、あれほど可愛がってもらってたお祖母(ばあ)ちゃんとも、ほとんど会ってないと聞いてます」(音楽関係者)

    沙也加に〝不倫〟疑惑も!?

    12月4日、沙也加は俳優・村田充(42)と離婚していたことを発表した。離婚の理由について、沙也加は、

    「結婚以来、子供のことについてずっと話し合ってまいりましたが、折り合う答えを見つけることが出来ませんでした」と、ブログで説明。村田も同様の理由から今年の夏に話し合って円満に離婚を決めたことを自身のブログで報告した。

    だが、翌5日発売の『女性セブン』の報道で雲行きが怪しくなる。沙也加は7月に舞台で共演した、ジャニーズJr.で『MADE』メンバーの秋山大河(27)との不倫を報じられたのだ。

    「セブンによれば、沙也加は村田との別居中に、秋山の自宅に入り浸っていたとのことでした。夫の村田を直撃取材すると、村田は離婚について完全否定。ところが、セブンの発売日の前日になって慌てて離婚発表しました。明らかに不倫を隠すためでしょう」(芸能プロ関係者)

    不可解なのは、聖子が、娘の離婚についてまったく語ろうとしないこと。それが、二人の確執がいまだ根深いことを物語っている。

    「沙也加が10代の頃から断絶と修復を繰り返してきた二人の関係ですが、ここ数年は最悪な状況だと聞いてます。恋愛に奔放な聖子に、沙也加は幼い頃から振り回され続けてきました。転校を繰り返し、イジメにも遭ったそうです。しかし娘の恋愛に関しては、聖子は厳しく、沙也加が連れてくる相手にことごとく反対したんです」(テレビ局関係者)

    その一方でお互いに歩み寄ることもあった。親子でバラエティ番組に出演したり、『紅白』でデュエットしたこともあった。しかし、二人の亀裂を決定づける事件が5年前に生じる。発端はやはり聖子の〝奔放すぎる恋〟だった。

    「’12年に聖子は当時、慶應大学医学部准教授だったA氏と3度目の結婚をしました。知り合ったとき、A氏には妻子がおり、略奪婚でした。しかし、聖子にはそれまで5年間、一緒に暮らしていたマネージャーのB氏の存在があった。結婚後もB氏との関係が続いていたため、聖子の母や兄はB氏と絶縁するように聖子に詰め寄ったそうです。すると聖子は’14年に家族経営の個人事務所『ファンティック』を飛び出して、B氏と新事務所『melody fair』を立ち上げてしまったのです。あまりに身勝手な聖子の行動に家族は距離を置くようになったそうです」(芸能リポーター)

    そして沙也加が結婚した’17年、さらに追い打ちをかけるような事件がおこる。

    聖子は『ファンティック』から、沙也加を追い出してしまう。沙也加は仕方なく、新事務所『ローブ』を立ち上げ、『ローブ』の社長には聖子の兄が、『ファンティック』の取締役兼任で就任。現在、沙也加が連絡を取ることができるのは、この聖子の兄一人だけだという。 

    2020年1月10日 7時0分
    FRIDAYデジタル
    https://news.livedoor.com/article/detail/17643586/


    【神田沙也加が不倫相手のジャニーズJr.と同棲開始か。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    神田 沙也加(かんだ さやか、1986年10月1日 - )は、日本の女優、歌手、シンガーソングライター、作詞家、作曲家、タレント、声優、ナレーター。東京都出身。ファンティック→ローブ所属。身長157cm。血液型はA型。 以前は芸名『SAYAKA』で活動をしていた。 俳優の神田正輝と歌手の松田聖子の長女。父方の祖母は女優の旭輝子。
    87キロバイト (10,999 語) - 2019年12月21日 (土) 21:02



    (出典 hungerfordroad.com)



    1 ひかり ★ :2019/12/23(月) 19:13:05.68 ID:oAqBEWqT9.net

     今夏に俳優の村田充(みつ、42)と離婚した女優の神田沙也加(33)が23日、自身のブログを更新。「村田からの過剰な束縛」という一部報道を否定した。

     「本日は村田充さんに関しての誤った情報について、村田さんの名誉の為にもわたしの立場から否定させてください。まず、一部メディアで報道がありました
    『村田さんからの過剰な束縛』というのは事実ではありません。村田さんから束縛や干渉を受けたことは今までありません。もう一つ、妊娠・出産についても
    補足させてください。子供については、結婚当初は将来的に子供を、という共通見解でした。村田さんは表舞台から家に入り、子供の居る生活の環境づくりをして
    くれていました。お仕事を続けながら結婚生活が続き、予定していた時期が近づいてくる中で不安感が大きくなり、やはり勇気を持てないとわたしが身勝手に
    志を変えてしまったことが起因であり、結婚前から意見の相違があったわけではありません。村田さんが、現場復帰されるという事を本日発表されましたが、
    これからお仕事や生活をされていく中、誤った情報で前途の邪魔をしてはいけないので書かせていただきました。違う道を歩む事になりましたが、それぞれの
    今後を見守っていただければ幸いです」とつづった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00000181-spnannex-ent


    【神田沙也加が元夫の村田充の過剰な束縛を否定!離婚原因詳しく語る】の続きを読む

    このページのトップヘ